4リジョン1ゾーン・2ゾーン合同オリエンテーション

2月19日(月)18時30分より川崎区のイタリア料理モナリザンにて、「4R-1Z・2Z合同オリエンテーション」が開催された。そもそも、このオリエンテーションの開催は今回の幹事の出川Lと畝本Lとが「1ゾーン、2ゾーンの交流がもっとあってもいいよね」から始まり、入会5年以内と、興味のあるメンバーの方を対象に各クラブに募ったところ、50余名の応募があった。新しい試みにメンバー各位の関心の高さが感じられた。

オリエンテーションに先立ち、村井廣司4RCの挨拶、続いて出川Lより趣旨説明並びに講師紹介があり、講師の石田真一地区GSTコーディネーターは、ライオンズプラザ国際協会の目的、スローガン、モットー等を解りやすく説明した。谷井弘樹キャビネット副幹事は昨年7月より今日までの活動状況を報告され、業務の厳しいなかにも楽しさがあり、かつ、13名の副幹事の結束力の凄さを話され、非常に有意義な日々である旨が報告された。

明立 信LCIF副委員長は、1,000ドル献金を出すだけでなく、国際協会より受け取り、地域社会のために使う事も検討しようと、その申請の仕方等の説明をされた。

活発な質疑もなされ、非常に盛り上がった会となった。このオリエンテーションで330-B地区で最近作成した、ライオンズクラブ・ガイドブックが活用された。簡潔に解りやすく記載されており評判が良かった。

このオリエンテーションは少しでもライオンズクラブの事を正しく理解し、他クラブ・ゾーンの方々と親睦を深め、退会防止と新メンバーの勧誘に繋がればとの趣旨が生きていた。

約1時間10分のオリエンテーションの後、第2部は美味しいイタリアン料理にワインと各ゾーンを超えた語らいに、時の経つのも忘れるくらい盛り上がった。第2部は20時40分に閉宴となったが、まだ語り足らないメンバーは各々2次会へと歩を進めていた。

会を企画、実践した各ライオンご苦労様でした。

リーダーはあるべき姿を語るのではなく、あるべき姿を率先する、実践力が大切である。

取材・撮影:PR・情報副委員長 L附田 徳志

統一奉仕デー 7R-1Z合同

7R-1Z統一奉仕デーは、平塚駅周辺繁華街大清掃です。

開会時間に集まったライオンは参加者総数47名。平塚駅北口の横浜銀行前に、それぞれの胸にライオンズマークが輝く各クラブのジャンパーを着て、いでたちもカラフルで鮮やか。軍手をして大きなビニール袋とトングを手に奉仕の心意気にあふれています。

7R-1Zとしては、若干少なめの人数ですが、この日市内では各地区小学校校庭で朝8時30分開会式の「市民レクレーション大会」当日です。ライオンズのメンバーのみなさんは、地域でも町内会や自治会のリーダーでもありますから多忙です。

開会式では、ご通行の皆様にもわかるように大きな声で、まずは高岡捷二7R-1ZCがご挨拶です。つづいて井出 孝前地区ガバナーがご挨拶。早速それぞれのクラブが担当の場所に向かい、にぎやかに清掃が始まりました。

統一奉仕デー 2R-2Z合同

秋日和の10月1日(日)2R-2Z合同(横浜シーサイドLC、横浜おおとりLC、横浜ポートヒルLC、横浜友愛LC、横浜金沢マリーンLC、横浜コスモポリタンLC、YOKOHAMA BELL LC)のメンバー30名が京浜急行上大岡駅前西口に9時集合。 (社)日本介助犬協会広報部から2名とPR犬2頭(ゴールデンレトリバー、ラブラドールレトリバー)にご協力いただき、介助犬育成のための募金活動と駅前周辺の清掃作業を行った。

9時前には濵田 徹地区ガバナー一行と田中ひろ子2RCが激励に駆けつけ意気を高めてくれた。募金活動に際し、(株)京急百貨店にご協力いただき高額な募金までしていただいた。市民の皆様から預かった善意の募金は集計し、7クラブの同意を得て、後日全額を(社)日本介助犬協会に持参する。

2R-2ZC L中井 弘明

4R-1Z6クラブによる【九州北部豪雨災害支援募金報告】

2017年7月に発生した記録的な集中豪雨により、福岡県と大分県を中心とする地域に甚大な被害がでました。この九州北部豪雨で被災された方々を支援する為、4R-1ZC田中勇人Lの呼び掛けにより2017年7月23日(日)JR川崎駅西口の東西自由通路にて「九州北部豪雨災害支援募金」が4R-1Z6クラブ合同で行われました。

メンバーが大きな声で募金の呼びかけを行い、多くの皆様から善意の募金を頂きました。大人から子ども、お年寄りや外国人の方まで様々な方からたくさんの募金をして頂きましたが、これも「自分達に出来る事をやろう」という意識の表れであり、メンバー一人一人も同じ気持ちで募金活動を行っておりました。

集まりました支援金230,000円は全額330-B地区を通じて337複合地区へ送金され、被災地の復興、復旧と、被災されました皆様の生活の再建の為に使用されます事をご報告させて頂きます。

記事:川崎LC  L石橋 隆志  写真:川崎LC  L宮田 暢人

オール山梨親睦チャリティゴルフ大会開催される!

4月18日(火)毎年恒例のオール山梨親睦チャリティゴルフ大会が、前日からの春の嵐の通過予報で心配される中、当日は夜半からの豪雨もプレ―開始時には、夏日を思わせるような好天気のもと南アルプスライオンズクラブがホストクラブとなり、濱田ガバナーエレクト、石原次期第1副地区ガバナー、安達元ガバナー、亀井GMTコーディネーターの来賓参加を仰ぎ、33組118名が参加する素晴らしい大会が「丘の公園ゴルフコース」で開催された。

終了後は、親睦パーティー及び表彰式が和気あいあい和やかに開催された。アクティビティとして、(公財)山梨県アイバンク・(公財)山梨県臓器移植推進財団に参加者からのチャリティをさせていたた。  優勝は、笛吹ライオンズ滝沢正博L、準優勝は同じく高野正美L、第3位には山梨ライオンズクラブの望月勝二L、また、女性の部の優勝者は、韮崎ライオンズクラブ島村栄子L、最高齢者は韮崎ライオンズクラブの春藤春雄L81歳であった。

取材・撮影 PR情報委員 L藤原 英喜

「上を向いて歩こう」が発車メロディーに

春先から計画していたJR東海道線・川崎駅上下線ホームの発車メロディーに、故坂本 九さんの「上を向いて歩こう」(永六輔作詞・中村八大作曲)が採用され、2016年12月10日(土)10時より、ミューザ川崎(ゲートプラザ)前において、オープニングセレモニーが執り行われた。

この日は川崎市川崎区出身である坂本 九さんの75回目の誕生日に当たる。セレモニーには福田紀彦川崎市長、渡利千春JR東日本横浜支社長、柏木由紀子さん、安達成功・山下秀男両元地区ガバナー、星野光弘330複合地区100周年記念検討副委員長、井田正春4RC、石田真一100周年記念地区メンバー、その他多数のメンバーの参加があった。

取材:PR・情報委員 L野武 孝樹