献血推進委員会報告

今期、献血推進委員会では副委員長5名、委員13名の構成で、濱田徹地区ガバナーのボードポリシーに沿った活動を行ってきました。

  •  成分献血と400mI献血の推進
  •  日赤との合同セミナーの開催
  •  地区年次大会においてのPRコーナーの設置

と3つの方針を基に委員会で検討、判断、グローバルなアクティビティのスケールメリットを求めてまいりました。

成分献血、400ml献血の推進では400ml献血のお願いと血液不足の現状、啓蒙活動、アクティビティのお願いをまとめ、各クラブに依頼。

日赤との合同セミナーの開催は、2017年10月18日(水)神奈川県赤十字血液センター会議室で130名のメンバー、濱田ガバナー、石原英司第1地区ガバナー、山本直正第2副地区ガバナー、渡辺幸範キャビネット幹事、亀井真司キャビネット会計、神奈川県保健福祉局生活衛生部長 梶木冨美惠様、北里大学大谷慎一様参加のもと、内容の濃いセミナーを実施。

2017年11月22日(水)は、山梨県赤十字血液センター合同会議をベルクラシック甲府にて行い、97名のメンバー、濱田ガバナー、石原第1副地区ガバナー、山本第2副地区ガバナー、渡辺キャビネット幹事、亀井キャビネット会計、山梨県福祉保健部 井出 仁次長、山梨県衛生薬務課 大沢 浩課長に参加いただき、神奈川同様献血推進の在り方、献血状況などセンター側よりお話をいただき、現状の献血に対するライオンズの在り方を再認識いたしました。

採血量が非常に少ないと伺い、各クラブ献血奉仕を現在1回行っているクラブは2回に、2回行っているクラブは3回とアクティビティを1回多く行っていただけるようにお願いをしました。

また、アクティビティの回数、採血量が多いクラブを委員会にて把握集計し、セミナーの中で富士吉田中央LC 志村 一献血委員長に体験談をお話しいただきました。

セミナー後の質疑でメンバーより「若年層の献血離れも有りますが、献血できる年齢をもう少し引き上げる事ができるよう呼び掛けてほしい」との意見もいただきました。現在献血の出来る年齢は69歳まで(60~64歳までに献血経験のある方)となっておりますが、メンバーの高齢化に伴い、委員会としても推進していただきたい意見だと思います。

今期は各クラブにご理解をいただき、数多い献血奉仕、啓蒙を推進できたのではないかと実感しております。

地区年次大会には神奈川血液センターに協力を仰ぎ、骨髄移植推進委員会と合同でPR活動、骨髄ドナー登録、400ml献血を行います。

まだまだ血液が不足しておりますので各クラブでのアクティビティとして取り入れていただけると幸いです。今期はお願いばかりで恐縮ですが、濱田ガバナーの活動方針を進めて参りましたので、ご理解お願いいたします。

最後に今期委員会メンバーに感謝の意を表し、活動報告に代えさせていただきます。

We Serve

献血推進委員会 委員長 L高山政宏