第6回啓翁桜交流会を盛大に開催!

今年で6回目となる山形県米沢市と横浜市の桜交流会が2月3日盛大に開催された。

1部は大通り公園内啓翁桜前で式典。主催者の中川勝米沢市長が、極小の米沢市と大都市横浜市との交流会がライオンズクラブの皆様の尽力で支えていただき、お陰様で6回目を迎えられたことに感謝する旨の挨拶に続き、ライオンズクラブを代表して参加予定していた330-B地区濵田徹ガバナーが、インフルエンザのため急遽1R-1Z笠井政記ゾーン・チェアパーソンが挨拶。いつまでも啓翁桜が結ぶ両市が交流発展にライオンズクラブとして今後とも協力していく旨の話の後、安藤浩幸中区副区長が挨拶で終了した。思い起こせば7年前の2012年10月に1R-1Zの統一奉仕の一環で、大通り公園に米沢市の協力で5本の啓翁桜を取り寄せて植樹し、横浜市に寄贈したのが始まりで、翌年より米沢市の主催で啓翁桜交流会が始まり、本年で6回目の開催となった。

式典終了後、場所を中華街の桐山Lの店に移動し、芋煮・地酒など米沢の名物と中華とミスマッチ的な食べ物を食し、大いに盛り上がり次回開催を誓い終了した。

参加いただいた横浜ライオンズクラブ、横浜山手ライオンズクラブ、横浜梅櫻ライオンズクラブ、横浜金港ライオンズクラブ、横浜中ライオンズクラブ、曙弥生1・2丁目町内会。米沢市より332-E地区、米沢松川LC始め市の関係者など60人を越える参加をいただきました。

取材:撮影 PR・情報委員会 副委員長 近野 照彦