藤沢ライオンズクラブ 湘南カップ ラグビー大会

まだまだ寒い冬晴れの2月12日(月・祝)に、幼児から小学2年生までの児童を集めて、「第1回藤沢ライオンズクラブ湘南カップ」ラグビー大会が藤沢市の秋葉台公園競技場で開催された。
これは結成55周年を記念して、藤沢LC(高橋直大会長)がNPO法人藤沢ラグビー蹴球倶楽部の藤沢ラグビースクールに働きかけ実現した大会。同ラグビースクールの主催で、藤沢市ラグビーフットボール協会などの後援を受け、湘南地区を中心に8つのラグビースクールから総勢246名のかわいらしいラガー達が、寒さももろともせず、カップ争奪トーナメントを力いっぱい戦い抜いた。「試合ってすっごく楽しい。」と興奮気味に話す子どもたちの目が輝いていた。
運動能力の基礎を作るこの年代の子どもたちが、ラグビースクール間の交流試合を通じて健全な精神と社会性を養い、たくましく育つことを目的に行われたが、地域のラグビー競技の普及と、来年に迫る日本でのラグビーワールドカップを底辺から盛り上げることにも貢献できた大会となった。
なお、この大会を機会に毎年開催することとなった。
取材・撮影:8R-1Z 藤沢LC L新信 圭介