6Rガバナー公式訪問合同例会及び小会議開催

9月22日(金)箱根湯本富士屋ホテルにおいて、6Rガバナー公式訪問合同例会が開催された。

合同例会開会前に、濵田 徹地区ガバナーをはじめ多くのキャビネット役員の方々と6R内13クラブのクラブ3役が出席して小会議が行われた。

今年度の小会議は濵田ガバナーをはじめキャビネット役員の方々がクラブ3役を拍手で温かく迎え入れてくださり、濵田ガバナーのお人柄を感じられる一幕があった。この小会議の冒頭濵田ガバナーは「ガバナーに就任して3か月が経過し、残りの9か月もこの330-B地区の為に尽力したい。その為にも今日は忌憚のない意見を頂戴したい」と挨拶された。小会議の中ではガバナーと各クラブ3役との活発な質疑応答がなされ、濵田ガバナーからは各クラブに対し丁寧に質問をされ、声かけをされていた。

引き続き6R内各クラブメンバー出席のもと合同例会が開かれ、濵田ガバナーの「330-B地区の為に微力ながら頑張りたい!」と熱い思いが各クラブの全メンバーへと届けられた。また、今期は12名の新入会員を迎えることができ、濵田ガバナーからバッジを付けてもらい、メンバーとしての第一歩を踏み出した。今後の活躍を大いに期待したいところである。更に330-B地区の会員状況にも触れ、女性会員を増やすのが大きな目標だとメンバーの奮起を促していた。

その後の懇親会の席は長時間の会議後にもかかわらず、富士屋ホテルの大きな会場が一杯になるほどの会員で盛り上がり、濵田ガバナーと各クラブメンバーとの交流を図り、懇親を深めることができた。最後にメンバー全員で「また会う日まで」を歌い、盛況のうちに懇親会も閉宴となった。

取材:PR・情 報 委 員  L 高橋 克実
撮影:PR・情報副委員長 L熊澤  悟