横浜ふじライオンズクラブ結成45周年特別記念例会


4月28日(土)17 時30分、横浜中華街菜香新館5階にて横浜ふじライオンズクラブ結成45周年特別記念例会(中嶋義臣会長)が盛大に開催されました。
当初会場収容人数の関係で2R主体の小宴例会を想定いたしましたところ、B地区内からのうれしいお声がかかり、急遽変更、要義し、短期間にて開催まで漕ぎ着きました。

式次第は3部(講演・例会・懇親会)に分け、第1部としてSDGs(エスディージーズ)とライオンズが制定した青少年・環境等の5領域の「We Serve」とは相似関係に位置し、中井徳太郎環境省総合政策統括官(局長職)から『大企業や中小企業経営者こそが取り組むべき課題』であり、自分を変えれば未来が変わる事をキーワードとし、「世界の脱炭素化をリードする企業に向けて」をテーマに講演していただきました。引き続き、イオン(株)の金丸治子グループ環境・社会貢献部長に企業としての取り組み実例紹介をご披露していただき、大きな反響を呼びました。

続きまして、第2部式典に移り、金髙雅仁前警察庁長官、浅羽義里神奈川県副知事、荒木田百合横浜市副市長、常田照雄毎日新聞社顧問(前同社専務)、濵田 徹地区ガバナーからご来賓代表としてご挨拶を賜りました。因みにご来賓として、鈴木正規元環境省事務次官、同省地球環境局林 俊宏室長、長谷部勇一横浜国立大学学長、宮島和美ファンケル(株)取締役副会長(前社長)、南谷 修鹿島建設(株)社友(元代表取締役副社長)、逸見義行毎日新聞社執行役員、同社山本明彦横浜支局長、櫻井富雄ロータリークラブ前会長、中島 進東京紀尾井町ライオンズクラブ 役員、335-C 彦根ライオンズクラブの5 役の方々、B地区から井出 孝前地区ガバナー、石原英司ガバナーエレクト、山本直正第1 副地区ガバナー、吉本晴夫第2副地区ガバナー、佐藤精一郎、小山正武、金子圭賢、渡辺和廣、金子憲男の各元地区ガバナー、渡辺幸範キャビネット幹事、亀井真司キャビネット会計がご出席。かつご登録を伏見 龍元国際理事、久津間康允元地区ガバナー、内田 勤元地区ガバナーからいただきました。複合準地区役員24名の総勢100名の中身の濃い会になりました。

なお日程の調整が付かず、祝電を菅内閣官房長官、原田京急電鉄、滝澤相模鉄道、森戸関電工、青山綜合警備保障の各社長と田原八千代銀行頭取からいただきました。また例会の記念事業として、神奈川県と横浜市に環境保全と青少年育成の為、それぞれ金一封を贈呈いたしました。最後に当日ご出席を賜りました各位に対し厚く御礼申し上げます。

2R-1Z 横浜ふじライオンズクラブ 会長 L中嶋 義臣

撮影:PR情報副委員長 L中井 弘明