5Rガバナー公式訪問合同例会及び小会議開催

9月21日(木)ホテルKSPにおいて5Rガバナー公式訪問合同例会・小会議が開催された。小会議は14時から司会の浅野允侑キャビネット副幹事により順調に進められた。

出席者は、濵田 徹地区ガバナー、石原英司第1副地区ガバナー、山本直正第2副地区ガバナーはじめ、総勢16名。1Z4クラブ、2Z6クラブの3役全員30名。

濵田ガバナーから「会場が埋めつくされ、川崎は活気があり、喜ばしい」との言葉に、緊張感の漂う3役の表情が笑顔に転じたところで、各クラブのアクティビティ活動や運営の在り方などが報告された。共通した課題は、退会防止策や会員増強、会員が減少するとアクティビティ活動に影響するなど、その工夫や対策が提案された。

アクティビティの新たな取り組みを、Tクラブで「子ども食堂」を子どもの貧困に対して始めた事例や、会員増強やクラブの活性化を図るため、Fクラブのレスキュー支部が6名で立ち上がり例会には実費で参加、今後も誰もが参加できる例会を目指す事例が報告された。

各クラブの報告を受けた濵田ガバナーは、ご自身の経営されている福祉の状況を提案されるなど、友好的な意見交換となり、一気に濵田ガバナーとの信頼感が深まった会議であった。

取材:PR・情報委員 L橋本  周
撮影:献眼推進委員 L前田  彰二