第64回地区年次大会 式典

4月21日(土)よこすか芸術劇場大ホールで開催!

横須賀市といえば、観光地もさることながら、米海軍横須賀基地と海上自衛隊が平和を守る要である。その海上自衛隊横須賀音楽隊が会場を盛り上げてくれた中、ライオンズクラブ国際協会330-B地区第64回地区年次大会式典が13時45分、渡辺幸範キャビネット幹事の一声でよこすか芸術劇場大ホールにおいて開催された。

濵田 徹大会会長(地区ガバナー)の力強い開会宣言から始まり、国歌、ライオンズヒム斉唱に続いて、物故ライオンへの黙祷、「ライオンズの誓い」を唱和し、続いて石橋昭仁キャビネット筆頭副幹事による来賓及び出席役員の紹介、小野寺誠キャビネット副幹事から大会役員の紹介があった。

この後、ご来賓の小泉進次郎衆議院議員から「世界最大の奉仕クラブとして、日頃から地域社会に対するご尽力に深く敬意を表します。また、行政ではできない細やかな奉仕活動に感謝いたします」と祝辞の挨拶があった。続いて、参加クラブ紹介をリジョン毎に1リジョンから13リジョンまで各リジョン・チェアパーソンの発声で元気よくローアを唱和した。

濵田大会会長は、歓迎の挨拶で「“友愛と協調”でスタートし10か月経ちました。さらに大会テーマに“海と愛”を掲げ、新たな奉仕に向かい、330-Bの発展に繋げて行くことを幸せに感じております。これからも誠心誠意、皆様のお力を借りて邁進してゆきます」と語った。

 

次に、来賓の上地克明横須賀市長から「横須賀市のために積極的な奉仕活動をされているライオンズクラブの皆様を力強く思うとともに深く感謝申し上げます」と祝辞をいただき、続いて、中村泰久国際理事より「330-B地区活動に感謝です。LCIFは全国で3位に入っております。次期の発展のために会員増強を願うものです」と挨拶があった。また、伏見 龍元国際理事は「この年次大会がライオンズ同志の絆を深め、将来への明るい希望となることを願い、更なる330-B地区の発展を願います」と述べられた。

最後に黒岩祐治神奈川県知事より「地区年次大会おめでとうございます。それにしても素晴らしい劇場ですね!横須賀のライオンズの方々は種々の奉仕活動をなされてます。貴重な緑の基金に感謝です。ライオンズクラブは国連のSDE活動と全く同じです」と祝辞をいただいた。

取材:PR・情報委員長 L金子  顕

その後、4月12日(木)に行われた代議員会決議報告が、大森彦一決議委員長より行われた。1号から4号議案まで原案通り可決、承認された旨と、選挙結果は、石原英司地区ガバナーエレクト(上野原ライオンズクラブ)、山本直正次期第1副地区ガバナー予定者(川崎リバティ)、吉本晴夫次期第2副地区ガバナー予定者(藤沢中央ライオンズクラブ)がそれぞれ投票資格者総数394票に対して、お三方とも信任投票数が372票を超えて信任された旨が報告された。海上自衛隊横須賀音楽隊への感謝状贈呈後に、今期1年間の活動報告が約15分間のスライドにて、解りやすく行われた。

続いて、年次大会記念アクティビティが、森 隆雄年次大会実行委員長より発表された。

第64回地区年次大会記念アクティビティ

一、横須賀市ろう学校、養護学校 用具購入資金
一、横須賀市社会福祉協議会 青少年育成支援
一、横須賀海洋教育の会 青少年海洋教育支援
一、神奈川県かながわトラストみどり基金 金一封
一、公益財団法人 かながわ健康財団 アイバンク器具購入
一、一般社団法人 日本いのちの電話連盟 金一封(川崎いのちの電話、横浜いのちの電話、山梨いのちの電話)
一、公益財団法人 山梨県アイバンク 金一封
一、公益財団法人 山梨県臓器移植推進財団 金一封

続いてYCEからビデオレターと、今回はタイ国より2名の子どもたちを受け入れたとの報告がなされた。

取材:PR・情報副委員長 L附田 徳志

撮影:PR・情報副委員長 L近野 照彦

撮影:PR・情報副委員長L中井 弘明

歴代地区ガバナー・キーが石原英司ガバナーエレクトの手に

アクティビティ発表と贈呈の後は、石原英司地区ガバナーエレクトの入場となり、スポットライトを浴びて、拍手の中お披露目となった。壇上で濵田 徹地区ガバナーより紹介された石原ガバナーエレクトは、「オール山梨で支援していただき、また皆様に支えられてガバナーエレクトに就任いたしました。これからもご支援をよろしくお願いいたします」と挨拶した。

続いて山本直正次期第1副地区ガバナーが紹介され、「多数のご支援をいただき感謝です。入っていて良かったと思えるライオンズを作ってゆきたい。一歩一歩前進して皆様の期待に応えるガバナーチームとして頑張ります」と挨拶した。

