6リジョン ガバナー公式訪問合同例会・小会議

9月20日(金)、山本直正地区ガバナー6リジョン公式訪問合同例会が箱根湯本富士屋ホテルにおいて開催された。

これに先立ちゾーンごとに小会議が開催され、山本ガバナーは、全体に低迷気味であるライオンズクラブの問題を解決するために、伝統を大切にしながらも新しいことを始めていくことで活性化を図りたいと話し、このことはクラブだけでなくゾーンで話し合っていく必要があると述べた。さらに活性化のきっかけとして「アクティビティ訪問のすすめ」と「スペシャルティクラブ結成」の二つを提言、ディスカッションを開始した。

3時間以上に及ぶディスカッション全体を通して浮き彫りになった活性化の要件は、「会員の増強」と「アクティビティの充実」に概ね集約される。

各クラブともそれぞれに事情を抱えながらも、活性化に取り組んでおり、中でも小田原ライオンズクラブでは「イングリッシュスピーチコンテスト」の開催をゾーンから6リジョン全体に広げたことで活性化が図れた。小田原白梅ライオンズクラブではベテランと若手の融合が理想的になされており、アクティビティも時流に応じて模索することで活性化に成功している。などの好事例も提示された。

山本ガバナーは「年配の会員も若い会員も最大公約数である『奉仕』を通じて繋がることができる。それには相手を許容することが重要で、ジェネレーションギャップを埋めながら進化していけば必ず活性化はなされるだろう」と力強く語った。

続く合同例会で山本ガバナーは『奉仕ファースト』のテーマのもと、善意の循環による奉仕の輪を広げることが重要でそれには対話と創造が必要であると訴え、指導力育成・クラブ活性化についてプロジェクターを使って説明した。その後、ジュンヨル・チョイ国際会長の活動方針をまとめた映像を鑑賞した。

懇親会は参加メンバーそれぞれに久しぶりに会った他クラブメンバーと旧交を温め、互いの健康、クラブの活性化をたたえ、楽しいひと時を過ごし閉宴となった。

取材:地区ニュース委員  L原田 幸雄

取材・撮影 協力:地区ニュース委員 L畔上 元久

発信:地区ニュース委員会

写真はこちらをクリックしてください。

8リジョン ガバナー公式訪問合同例会・小会議

9月17日(火)、山本直正地区ガバナー8リジョン公式訪問合同例会が茅ヶ崎市役所分庁舎6階コミュニティホールで開催された。

これに先立ちゾーンごとに小会議が開催された。まずは山本ガバナーの「私たちの心がかわらなければならない」という力強い信念のもと提示された、アクティビティ訪問によるクラブの活性化とスペシャルティクラブ設立の奨励の説明が行われた。

その後、井田渉キャビネット幹事の進行のもと活発な意見が交わされた。概ねクラブの活性化についての意見が多く、「会員減少」「高齢化」「3役の負担増」等の問題を抱えながらも、各々のクラブが創意工夫しながら活性化に努めているのが感じられた。

また山本ガバナーより「リーダーはまず相手に奉仕し、その後相手を導くものである」という考え方に基づくサーバントリーダーシップについての説明があり、キャビネットに対しての要望が集められた。クラブ側から上げられた意見としては、ライオンズクラブの認知度が低いため、それを改善する施策をお願いしたいという意見が出された。

活性化につながるであろうSNSの活用については、メンバー間の交流にはすでに活用されているクラブも多い中、字面で判断してしまうと感情的なもつれが出てしまう危険性があるという観点から、できる限り直接会って交流をすすめるクラブもあった。

続く合同例会で山本ガバナーは奉仕ファーストのテーマのもと、善意の循環による奉仕の輪を広げることが重要でそれには対話と創造が必要であると訴え、ジュンヨル・チョイ国際会長の作成した映像「ペイ・イット・フォワード」を鑑賞した。

