都留ライオンズクラブ 創立55周年記念式典

都留ライオンズクラブは、5月26日(土)17時より都留ピュア富士において、記念式典を挙行した。

記念式典の前には記念講演が開催され、会場は参加者213名で席がないほど市民が聴講され、講演者の元NHKアナウンサー国井雅比古氏の「小さな旅をして」のお話に聞き入って熱い声援を送られていた。

記念式典では、地元の諸団体や12R-3Zのクラブの皆さん、親クラブである富士吉田ライオンズクラブ、石原ガバナーエレクト、来賓である堀内富久都留市長やライオンズ関係者60名の総勢70数名の出席で行われた。

和田会長は、これまでのライオンズ活動への地域の皆様の理解と協力に感謝し、クラブが大きく成長しチーム一丸となり活動して来た事や会員が64名になったこと、これからも頑張っていきたい旨を述べられた。

祝辞では石原ガバナーエレクトが、都留ライオンズクラブのこれまでの活動に敬意と感謝を述べ、ライオンズがアメリカシカゴで結成され、ちょうど100年目であり、これから次の100周年を目指し地域のための奉仕活動を続けていくことを期待すると挨拶された。記念事業では地元の催事の参加、青少年の育成活動桜の木の植樹、献血活動など多くの事業が執り行われたことが報告された。市長からも祝辞の中で、これからもライオンズの地域での活動と行政との協働が必要とのお話があった。

最後に大森彦一12RCのライオンズローアがあり、無事記念式典は終了した。この後会場を移し祝宴が行われ無事終了し、55周年記念式典は次の60周年にむかってメンバー全員が一層奉仕活動に邁進していくことを確認した。

取材・撮影:

PR・情報委員 L高村正一郞