8リジョンガバナー公式訪問合同例会・小会議

9月5日(水)14:30分から藤沢商工会館ミナパークにおいて8Rガバナー公式訪問・小会議が行われた。山本直正第1副地区ガバナーの開会の言葉でスタート。総勢30名の地区役員、クラブ3役が順次紹介された後、石原英司第54代地区ガバナーのお礼の挨拶があった。小会議は、皆川欽一キャビネット副幹事の進行で進められ、各クラブが事前に提出したクラブ実行計画に従い説明をし、それに石原ガバナーが質問をするという形式で活発な意見交換が行われた。

各クラブの会長・幹事への質問事項は、①アクティビティは具体的にどのようなことをしているか。またどの程度の人数のメンバーが参加しているか。②会員増強の関してはどのような工夫をしているか。③例会の出席率を上げるため、クラブで具体的にどのようなことを実践しているか。④クラブメンバーのモチベーションを上げるための新規アクティビティに取り組んでいるか、またその予定はあるか。⑤クラブメンバーのうち女性会員や家族会員の割合はどのくらいか。などであった。また会計には、①クラブの年会費はどのくらいか。また例会等の場所や食費にかかる割合はどの程度か②ドネーションはどのくらいか。③クラブの健全経営は出来ているのか。などが問われた。

石原ガバナーは、小会議の総括の中で、グドラン国際会長の方針で、家族会員や女性会員を増やすように要請されていることに触れ、地域に密着した魅力ある個性豊かな奉仕活動をぜひ家族ぐるみで行って欲しいと述べた。また会員増強の方法については、単純に会員が少ないからクラブを維持するために増強しようという消極的な発想ではなく、よりよいアクティビティの中からそれを行うためにメンバーが足りないから増やしていこうという前向きで自然な増強を目指していってもらいたいとお願いをした。

小会議では、3時間を超える活発な議論が行われ、最後、吉本晴夫第2副地区ガバナーの閉会のことばで終了となった。

取材:地区ニュース

副委員長 L 芳村 健

撮影:  ”

L 中井 弘明

発信: 地区ニュース委員会

10リジョン ガバナー公式訪問合同例会・小会議

 

石原英司地区ガバナーの10R公式訪問合同例会・小会議は、猛暑日が続く8月30日(木)にアピオ甲府・本館で開催された。

ガバナー歓迎の挨拶をする
中澤一浩10RC

9時30分に始まった小会議には、石原ガバナーを筆頭に山本直正第1副地区ガバナー、吉本晴夫第2副地区ガバナー、平賀新也キャビネット幹事、村松滝夫キャビネット会計、中澤一浩10R-RC、富岡信也10R-1ZC、高山政宏10R-2ZC及び1Z・2Zの計11クラブの会長、幹事、会計が出席した。

小会議は、前半1Zの6クラブ、後半2Zの5クラブで、事前に各クラブから送付された実行計画記入・報告書の回答を参考に、ガバナーとクラブ3役が質疑応答を行った。

各クラブとも強弱の違いはあるものの、会員増強、維持、活力あるクラブづくり、例会への参加者増加への取り組み等に苦心されている現状が浮き彫りにされた。

石原ガバナーより「各クラブとも会員増強には、男性会員はもちろんだが、女性、家族会員の加入を推進すること、クラブの活力を高めるために新たなアクティビティを始めること、他の団体との交流をはじめることが大事ではないか」との提案がなされ、「各クラブへ持ち帰り検討してもらい、努力をしてほしい」との要請があった。全体を通して、和やかな中にも新ガバナーの決意を感じる緊張感のある会議だった。

ガバナーを囲む昼食会を挟み14時から合同例会が開催された。合同例会で石原ガバナーは、国際会長方針と地区活動方針をガバナーテーマ「Take action」~新たな奉仕への挑戦~に則り力強く語った。

MJF1,000ドル献金メンバー

続いて、新入会員紹介、スポンサーへの記念品贈呈、LCIF献金者への記念品贈呈、各事務局員への記念品贈呈が行われ、最後は、ライオンズローア、「また会う日まで」の合唱へと続き、合同例会は終了した。

取材・撮影:地区ニュース委員 長田 均

発信 地区ニュース委員会

1リジョン ガバナー公式訪問合同例会・小会議

8月29日(水)横浜ベイホテル東急に於いて、石原英司地区ガバナーによる1R公式訪問合同例会・小会議が行われた。

合同例会に先立ち開催された小会議は、キャビネットから石原ガバナー、山本直正第1副地区ガバナー、吉本晴夫第2副地区ガバナー、平賀新也キャビネット幹事、松村滝夫キャビネット会計が出席し、1・2ゾーン10クラブに続いて3・4ゾーン9クラブの順に各クラブ三役出席の下行われた。

会議は事前に提出した「2018~2019年度クラブ実行計画記入・報告書」に沿ってクラブ会長より説明を行い、石原ガバナーから質問や励まし・助言等々が行われた。

石原ガバナーは各クラブがオンリーワンのアクティビティを行っていることを高く評価され、それに加えて「Take action」〜新たなる奉仕への挑戦〜で新しい取り組みも取り入れてクラブの活力とし、マンネリ化を防いでほしいとのお願いをされた。