懇親会は和やかな雰囲気の中、各参加者は他クラブ会員との旧交を温め、山本ガバナーが各クラブの事務員の皆さんに記念品を贈呈するなど気配りのある心温まる宴席となり、最後に「また会う日まで」の合唱とともに閉宴した。

取材・撮影:地区ニュース委員 L高梨  靖士

〃           L畔上  元久

発信 地区ニュース委員会

写真はこちらをクリックしてください。

3リジョン ガバナー公式訪問合同例会・小会議

9月9日(月)新横浜国際ホテルにて山本直正地区ガバナーの3リジョン公式訪問合同例会・小会議が行われた。当日は関東地方に甚大な被害を及ぼした台風15号上陸の翌日で、交通網の復旧もままならない中、定刻から1時間遅れの14時に、石井喜代志キャビネット副幹事の司会のもとで小会議が開始した。

「クラブ活性化のために私たちがすべきことを考える」というテーマについて意見交換会が始まった。

冒頭、山本ガバナーより、「世界は大きく流動している。風が過ぎるのをじっと待つのではなくライオンズクラブも前向きに時代に即した活動をしていかなければならない。メンバーそれぞれが多様な奉仕体験や多様な会員交流などを行うことでクラブ自体も活性化していく。そのためにITを大いに利用し情報を共有し、他クラブへの積極的な参加を奨励してほしい。また、国際会長の方針でもあるゾーン内で任意のベクトルに特化したスペシャルティクラブの結成を議論してほしい」という『奉仕ファースト』の指導力育成とクラブ活性化についての説明があり、ディスカッションでは、各クラブの問題点やそれに対する対処方法などの意見が交わされ、クラブを超えたゾーン単位での活動の重要性、新クラブ会員獲得のために必要な魅力あるクラブ運営の在り方について議論を行った。

18時より森本1ZCの開式のゴングで合同例会が始まり、菊池久仁恵3RCの地区ガバナー歓迎の挨拶、山本ガバナーの挨拶と続き、ガバナースピーチでは友愛・奉仕についての連鎖、広がりについてプロジェクターを使いとてもわかりやすい説明がなされ、国際会長の紹介では、社会奉仕のきっかけとなった感動的なエピソードの紹介とビジョンが動画で放映された。

懇親会では、テーブルを超えた親交が大いに行われ、3リジョンの団結の強さ、それぞれのゾーンの親密さ、メンバーとの交流の楽しさ、大切さを感じることができた。

山本ガバナーのテーマである「奉仕ファースト」の精神を紐解くたくさんのきっかけがこの会場にあふれているように感じた。

取材・撮影:地区ニュース副委員長 L斉藤  渉

発信 地区ニュース委員会

写真はこちらをクリックしてください。

2リジョン ガバナー公式訪問合同例会・小会議

2Rガバナー公式訪問合同例会・小会議は、8月27日(火)ロイヤルホールヨコハマにおいて14時より開会された。

小会議は14時より1Z、15時10分より2Z、16時20分より3Zの順で、事前に提示された3つのテーマについてディスカッションする形式で行われ、井田 渉キャビネット幹事がファシリテーターとなり進められた。

山本ガバナーは開口一番テーマの意図について説明され、ライオンズクラブの現状として、会員の高齢化により世界的に会員減少が進んでいて、330-B地区でも140名の会員減となっていると伝えた。そのため、ライオンズクラブの今後の在り方について新しい切り口を考えていかなければいけないという危機感があり、積極的に意見交換をしていきたいと話された。

1.アクティビティ訪問のすゝめ

クラブ、ゾーン単位での合同アクティビティだけでなく、個人会員が他クラブのアクティビティに参加しやすいようなしくみづくりとして、フェイスブックなどのSNSを早急に立ち上げ発信することが発表された。これにより330-B地区内のアクティビティを開催前に告知し、参加者を募ることが可能になる。ゾーン、リジョンを超えた交流が生まれ、会員増強を図ることが狙い。また新たなライオンズ体験を重ねたメンバーが所属クラブの活力となり、リーダーシップを発揮することにつなげていきたい考え。

