ライオンズクラブ オール山梨 第30回献眼・臓器移植シンポジウム開催

5月16日(水)13時30分より、かいてらす山梨県地場センター大会議室で、ライオンズクラブオール山梨主催により第30回献眼・臓器移植シンポジウムが開催され、約80人が参加した。

オール山梨世話人代表の大森彦一12RCより「角膜移植・臓器移植事業に協力する目的のシンポジウムである」との開会の挨拶で始まり、(公財)山梨県アイバンク秋山詔樹理事長より、現状報告として「昨年は8人から角膜提供を受け、多くの方々が光を取り戻せた事は、病院関係者、ライオンズクラブ、県民の皆様の理解によるもの」と感謝の挨拶があった。(公財)山梨県臓器移植推進財団渡辺和廣理事長より、「このような啓蒙・啓発活動を長年継続してきたこと、また、参加いただいたライオンズメンバーの皆様に感謝を申しあげ、今後も協力をお願いしたい」との挨拶があった。

体験発表として献眼者ご家族の『母の献眼に寄せて』が代読された。

「30年前に登録したカードが母の終末に見つかったが、本人の意志確認ができる状態ではなかった。常に自分の事より相手を思いやる母だったので、その思いに変わりはないはずと提供を決めた。左の眼球のみであった。男性に移植されたことを聞きその方の瞳に光が射し私たち遺された者にも温かな何かをいただいた気がした。移植にはさまざまな意見があるけれど、人間にしかできず、人間だからこそ与えうる未来につながる愛の贈り物であり、移植を受けられた方だけでなく、その回りの人達の人生をもより豊かに成しうると感じた。この愛の種がこれから先少しでも多く広がっていく事を願っている」との内容であった。

最後に市立甲府病院・腎臓・膠原病内科科長秋山大一郎先生による「慢性腎臓病(CKD)について~末期腎不全の治療も含めて~」の講演があった。

慢性腎臓病は自覚症状がなく検査で異常がわかる。足がむくんだりの症状が出たときには末期である。末期腎不全になると、血液透析・腹膜透析・腎移植が必要になる。これらの治療を受けると通常生活に多少の制限を受けることになる。末期腎不全にならないことが大事で、二次的要因の生活習慣病はきちんと治療し進行を止めることが大切であるという内容であった。

総評を石原英司ガバナーエレクトよりいただき、ライオンズクラブとしてこの事業をしっかり継続していくと強い意思発表が行われた。

取材・撮影:PR・情報委員 L齋藤 一三

8リジョン2ゾーン合同例会を寒川神社で開催

4月6日(金)寒川神社参集殿に於いて8R-2Zの合同例会を開催しました。
茅ヶ崎グリーンLC,寒川LC,湘南茅ヶ崎LC,茅ヶ崎オーシャンLC、2ゾーンの
4クラブが集いました。

各クラブ間の親睦はお互いに深めていましたが、2ゾーンとして合同例会の開催は近年ありませんでしたので、この度ゾーン担当で実現した次第です。

参加者は42名で、第1部は例会として、各クラブ幹事報告、キャビネット委員会報告、今期入会された新入会員を身近に知っていただくために紹介を行いました。

第2部は懇親会を行い、相互理解をはかる事ができました。これからもゾーン内の全クラブで合同例会を継続して行きたいと望みます。

8R-2ZC L福原 美代子

第6回啓翁桜交流会を盛大に開催!

今年で6回目となる山形県米沢市と横浜市の桜交流会が2月3日盛大に開催された。

1部は大通り公園内啓翁桜前で式典。主催者の中川勝米沢市長が、極小の米沢市と大都市横浜市との交流会がライオンズクラブの皆様の尽力で支えていただき、お陰様で6回目を迎えられたことに感謝する旨の挨拶に続き、ライオンズクラブを代表して参加予定していた330-B地区濵田徹ガバナーが、インフルエンザのため急遽1R-1Z笠井政記ゾーン・チェアパーソンが挨拶。いつまでも啓翁桜が結ぶ両市が交流発展にライオンズクラブとして今後とも協力していく旨の話の後、安藤浩幸中区副区長が挨拶で終了した。思い起こせば7年前の2012年10月に1R-1Zの統一奉仕の一環で、大通り公園に米沢市の協力で5本の啓翁桜を取り寄せて植樹し、横浜市に寄贈したのが始まりで、翌年より米沢市の主催で啓翁桜交流会が始まり、本年で6回目の開催となった。

