330-B地区新年賀詞交歓会が橫浜で開催

今期ライオンズクラブ国際協会が101周年に入った2018年の幕開けが快下に、1月16日(火)16時より濵田ガバナー丸の330-B地区メンバーによる新春賀詞交歓会が横浜ベイホテル東急地下2階ホワイエの間に於いて開催された。

石橋昭仁キャビネット筆頭副幹事の司会進行の下、式次第に則り、石原英司第1副地区ガバナーが、「330-B地区のメンバーの方々により濵田丸が順風満帆に進んでこられたことは、今日330名が参集しましたことが実証でしょう」と、お祝いの言葉で開会された。

国歌並びにライオンズヒムを全員で高らかに斉唱し、続いて二宮竹弘キャビネット副幹事が出席されたキャビネット5役並びに元地区ガバナーの紹介をした。

濵田 徹地区ガバナーは挨拶で「今日出席してくださったメンバーが330名、まさに330-B地区です」と話され、就任から今日までを簡潔に振り返りながら「感謝、感謝の中に諸行事を粛々とこなすことができました。会員純増でも上位に、LCIFの寄付金も日本円で5,000万円を超え全国で第3位になっております。「友愛・協調」(奉仕に向けて新たな船出)を掲げていますが、年次大会は特に“愛”を強調してゆきます。あと半年間を皆様のご協力をお願いして、邁進してゆきます」と感謝を込めて閉めた。まさに“好々爺“に映ったガバナーであった。

次に、井出 孝前地区ガバナー・名誉顧問が挨拶、続いて国際会長感謝状授与式に移った。国際会長感謝状は鈴木泰堂地区GSTメンバーと百合草康裕地区GSTメンバーが受賞。次に2016〜2017年度リーダーシップ育成表彰状並びに2014〜2017年度リーダーシップ育成功労賞を佐藤精一郎元地区ガバナー・名誉顧問と嶋村裕二(特別)リーダーシップ研究会委員が受賞され、代表して嶋村委員が壇上にて表彰を受けた。

授賞式の後は交歓会も最高潮に入り、キャビネット5役と元地区ガバナーが壇上の鏡開き樽酒を囲み、力強く、元気よく振り落とされ八方開きとなった。

尾形慶三元地区ガバナー・名誉顧問会議長がWe Serveで高らかに祝った後は懇親会に入り、船橋照枝大会参加委員長より第101回ラスベガス国際大会の案内があり、たくさんの方に参加してほしいとの要請があった。

宴たけなわの中、アトラクションとして、ボーカルグループの「BOXRAY」が熱唱し、歌の好きなメンバーは耳を傾けた。楽しき時間も過ぎ、「また会う日まで」を全員で輪になって歌い、ライオンズローアをキャビネット5役と元地区ガバナーが力強く吠え、最後に、渡辺幸範キャビネット幹事が、盛大に開催されたことに感謝の意を込めた閉会の言葉で締め括った。

取材:PR・情報委員長 L金子 顕    /撮影:  〃副委員長 L近野 照彦