統一奉仕デー 横須賀東ライオンズクラブ

10月1日(日)集合時は曇天で、内房総が霧に霞んでいました。9時から、我がクラブ恒例のペリー公園前の久里浜海岸清掃を伊関会長はじめクラブメンバー、当クラブ主催の児童球技大会の優勝チーム「望洋ウィンズ(ソフトボール)」「松原(ミニバスケットボール)」の児童・父兄の方、横須賀児童スポーツ連盟の黒田会長はじめ役員の方が集まり、総勢60名以上の皆さんと共に、海岸清掃を開始。子供たちもチームワークを発揮して海岸清掃を行い、有意義な時間を過ごすことが出来ました。参加人数も最近の中では、多くの方に参集して頂き、想定時間よりも早く、無事に終了しました。その後、ペリー記念碑をバックに記念撮影を行いました。

ペリー公園は、日本の近代の幕開けを象徴する史実を記念した公園です。「北米合衆国水師提督伯理上陸紀念碑」は伊藤博文の揮毫によるものです。1853年7月14日、米国フィルモア大統領の日本開国を求める国書をもって、水師提督ペリーは久里浜海岸に上陸しました。この上陸をきっかけに、日本は200年以上続けてきた鎖国を解き、開国しました。その久里浜海岸を清掃することは大変有意義なことです。

そして同時刻に9R-1Zの合同統一奉仕デーが行われ、横須賀中央地区の周辺道路の清掃を「うみかぜ公園」目指してスタート。当クラブメンバーは、事前準備のため、早朝5時半から場所取り、会場設営を担当しました。清掃終了後、1Zの横須賀7クラブ合同でバーベキュー大会を「うみかぜ公園」で開催。天気は爽やかな晴天、内房総もしっかり見えました。最後は皆で後かたずけ!今日一日有意義な時間を過ごすことが出来ました。We Serve!

9R-1Z 横須賀東ライオンズクラブ
社会奉仕委員長 L宮里照巳