式典終了後、場所を中華街の桐山Lの店に移動し、芋煮・地酒など米沢の名物と中華とミスマッチ的な食べ物を食し、大いに盛り上がり次回開催を誓い終了した。

参加いただいた横浜ライオンズクラブ、横浜山手ライオンズクラブ、横浜梅櫻ライオンズクラブ、横浜金港ライオンズクラブ、横浜中ライオンズクラブ、曙弥生1・2丁目町内会。米沢市より332-E地区、米沢松川LC始め市の関係者など60人を越える参加をいただきました。

取材:撮影 PR・情報委員会 副委員長 近野 照彦

 

4リジョン1ゾーン・2ゾーン合同オリエンテーション

2月19日(月)18時30分より川崎区のイタリア料理モナリザンにて、「4R-1Z・2Z合同オリエンテーション」が開催された。そもそも、このオリエンテーションの開催は今回の幹事の出川Lと畝本Lとが「1ゾーン、2ゾーンの交流がもっとあってもいいよね」から始まり、入会5年以内と、興味のあるメンバーの方を対象に各クラブに募ったところ、50余名の応募があった。新しい試みにメンバー各位の関心の高さが感じられた。

オリエンテーションに先立ち、村井廣司4RCの挨拶、続いて出川Lより趣旨説明並びに講師紹介があり、講師の石田真一地区GSTコーディネーターは、ライオンズプラザ国際協会の目的、スローガン、モットー等を解りやすく説明した。谷井弘樹キャビネット副幹事は昨年7月より今日までの活動状況を報告され、業務の厳しいなかにも楽しさがあり、かつ、13名の副幹事の結束力の凄さを話され、非常に有意義な日々である旨が報告された。

明立 信LCIF副委員長は、1,000ドル献金を出すだけでなく、国際協会より受け取り、地域社会のために使う事も検討しようと、その申請の仕方等の説明をされた。

活発な質疑もなされ、非常に盛り上がった会となった。このオリエンテーションで330-B地区で最近作成した、ライオンズクラブ・ガイドブックが活用された。簡潔に解りやすく記載されており評判が良かった。

このオリエンテーションは少しでもライオンズクラブの事を正しく理解し、他クラブ・ゾーンの方々と親睦を深め、退会防止と新メンバーの勧誘に繋がればとの趣旨が生きていた。

約1時間10分のオリエンテーションの後、第2部は美味しいイタリアン料理にワインと各ゾーンを超えた語らいに、時の経つのも忘れるくらい盛り上がった。第2部は20時40分に閉宴となったが、まだ語り足らないメンバーは各々2次会へと歩を進めていた。

会を企画、実践した各ライオンご苦労様でした。

リーダーはあるべき姿を語るのではなく、あるべき姿を率先する、実践力が大切である。

取材・撮影:PR・情報副委員長 L附田 徳志

統一奉仕デー 7R-1Z合同

7R-1Z統一奉仕デーは、平塚駅周辺繁華街大清掃です。

開会時間に集まったライオンは参加者総数47名。平塚駅北口の横浜銀行前に、それぞれの胸にライオンズマークが輝く各クラブのジャンパーを着て、いでたちもカラフルで鮮やか。軍手をして大きなビニール袋とトングを手に奉仕の心意気にあふれています。

7R-1Zとしては、若干少なめの人数ですが、この日市内では各地区小学校校庭で朝8時30分開会式の「市民レクレーション大会」当日です。ライオンズのメンバーのみなさんは、地域でも町内会や自治会のリーダーでもありますから多忙です。

開会式では、ご通行の皆様にもわかるように大きな声で、まずは高岡捷二7R-1ZCがご挨拶です。つづいて井出 孝前地区ガバナーがご挨拶。早速それぞれのクラブが担当の場所に向かい、にぎやかに清掃が始まりました。

統一奉仕デー 2R-2Z合同

秋日和の10月1日(日)2R-2Z合同(横浜シーサイドLC、横浜おおとりLC、横浜ポートヒルLC、横浜友愛LC、横浜金沢マリーンLC、横浜コスモポリタンLC、YOKOHAMA BELL LC)のメンバー30名が京浜急行上大岡駅前西口に9時集合。 (社)日本介助犬協会広報部から2名とPR犬2頭(ゴールデンレトリバー、ラブラドールレトリバー)にご協力いただき、介助犬育成のための募金活動と駅前周辺の清掃作業を行った。

9時前には濵田 徹地区ガバナー一行と田中ひろ子2RCが激励に駆けつけ意気を高めてくれた。募金活動に際し、(株)京急百貨店にご協力いただき高額な募金までしていただいた。市民の皆様から預かった善意の募金は集計し、7クラブの同意を得て、後日全額を(社)日本介助犬協会に持参する。

2R-2ZC L中井 弘明