各クラブ3役からの意見としては、やはり高齢化による会員減少の問題、例会やアクティビティへの参加を強制することが退会につながるため、アクティビティの実施についても厳しい状況下にあるとのこと。アクティビティ時の人出不足については退会者にも声をかけて参加者確保に努めているというクラブもあった。また、介護等の問題や会費に見合うメリットの創出などの課題があげられた。

2.各ゾーンにスペシャルティクラブの結成

特定の奉仕に特化したクラブ、同じ大学やスポーツなどの仲間で集まるクラブなど、新たなつながりでクラブを結成することの奨励。事務局を持たず、わずかな月会費でクラブ運営をしていくことも可能なので、各ゾーンで新クラブ結成のためのプロジェクトチームを結成し、前向きに取り組んでほしいとのこと。

合同例会は18時より松尾光雄2R-2ZCの開会のゴングで始まり、ガバナーと地区役員の紹介、各クラブ会長と会員の紹介があり、ガバナー歓迎の挨拶を秋山武仁2RCが述べた。

山本ガバナーは、ジュンヨル・チョイ国際会長が若い頃行った善意のエピソードなどを大型スクリーンに映し、会長テーマである『We Serve』~あなたの奉仕にダイバーシティを~を解説した。次に今期のガバナーテーマ『奉仕ファースト』~対話と創造~と地区運営・活動方針の理論を図解で説明し、奉仕活動が人々の良心に訴え、その良心がまた別の場所で別の人々へ波及していくことが理想であり、我々が率先して活動していくことがよりよい社会貢献となると力強く訴えた。

続いて、山本ガバナーから14名のクラブ会長と新入会員14名、スポンサーに記念品が贈呈された。今期のMJF1000ドル献金メンバーは10名で、秋山RCが代表して献金目録をガバナーに贈呈した。MJF献金者には記念品が贈呈された。

最後に、LCIF・緊急支援委員会、大会参加委員会、社会福祉・健康増進委員会等からお願いとお知らせがあり、森 研二2R-2ZSの閉会のゴングで終会し、懇親会へと移行した。

取材・撮影:地区ニュース副委員長 L中井 弘明

発信 地区ニュース委員会

写真はこちらをクリックしてください。

10リジョン ガバナー公式訪問合同例会・小会議

8月23日(金)アピオ甲府1F「吉兆の間」にて、10R-1Z・2Zの「ガバナー公式訪問・合同例会」が開催された。

合同例会に先立ち14時より行われたガバナー公式訪問・小会議では、10リジョン11クラブの会長・幹事・会計が出席し、山本直正地区ガバナーと吉本晴夫第一副地区ガバナー、亀井真司第二副地区ガバナー、井田 渉キャビネット幹事、原 輝男キャビネット会計、坂本勝彦キャビネット副幹事、高山政宏10RC、齋藤忠文10R-1ZC、五味哲也10R-2ZCも同席し、井田幹事をファシリテータとしてディスカッション形式にて会議が行われた。

「ディスカッションテーマ」1.アクティビティ訪問のすゝめ、2.各ゾーンにスペシャルティクラブの結成、3.地区役員委嘱のあり方についてであった。

1.2.については、メンバー減少と高齢化が進む中、新しいアクティビティの企画などが自クラブだけでは運営が困難の場合、他クラブに協力してもらうことができる環境づくりも望まれる。そのためにもSNS(Facebookページ)、地区のホームページのカレンダー等を活用して各クラブの情報を共有していく提案がされた。各クラブからは賛同する意見が多く出されたが、なかには自クラブの運営を充実させることが最重要ポイントだという意見も出された。3.については、RC・ZC等の地区役員はこれまで輪番選出されている。どのクラブも数年前から準備をして役員を選出しているが、他クラブとの対話やゾーン、リジョン内で議論することによって負担の軽減ができるのではないかなどの意見が出された。

