みんなで創る花のまちづくり 寒川ライオンズクラブ

寒川ライオンズクラブでは、11月11日(土)午前8時から、寒川町役場周辺の県道・町道花壇にパンジー「よく咲くスミレ」3150株の花植えを実施した。

延長1Kmに及ぶ県道と町道の花壇に毎年6月と11月の年2回花植えをし、他の月には除草をしているが、2005年に開始したこの花壇管理のアクティビティは13年目となり、「みんなで創る花のまちづくり」のキャッチコピーの下、聴覚障害者協会、手話サークル、国際ソロプチミスト、ボーイスカウト、寒川斎場、町職員や一般の方など毎回ライオンズメンバーの何倍もの花ボランティアが積極的に参加している。

特に6月と11月の花植えには町内3中学校の生徒や先生も多数参加し、今回の花植えには開始直前まで雨が降る悪条件にもかかわらず、ライオンズメンバー15名に対し、花ボランティア62名、総勢77名のアクティビティとなり、3150株のパンジーの花植えを1時間足らずで完了した。これから5月に花抜きをするまで、寒い冬の道路を黄色いパンジーが彩り続ける。

なお、この花植えを行うに際し、当クラブでは10月1日の統一奉仕デーにあたり、それまで植えていた夏の花(ベゴニア・センパフローレンス)の花抜きおよび整地を実施した。

8R-2Z 寒川LC