2018~2019年度地区ガバナー・第一・第二副地区ガバナー立候補者が届け出

2月5日(月)キャビネット事務局において、次期地区ガバナー・第1副地区ガバナー・第2副地区ガバナー立候補届けの受付が厳粛に行われ、濵田 徹地区ガバナー、渡辺幸範キャビネット幹事、亀井真司キャビネット会計が立候補者を迎えた。

次期地区ガバナーの受付時間は10時30分。石原英司第1副地区ガバナー(12R-3Z上野原LC所属)は2月4~5日大阪日航ホテルに於いて国際協会主催の全日本35準地区ガバナーエレクトセミナーに参加出席のため濵田ガバナー了解の下、代理人秋山詔樹元地区ガバナー・名誉顧問が立候補の届出を提出し、石原第1副ガバナーの所信を代読した。

所信の一部を紹介すると「We Serve」(我々は奉仕する)我々の使命は昔も今も変らず困っている人に奉仕することです。新たな100年に向かった今、目まぐるしく変化する世界のニーズにあわせて私たちは進化し、そして新たな行動を起こさなければならないと考えております。地区ガバナーとして皆様からのご信任を得ましたならば330-B地区発展のため誠心誠意努める所存でございます。皆様、何卒深甚なるご支援ご理解を宜しくお願い申し上げます。

11時。山本直正第2副地区ガバナー(5R-1Z川崎リバティLC所属)が次期第1副地区ガバナー立候補届出書を提出し、所信を朗読した。

11時30分。次期第2副地区ガバナーに吉本晴夫330複合地区中長期ビジョン・財政問題検討副委員長(藤沢中央LC所属)が立候補の届出書を提出、所信を朗読した。

 

濵田ガバナーは、各立候補者の立候補届・経歴書・所信表明書を確認、受理。規定に則り、14時から資格審査委員会が開かれ、上記3名の立候補の届出に対し、それぞれの立候補者が有資格者であることを確認、候補者として確定された。

 

取材:PR・情報副委員長 L中井 弘明 /撮影: 〃 L近野 照彦