地区GLT活動報告

地区GLTコーディネーターの活動内容

①地区GLTコーディネーターは、強力で、安定し、質の高いリーダーシップの育成や啓発に重点的に取り組む地区となるように推進し、クラブと複合地区コーディネーターとの連絡調整役を務め、地区やクラブのニーズに対応することが求められています。又国際協会の目標や要請に応じて指導力育成に務め、各種セミナーを開催して、その活動内容を地区グローバル・アクション・チーム、複合地区コーディネーター、国際協会へ報告しなければなりません。

・国際協会からの要請

②2020~2021年度までにライオンズの50万人以上のクラブ会員(クラブ会員の約1/3)に研修の機会を提供することです。よって330-B地区としては、在籍会員数の約1/3ですから『約1500人以上』となります。また指導力育成研修行事に参加したライオンズを前期より10%増やすことです。

③国際協会プログラムなどを利用し、研修の機会を提供することです。準地区へ要請されているセミナーは、以下の通りです。

・会員オリエンテーション

・クラブ役員セミナー

・ゾーン・チェアパーソンセミナー

・公認ガイディングライオンセミナー

・クラブ活性化計画(CQI)セミナー

・次世代リーダーシップセミナー

(準地区→複合地区→全日本と順次段階的に開催)

  • 330-B地区の現状と今後の対応

④当地区においては「次期クラブ三役セミナー」、複合地区と共同開催の「ゾーン

・チェアパーソンセミナー」が開催されていますが、国際協会から要請されたセミナー数やプログラムのセッション数も多く、開催時期が不定期になる、各年度で開催できなくなる、或いはセミナーの内容や対象者が重複する、更に人数集めが先行するなどのことが多くなると各クラブは大変混乱します。これを防ぐには、当地区の人材育成システムが必要ではないかと地区GLT、指導力育成・青年アカデミー委員会、(特別)リーダーシップ研究会と連携して検討しています。

地区の人材育成システムでは、セミナーに時間が掛かることは無論ですが、人材育成自体も相当の時間が必要ですので、システム構築においては経年で考えることを念頭に、セミナー開催のスケジュール化、対象者に応じた内容選択と人数制限、内容や対象者の重複抑止などを考慮することが必要です。

⑥開催時期や受講する対象者を明確にし、更に系統立てたセミナー開催となるような人材育成の考え方、教材内容、実施方法などのシステム構築を検討しており、クラブ、ゾーン、リジョンにおける人材育成の状況などを把握する共に、システム内容がクラブに分かりやすく且つ役に立つことが重要です。

地区GLTコーディネーター L小笠原 政憲