次に吉本晴夫次期第2副地区ガバナーが紹介され「女性会員を増やしてゆきたい。会員増強をし330-B地区発展の為に頑張ります」と挨拶した。

次にメインである歴代ガバナーキーの引継ぎ・贈呈がなされ、330-B地区会則ファイルが引き継がれた。

その後、両令夫人に花束の相互贈呈がなされ、最後に石原ガバナーエレクトより次期キャビネット幹事予定者に平賀新也L(甲府舞鶴ライオンズクラブ)、次期キャビネット会計予定者に村松滝夫L(上野原ライオンズクラブ)、筆頭副幹事予定者に北山英文L(上野原ライオンズクラブ)が紹介された。

続いてアワード贈呈式に入った。

取材:PR・情報委員長 L金子  顕
撮影:PR・情報副委員長 L近野 照彦  PR・情報副委員長 L中井 弘明

アワード贈呈式

第64回地区年次大会アワ-ドの発表・贈呈が行われた。

国際会長賞に櫻井貴裕L(藤沢ライオンズクラブ)、リ-ダ-シップ賞に渡辺幸範L(横須賀中央ライオンズクラブ)・桜庭友見L(横浜みなとみらいライオンズクラブ)。また、国際会長感謝状が石尾ひとみL(横浜みなと-馬車道ライオンズクラブ)他16名に、「ご苦労様でした」の意を込め伏見 龍元国際理事より贈呈された。LCIF理事長感謝状及び個人アワ-ド等は中村泰久国際理事より12名に贈呈され、地区アワ-ドは濵田 徹地区ガバナ-より「価値観の異なるメンバ-銘々が友愛の精神をもって取り組んだ結果である」と感謝の意をもって31クラブに贈られた。

次期年次大会開催地及びホストクラブは、地区年次大会委員長予定者である岩野秀夫L(笛吹ライオンズクラブ)より、「開催地は富士吉田市民会館、ホストクラブは12Rで、代表クラブは上野原ライオンズクラブ」との発表があった。

上野原LC東山和広会長より、「石原ガバナ-エレクトへの協力と富士山の麓、富士吉田市での年次大会に多くのメンバ-の参加をお待ちしております」との挨拶があった。

木村忠昭第64回地区年次大会委員長より「衆議院議員小泉進次郎様、神奈川県知事黒岩祐治様をはじめ、多数の来賓の方々に出席を賜り、また、委員会のメンバ-には何回もの会議を開いていただき、濵田ガバナーの『友愛・協調』の総仕上げができたことに感謝申しあげます」との謝辞があった。

濵田ガバナー、石原ガバナ-エレクト、山本直正次期第1副地区ガバナ-、吉本晴夫次期第2副地区ガバナ-がステージに登壇し、330-B地区益々の発展を願い濵田ガバナーの音頭で元気にライオンズ・ロ-アが行われ、続いて第64回地区年次大会「海と愛」をテーマにした式典の閉会が宣言され、滞りなくすべてを終了した。

取材:PR・情報副委員長 L齋藤 一三

懇親会

第64回地区年次大会懇親会は式典会場の対面にあるメルキュールホテル横須賀に於いて定刻通り17時より渡辺幸範キャビネット幹事の一声で始まり、進行司会に高橋拓海Lと大野典明Lの2人で努めさせていただきますと挨拶され、開演のことばは、石原英司大会副会長(地区ガバナーエレクト)より「式典が無事盛会に終了しました。330-A、330-Cのガバナー出席の懇親会です。楽しみましょう」と述べ、続いてガバナー挨拶に濵田 徹大会会長(地区ガバナー)が式典のお礼を述べ、「あと2か月を会員増強、特に女性ライオンの増加。そして各種委員会活動に感謝し、今後も皆様の協力を得て成果を成し遂げたい」と挨拶された。

次に井出 孝前地区ガバナー・名誉顧問が「式典が無事終了おめでとうございます。今期はキャビネット事務局の移転や種々のことがありましたが、あと2か月、すばらし成果を収められることと思います。皆様、よろしく応援をお願いします」と挨拶。

 

 

 

続いて来賓ご挨拶に田中 明MD330ガバナー協議会議長(330-C地区ガバナー)は「式典が無事に終了し、おめでとうございます。濵田ガバナーを支える幹事、会計、そして皆さんご苦労様です。任期はあと2ヵ月半、濵田ガバナーを見捨てないでください」とジョークを飛ばし、お祝いの言葉を述べた。

 

 

続いて細川孝雄330-A地区ガバナーが謝辞を述べ、次に乾杯の音頭は尾形慶三大会顧問(元地区ガバナー・名誉顧問会議長)が、「乾杯の挨拶は短いほうが良い」とユーモアに言ったのだが、乾杯の準備が間に合わず少し長引いたが、上手くまとめて力強く『We Serve』で宴会に入った。

 

 

 

会食中、アトラクションに藤沢中央ライオンズクラブ所属の山形雄子Lが美声を披露してくれた。宴たけなわの中、ライオンズ・ローアを明るく高らかに、全員手を繋いで「また会う日まで」を合唱。

山本直正大会副会長(次期第1副地区ガバナー)の「感謝を込めて、あと2か月残ってます。皆で助け合って頑張りましょう」と閉宴の挨拶があり、懇親会は楽しき時間超過でお開きとなった。

取材:PR・情報委員長 L金子  顕
撮影:PR・情報副委員長 L近野 照彦  PR・情報副委員長 L中井 弘明