鎌倉ライオンズクラブ50周年記念式典開催

6月3日、16時30分より鎌倉プリンスホテルにて約185数名のご参加で開催された。生山会長は、「多数の参加を頂き感謝申し上げます。また、地区役員を13年活動した友情の賜物として、多くの女性メンバーのご列席を得まして感激に堪えません」と挨拶された。ご来賓を代表して、小磯鎌倉副市長が、「少年野球大会、盲導犬育成募金活動、海岸清掃等多くの奉仕活動を継続され、感謝しています」と挨拶された。伏見 龍元国際会長の挨拶に続き、井出 孝ガバナーは「クラブに存在意義が有るので50周年を迎えられ、これからも地域のリーディングクラブとしてのご活躍を期待します」と祝意を述べた。

50周年記念事業は、下記の通り。

  • 大船中学校ソーラー時計 贈呈
  • 第40回鎌倉ライオンズ旗争奪少年野球大会記念ボール贈呈  金一封
  • リレーフォーライフジャパン横浜 金一封
  • 鎌倉ガーディアンズ         金一封
  • 柞の森音楽祭           金一封

第一部式典後、10分間の休憩をはさみ第二部

チャリティ公演 鎌倉能舞台の出演者による狂言【棒縛】が行われた。その後、中森 貫太鎌倉能舞台理事様により謡の【高砂】が披露され、第三部の祝宴に移った。 ラッキーカードでは、一等賞3本が同じメンバーに当たり、2本をご辞退され、その2本の抽選が行われ大いに盛り上がり、お開きとなった。

取材:PR情報委員 細谷 修

撮影   中井 弘明