川崎ライオンズクラブ 結成55周年記念式典

「継続力也」~次代へつなぐWe Serve~

2017年11月26日(日)川崎日航ホテルにて川崎LC結成55周年記念式典が、多くのご来賓並びに地区役員の皆様、そしてスポンサークラブである横浜LC、ならびに友好クラブメンバー各位の参加のもと盛会に執り行われました。

記念式典開会に先立ち記念講演として、川崎LCメンバーでもある福田紀彦川崎市長に「最幸のまち かわさきの実現に向けて」をテーマにご講演をいただき、川崎で社会奉仕を続ける我々ライオンズクラブ活動のヒントとしてご来場の皆様にお聴きいただきました。

記念式典は、勝俣圭司実行委員長 の歓迎の言葉に始まり、宮田暢人会長の挨拶では、ご逝去された4R-2ZC平松秀信Lへの追悼の言葉、そして55年間に渡り川崎LCを支えていただいた地域の皆様や、全てのライオンズクラブメンバーおよびご家族への感謝の言葉を述べられました。来賓祝辞では濱田 徹地区ガバナーより「これからも川崎地区のリーディングクラブとして、奉仕の灯を地域の皆様と共に受け継ぎ守り続けていただきたい」とのお言葉を賜り、スポンサークラブの木元 太横浜LC会長 からは「これからも世代を超えた友情と信頼をもって社会奉仕活動を行っていただきたい」とのご挨拶を賜りました。

第2部の祝宴は、オープニングアトラクションとしてキッズダンス(ジャパンダンススクール)をご覧いただき、井出 孝前330複合地区ガバナー協議会議長の乾杯の発声でスタートいたしました。歓談中には、洗足学園OGの皆様による華やかで楽しい弦楽四重奏をお聴きいただき、その後には姉妹クラブである気仙沼LCメンバー皆様より歌のプレゼントとして川崎LCへの応援歌を豪快に歌っていただくなど、会場内はたくさんの笑顔と大きな拍手に包まれました。ライオンズローアでは田中勇人4R-1ZCを始め参加クラブ全会長にご登壇をいただき、田中Lの祝福の言葉とともに大きく元気なローアを賜りました。

ご来会を頂きました皆様におかれましては誠にありがとうございました。今後も川崎LCは、創始の精神とライオニズムを忘れる事なく、ライオンズの行く末に想いを馳せ、未来を創造する地域の先駆けとして、伝統あるライオンズクラブの活動を受け継ぐ者の自覚と気概を胸に、これまでの歴史と伝統を礎として、次代への一歩を踏み出して参ります。

4R-1Z  川崎ライオンズクラブ 実行副委員長 L石橋 隆志