地区GST活動報告

グローバル奉仕チーム(GST)今年度より国際協会に新しく設置されたチームです。330-B地区においてはコーディネーターL石田真一 メンバーL岡部和子・L鈴木泰堂・L高山政宏・L渡辺博士・L百合草康裕以上の6名で新設されました。

今期の活動としては複合地区よりのGSTアンケート・糖尿病他のアンケートの二件を行いました。各クラブの皆さまにはご協力をいただき有難うございました。

このアンケートにて各地区また全日本レベルでの情勢を調査し集計を行いこれからのGST活動に役立てていけたらと思います。

今期、地区GSTでは新しく設置されたGSTを各クラブの方々に知って頂けるよう今期中に分かり易い資料を作成し(簡単に理解いただけるようなもの)配布したいと考えております。GSTの構造はクラブレベル・地区レベル・複合地区レベル・エリアレベル・会則地域レベルとなっておりライオンズのネットワーク全体を活用できます。そしてGLT・GMT・GSTのすべてが団結して、クラブを支援します。私たちGSTはライオンズの奉仕分野である糖尿病・環境・飢餓対策・小児がん・視力のフレームワークの枠組みを支持し各クラブが奉仕地域にインパクトをもたらす奉仕や活動を行い発展できるようお手伝いをします。各クラブへのお願いです。GSTクラブ奉仕委員長の任命をお願いします。国際協会の新たな奉仕フレームワークと糖尿病予防及び管理について認識をお願いします。MyLCIを使ってアクティビティの報告を増やしてください。新しいフレームワークに沿った奉仕分野に重点を置いたクラブによる実地参加型奉仕事業の実施率を増やしてください。「MyLion」のモバイルアプリが間もなく日本でも使用できます是非体験してください。今期も残すところ少なくなってきましたが地区GSTまだまだ活動をして行きたいと思います。

GSTコーディネーター L石田真一