また、メンバー数が10名を切る少数のクラブが多い1リジョンに対して「クラブを解散するという事は地域に対して何もできなくなる事でもあるので、クラブの灯は消さないでほしい。地域の奉仕を望んでいる人たちのためにも少数になっても奉仕を続けてほしい。諦めないでほしい」という熱い勇気の出るエールを送られた。

196名が参加した合同例会は、朝倉実4ZCの挨拶とゴングで開会した。

中野達夫1RCから「小会議ではクラブの現状を報告し積極的な意見交換がなされ、ガバナーからも貴重なご助言をいただいた。奉仕の精神を忘れず、日々精進・チャレンジしていきたい。今回、小会議の隣の部屋では新入会員のセミナーを開催させていただいた。少しでもライオンズの精神を感じていただけたらありがたい」との挨拶があった。

続いて、石原ガバナーは1Rについて次のような思いを話された。「1952年3月東京ライオンズクラブが日本で初めてのクラブを結成。その東京ライオンズクラブがスポンサーとなり、ここ横浜の地に日本で2番目の横浜ライオンズクラブが1952年8月に誕生・結成された。日本ライオンズクラブの灯を先に灯してくれた東京・横浜はライオンズクラブの聖地だと思っている」と横浜ライオンズクラブを称賛した。グドラン・ビョート・イングバドター国際会長の方針映像、各記念品贈呈と続き、合同例会は式次第に沿って滞りなく行われた。

合同例会終了後は、第2部の歓迎夕食会が行われ、終始なごやかな雰囲気に包まれながら親交を深めた。

取材:地区ニュース委員 三藤 富貴子

撮影:地区ニュース副委員長 近野 照彦

発信 地区ニュース委員会

10Rガバナー公式訪問合同例会及び小会議開催

9月13日(木)甲府市アピオグランドステージにおいて、濵田 徹地区ガバナー公式訪問合同例会・小会議が開催された。当日は14時からの合同例会に先立ち、小会議(9時30分〜12時30分)が定刻通り行われた。

小会議は、前半1Zの6クラブ、後半は休憩を挟み2Zの5クラブ計11クラブで行われた。事前に各クラブへ送付された小会議質問事項について各クラブの会長より丁寧に説明がなされ、濵田ガバナーとクラブ3役の質疑応答がなされた。各クラブ共通して出た問題点は、会員の増強や例会の出席率であったが、各クラブとも様々な取り組みの中で会員の交流を図っている様子がわかった。

最後のガバナー総括では、「大きいクラブまた小さいクラブの差が少し大きいように感じるが、会員の団結力やクラブ活動に対しての考え方また熱心さが非常に伝わる素晴らしい地域であると感じた。今後も、会員数を増やし素晴らしいクラブを作りあげて欲しい」といわれ、定刻通りに小会議は終了した。

取材:PR・情報委員 L反田 成樹

2R公式訪問合同例会及び小会議開催

9月5日(火)横浜・中華街にあるロイヤルホールヨコハマにおいて、濵田 徹第53代地区ガバナーによる2R公式訪問合同例会・小会議が行われた。

 小会議はキャビネットから濵田 徹地区ガバナー、石原英司第1副地区ガバナー、山本直正第2副地区ガバナー、渡辺幸範キャビネット幹事、亀井真司キャビネット会計が出席し、2R1〜3Zの17クラブが会の活動状況や運営についてガバナーに報告した。

具体的な活動事例としては、小中学校にて「薬物乱用防止講習会」の実施(横浜南)所在する西区行政に対して「虫の音を聞く会」提灯万灯寄贈、区民祭り協賛、少年ソフトボールや剣道の後援8横浜ふじ)など。各クラブの取り組みについて、濵田ガバナーと有意義な意見交換が交わされた。

合同例会は、管 友晴1ZCの挨拶とゴングで開会し、田中ひろ子2RCが「横浜へようこそ。ガバナーのテーマ『友愛・協調』を冠とし、私たちは奉仕の進化とより掘り下げた深化にチャレンジしてまいります」と歓迎の挨拶でお迎えした。

登壇した濵田ガバナーは、ナレシュ・アガワル国際会長のビデオメッセージを流し、ナレシュ国際会長に代わって、今期の活動方針「We Serve」(われわれは奉仕する)について説明後、地区ガバナーのテーマ『友愛・協調』〜奉仕に向けて 新たな船出〜について、価値観の異なる会員一人ひとりが友愛の精神でお互いを尊重し、協調し結束して奉仕していくことの大切さを説き、四献活動(献血・献眼・献腎・骨髄移植)事業の理解と浸透について力を合わせていきましょうと訴えた。

次に第1副地区ガバナー、第2副地区ガバナーの挨拶があり、続いて、濵田ガバナーと各クラブとの記念品相互贈呈、新入会員22名とスポンサーの紹介、新入会員用ラぺル・ピンの贈呈などが行われ、合同例会は閉会となった。

第2部の懇親会は、ガバナーを囲み終始和やかな様子で親交を深めた。

撮影 PR・情報副委員長 L中井 弘明

安達ガバナー 公式訪問 テーマ資料

2014年、ガバナー公式訪問で使用する安達ガバナーと国際会長のテーマ説明の資料です。

安達ガバナー 公式訪問 テーマパワーポイント

安達ガバナー 公式訪問 テーマPDF