横須賀北ライオンズカップサッカー大会開催

横須賀北LC(会長松岡和行L、メンバー32名)の35周年を記念して始まったサッカー大会の第11回大会が、3月3日(土)開催された。

上地克明横須賀市長、濵田 徹地区ガバナーより開会のご挨拶をいただき、大竹 良9RC、高橋拓海9RC-1ZCが、応援に駆けつけた。また、小泉進次郎代議士も東北に行く途中応援に駆けつけた。

日産自動車(株)と日産マリノスのご協力を得て、人工芝のサッカー場を利用して、地域内の小学校5校を高・中・低学年に分けて計約30チーム、数で選手約300名、監督、コーチ、保護者約200名の計500名で行っている。特に6年生は小学校最後の大会で大いに盛り上がり、また普段、試合の出場機会のない生徒も試合経験を積んでいる。予選はグループ内リーグ戦、決勝はトーナーメント方式。

監督、コーチの申し出で、献血奉仕事業の時に手の空いているメンバーとサッカーチームの選手達で年1回5班に別れ、街の清掃活動を行っている。

試合後は、監督、コーチ達と北ライオンズクラブのメンバー計40数名で打ち上げと反省会を開催し、来年度の開催を約束してお開きとなった。

取材、撮影:PR・情報委員 細谷 修