第3回リジョン・ゾーン · チェアパーソン・委員長会議開催

第3回キャビネット会議を開催するに先立ち、RCとZC会議は2月1日(水)、地区委員長会議は翌2月2日(木)にキャビネット事務局で各々開催された。

井出 孝地区ガバナーは、第3回キャビネット会議に向け中長期的な観点から幾つかの議案を提案しているので慎重審議をお願いしたい旨の挨拶をした。

役員の挨拶の後、井出ガバナーが順次議事を進行し審議された。

①会計運用において、明文化された地区会計規則に基づき執行されるべきと考え、YCE会計をはじめ6つの会計規則の承認を求める。
②一般会計拠出金は現行額を維持するが、330-B地区が被災することを想定し、1,000万円を上限に地区被災時準備金を次期会計年度より適宜積み立てていきたい。

③特別会計拠出金において現状の繰越金残高を勘案し現行より減額、将来を考慮し更なる財政の適正化を推進する。
などの提案がなされた。

出席者から、地区被災時準備金の「1,000万円を上限に」について目標額が少ないのではとの意見があり金額及び上限の文言を再考する事になった。

次にLCIF一般援助交付金に、藤沢ライオンズクラブ・藤沢湘南ライオンズクラブが「身体障がい者用多目的トイレ設置事業」と横浜ライオンズクラブ・甲府ライオンズクラブが「岩手県大船渡市全小中学生のための26人乗りマイクロバスの購入」を申請している事を告げられた。

その後、斉藤良治キャビネット幹事は「地区代議員登録」「地区年次大会記念ゴルフ大会」「福岡国際大会記念誌の発送」「ライオンズクラブGUIDE BOOKの販売」等について詳細にわたり報告した。

また、井出ガバナーからライオンズクラブ国際協会創立100周年記念のレガシー事業として、過去に330-B地区でシカゴの国際協会本部に造成贈呈した日本庭園の手入れ資金を地区年次大会会計繰越金より200万円で実施したい、100周年記念誌をIT・PR会計繰越金より200万円拠出し発行したい旨の報告もされた。

取材:PR・情報委員長 L加藤 正藏
撮影:PR・情報副委員長 L中井 弘明