甲府北ライオンズクラブ 結成30周年記念式典が行われた

5月24日(木)甲府北LC30周年記念式典が甲府富士屋ホテルにおいて、濱田 徹地区ガバナー、秋山詔樹元地区ガバナー、石原英司ガバナーエレクト、渡辺和廣元地区ガバナー・名誉顧問、スポンサークラブの中澤一浩甲府ライオンズクラブ会長他、複合地区役員、地区役員をはじめ10Rのクラブメンバーなど51人の出席者を迎え、厳粛の内に祝った。

式典は臼井 博会長より、御出席の招待者に対し感謝の意を表すると供に、甲府北ライオンズクラブが30年間、地域住民に愛されるクラブを目指し各種事業を展開してきた経緯を説明。今後クラブが様々な課題を抱える中でも、「We Serve」精神を心に刻み更なる発展を目指して行く決意を表した。

濵田 徹ガバナーは、甲府北ライオンズクラブが設立当初より「青少年育成」、「献血奉仕活動」に取り組み、とりわけ、「甲府市立橘児童公園」に対する清掃、緑化活動が地元住民にライオンズ奉仕精神の素晴らしさと感動を与えていることを称賛し、今後も地域住民に愛されるライオンズクラブを目指して欲しいと激励された。

記念9事業はLCIF基金へ全員献金、(公財)山梨県アイバンク、(公財)山梨県臓器移植財団、2019年ラグビーワールドカップを成功させる会、社会福祉法人ホープ会へ遊具施設、山梨クインビーズ等へのアクティビティであった。

祝賀会は石原ガバナーエレクトの開宴挨拶により開始し、会場には甲府北ライオンズクラブ30年間の主たる事業が上映され、特に「夢作文」優秀者をニュージーランド並びに中国四川省に派遣した事業は特出する企画であったと先人の気概に改めて感激した。

会場が盛り上がったのはラッキーカード抽選会で、コシヒカリ10kgを引き当てると
その重さに困惑と嬉しさいっぱいであった。最後に富士屋ホテル宿泊券が当たる趣向もあり和気あいあいの内に楽しい記念式典は終了した。

取材:10R-1Z 甲府北LC 会員増強・会員会則委員長 L加々美 富明