2017~2018年度 地区ガバナー 第1副地区ガバナー 第2副地区ガバナー立候補届出

2月3日(金)キャビネット事務局で次期地区ガバナー・第1副地区ガバナー・第2副地区ガバナー立候補の受付が行われ、井出 孝地区ガバナー、斉藤良治キャビネット幹事、大津順一キャビネット会計が立候補者を迎えた。

時間厳守の10時30分より濵田 徹第1副地区ガバナー(9R-1Z横須賀中央LC所属)が次期地区ガバナーに立候補し、「ガバナーチーム(キャビネット)はメンバーが満足し誇りに思えるクラブ活動、運営等を提案していくことが課題。方針の一つである会員増強はもとより、女性メンバーの増員に力を注ぎたい。また今期始まったリーダーシップ研究会はこれからのライオンズクラブ発展の為に欠かせない。若い優秀な人材を養成する事は我々ガバナーチームの使命である」などの所志を所信表明に沿って朗読した。

11時の次期第1副地区ガバナー立候補の受付では、石原英司第2副地区ガバナー(12R-3Z上野原LC所属)が「諸先輩が築き上げてきた奉仕活動と地区運営に対する「伝統」を正しく理解し、全力で継承し更に発展させることである」と同じく所志を朗読。

11時30分からは次期第2副地区ガバナー立候補の受付が始まり、山本直正GMTメンバー(5R-1Z川崎リバティLC所属)が立候補届出を済ませた。

井出ガバナーはそれぞれの立候補者から提出された立候補届・経歴書・所信表明書を確認、受理した。

規定に則り14時より資格審査委員会が開会され、上記3名の立候補の届出に対し、それぞれの立候補者は有資格者であることを確認、候補者として確定された。

取材:PR・情報副委員長 L中井 弘明
撮影:PR・情報副委員長 L近野 照彦