合同例会では、甲府LC中込知温会長による開会のゴングで始まり、齋藤10R-1ZCが開会の挨拶を行った。ガバナー挨拶後、新入会員に山本ガバナー自らバッジを贈呈した。その後、LCIF献金目録が甲府中央ライオンズクラブ会長寺井英仁Lから山本ガバナーに贈呈された。「また会う日まで」で輪を作り、竜王ライオンズクラブ石井猛雄会長の閉会の挨拶、甲府南ライオンズクラブ小山内龍司会長の閉会のゴングにて終了した。

●新会員オリエンテーション

8月23日(金)10R-1Z・2Zガバナー公式訪問・合同例会に先立ち、15時40分から入会3年目以内(2016年7月以降の入会者)および各クラブのGLT担当者(第1副会長)またはその代理人を対象とした「新会員オリエンテーション」がアピオ甲府2F宝石の間にて開催された。

今回の講師は韮崎ライオンズクラブ所属の守屋 久GLT委員で、ライオンズのモットーやスローガン、日本のライオンズクラブの歴史、国際協会の組織構造や会則地域、日本の地域・地区や規則の説明、用語の意味などクラブ会員としての基本的知識についての講義であった。

参加された新会員の方は12名。約1時間という短時間の講義において入会してはじめて耳にした用語や難しい言葉を理解しようとしている姿勢がみられ、今後のライオンズクラブの活動に向けた意欲を感じられた。質疑応答では、リジョンの分け方についての質問があり先輩から「地域での区分けだけではなく、過去のクラブ同士の合併などのなごりから飛び地の区分けも存在する。」という回答をいただき、より一層クラブの歴史を知ることの重要性が高められた。その後、新会員の入会動機などの意見交換が行われた。

最後に、守屋講師より受講者全員に「新会員セミナー受講修了証」が授与された。

今後の皆様のライオンズクラブでの活躍が期待されます。

取材:地区ニュース委員   L風間 栄一

撮影:地区ニュース委員長  L河西 久

発信 地区ニュース委員会

写真はこちらをクリックしてください。

8リジョンガバナー公式訪問合同例会・小会議

9月5日(水)14:30分から藤沢商工会館ミナパークにおいて8Rガバナー公式訪問・小会議が行われた。山本直正第1副地区ガバナーの開会の言葉でスタート。総勢30名の地区役員、クラブ3役が順次紹介された後、石原英司第54代地区ガバナーのお礼の挨拶があった。小会議は、皆川欽一キャビネット副幹事の進行で進められ、各クラブが事前に提出したクラブ実行計画に従い説明をし、それに石原ガバナーが質問をするという形式で活発な意見交換が行われた。

各クラブの会長・幹事への質問事項は、①アクティビティは具体的にどのようなことをしているか。またどの程度の人数のメンバーが参加しているか。②会員増強の関してはどのような工夫をしているか。③例会の出席率を上げるため、クラブで具体的にどのようなことを実践しているか。④クラブメンバーのモチベーションを上げるための新規アクティビティに取り組んでいるか、またその予定はあるか。⑤クラブメンバーのうち女性会員や家族会員の割合はどのくらいか。などであった。また会計には、①クラブの年会費はどのくらいか。また例会等の場所や食費にかかる割合はどの程度か②ドネーションはどのくらいか。③クラブの健全経営は出来ているのか。などが問われた。

石原ガバナーは、小会議の総括の中で、グドラン国際会長の方針で、家族会員や女性会員を増やすように要請されていることに触れ、地域に密着した魅力ある個性豊かな奉仕活動をぜひ家族ぐるみで行って欲しいと述べた。また会員増強の方法については、単純に会員が少ないからクラブを維持するために増強しようという消極的な発想ではなく、よりよいアクティビティの中からそれを行うためにメンバーが足りないから増やしていこうという前向きで自然な増強を目指していってもらいたいとお願いをした。

小会議では、3時間を超える活発な議論が行われ、最後、吉本晴夫第2副地区ガバナーの閉会のことばで終了となった。

取材:地区ニュース

副委員長 L 芳村 健

撮影:  ”

L 中井 弘明

発信: 地区ニュース委員会