第3回キャビネット会議横須賀で開催

2月14日(水)13時30分より濵田徹地区ガバナーの地元横須賀のヴェルク横須賀で、キャビネット構成員77名(定足数96名)が出席をし、第3回キャビネット会議が開催された。

濵田ガバナーより「ライオンズクラブも101年目になり、新たな世紀を踏み出し今後もライオンズクラブが栄えるようにメンバーで力を合わせましょう」と挨拶をされた。次に、井出前地区ガバナー・名誉顧問の挨拶に続き渡辺キャビネット幹事より幹事報告がなされ、国際理事ローテーションシステムは、準地区のガバナー協議会で決め、複合地区ガバナー協議会議長連絡会に持ち上げて欲しいとの意見が出され、濵田ガバナーも同意した。

規約により濵田ガバナーが議長になり、年次大会代議員会に上程する下記議案につき渡辺キャビネット幹事より趣旨説明があり、その後審議を行い、賛成多数で可決された。

第1号議案
2017〜2018年度 上半期地区会計報告承認の件

第2号議案
第64回地区年次大会代議員会における議案の件

議案-1 2016〜2017年度 地区会計年次決算報告承認の件

議案-2 2018〜2019年度の地区年次大会を山梨県富士吉田市で開催することの承認を求める。

議案-3 「2018〜2019年度拠出金」承認の件その後15分間の休憩の後、31名(欠席3名)のZCより各ゾーンの活動と現状につき1人2分半の持ち時間で発表があった。印象に残った感想は、下記の通り。 ○新入会員がなかなか増えず、高齢者の退会が今後増えるのが心配  ○メンバー数が減り、新しいアクティビィティーの実施が困難  ○ゾーン内での合同例会や会長連絡会を開催して親睦を深めている  ○ある分野に特化したアクティビィティーをしている  ○ゾーン内やクラブ内でのセミナーの実施等でしたが、少数のZCを除いて、残り時間の案内があるにもかかわらず時間オーバーのZCが多かった。

撮影:PR・情報副委員長  近野  照彦
取材:PR・情報委員  細谷 修