ライオンズクラブ国際協会第100回 シカゴ国際大会

 シカゴはニューヨーク、ロサンゼルスに次ぐアメリカ第3の都市・イリノイ州にあり、街の東側にはアメリカ5大湖の一つミシガン湖が広がる。近代建築の高層ビルが建ち並び、摩天楼発祥の地として知られ、人口約283万人の都市である。

ライオンズクラブ国際協会創設100周年記念の第100回シカゴ国際大会は6月30日(金)から7月4日(火)までの5日間マコーミックプレイス・コンベンションセンターで開催された。

大会初日総会は7月2日(日)9時からマコーミックプレイス・コンベンションセンター北館ホールBにおいて開会。ビートルズのカバーバンドであるアメリカン・イングリッシュの演奏で始まり、一堂に会した各国のメンバーの大歓声の中、ボブ・コーリュー国際会長が登壇、「イリノイ州シカゴ第100回国際大会へようこそ!ライオンズは100年間にわたり、私たちを最も必要としている人々に奉仕するという使命を果たし続けてきました。私たちが集うこの歴史的な大会は、これまでの成果を振り返り、次の100周年を目標に誓いを新たに、次世紀の奉仕の土台を作る機会です」と大会の挨拶をし、年次報告・退任の挨拶と続いた。

次にノーベル平和賞受賞者アル・ゴア元米副大統領が災害など環境問題についてを講演し、かがり火の点火セレモニー、国旗式等が行われた。

開会式終了後14時から100周年記念展示シアターにおいて、「OSEALの100周年記念ストーリー」と題したセミナーが開催され、330-B地区は内田吉則地区100周年記念コーディネーターが、国際本部の禅の心をもって修復した日本庭園を、プロジェクターを使って英語でプレゼンテーションした。

大会最終日総会は、7月4日(火)9時からマコーミックプレイス・コンベンションセンターで行われ、カントリー・ミュージック・スターのチャーリー・ダニエルスとそのバンドによる演奏で幕を開け、「人道支援大賞」はリモート・エリア・メディカル創始者のスタン・ブロック氏に授与された。基調講演は世界的に有名なアメリカのグラミー賞歌手のパティ・ラベルが講演した。

ナレシュ・アガワル国際第1副会長が登壇すると、会場はスタンディングオベーション、拍手喝采で出迎えエールを贈った。「われわれは奉仕する」というモットー、団結の力、奉仕の力等のプログラムを力説した。

国際会長の就任宣誓式が執り行われ、ナレシュ・アガワルL(インド・デリー)が正式に就任した。国際第1副会長に女性のグッドラン・ビョート・イングバドターL(アイスランド・ガルザバイル)、国際第2副会長にジュンユル・チョイL(韓国・釜山)、国際第3副会長にヘインズ・H・タウンゼントL(アメリカ・ジョージア州)がそれぞれ紹介されると、いよいよ2017〜2018年の世界の地区ガバナーが誕生し、期待とエールのなか、濵田 徹330-B地区ガバナーの濵田丸が、友愛と協調を乗せて地区発展に向かって出航した。

取材:PR・情報副委員長 L中井 弘明
撮影:PR・情報副委員長 L近野 照彦

 

カテゴリー: NEWS

第二副地区ガバナー就任のご挨拶 L山本 直正

ライオンズメンバーの皆様へ

こんにちは。川崎リバティLCのライオン山本直正です。この度100周年を迎えるシカゴ国際大会において第2副地区ガバナーに就任致しました。

思えば今年の4月7日に大磯プリンスホテルにおける代議員会において多くの信任を受けてから6月末までは単なる次期の予定者でございました。

7月に入り厳しい洗礼を受けてから2番目の副地区ガバナーとなったんだという事を自他共に痛感しております。

濵田丸のガバナーチームの一翼として舵取りを担って行く事となりました。メンバーの皆様と共に楽しく航海を続け、新たな仲間も優しく受け入れながら最終帰港地・横浜の地へ無事戻って行きたいと願っております。

航海には、順風満帆な時ばかりでなく天候不順につきものの大波小波も受け、様々な苦難が予想されます。この苦難を乗り越えるためにメンバーの心が一つになっていることが必要です。

この為に私たちは何らかの拠り所がなければいけません。メンバー一人ひとりが人の為に役立とうとする奉仕の心と、濵田 徹地区ガバナーの提唱する友愛と協調の精神を持ってこそ心を一つにして様々な難局を乗り越えていける大きな力になると信じております。私も、これを肝に銘じ今期1年間第2副地区ガバナーへの階段を一段一段登って行く所存でございます。

皆様のより一層のご協力をお願い致します。

カテゴリー: NEWS

第一副地区ガバナー就任のご挨拶 L石原 英司

 ライオンズクラブ誕生100周年という記念すべき年、第100回国際大会がボブ・コーリュー国際会長の下、青く澄みきったミシガン湖のほとりシカゴにて挙行され、大会最終日330-B地区第53代濵田 徹地区ガバナーの誕生と共に、私自身も身の引き締まる思いの中で第1副地区ガバナーとして就任致しました。

思い起こせば一昨年12月24日オール山梨29クラブの皆様と神奈川県全域の心を同じくする多くの仲間達のご支援を頂き、第2副地区ガバナーに立候補してから早や1年と7ヵ月が流星のごとく過ぎ去り、この間私のクラブの仲間達や12Rすべてのクラブメンバーの皆様、そしてオール山梨のメンバーの皆様、神奈川県の多くの友人や仲間達に温かい心で支えられ今日の日を迎える事となりました。支えて頂いております多くの皆様に衷心より感謝申し上げると共にその責任の重さを痛感しております。

ライオンズクラブ100周年を迎えた今期ガバナーテーマ 『友愛・協調』の下、濵田ガバナーを補佐し、ガバナーチームの一員として山本直正第2副地区ガバナーと共に、330-B地区発展の為、微力ですが誠心誠意尽くしてまいる所存です。未来に向けライオンズメンバー皆様お一人お一人が『友愛・協調』の精神を大切にされ、生涯胸に秘めた熱い奉仕と言う情熱を持ち続け、『老・壮・青』の世代を問わず、又女性のお知恵をお借りして更なる330-B地区発展の為の奉仕活動を一緒に邁進していきましょう。

これからも変わらぬご支援を宜しくお願い申し上げ、330-B地区第1副地区ガバナー就任のご挨拶とさせて頂きます。

第1副地区ガバナー L石原 英司 上野原LC

カテゴリー: NEWS

濵田徹地区ガバナー 地区運営・活動方針

●ナレシュ・アガワル国際会長、令夫人と地区ガバナー就任記念撮影

私は330-B地区の第1・第2副地区ガバナーとしての2年間、数多くの研鑽を積む機会を得ることができました。その間、一番に感じたことは「ライオンズクラブの主役は単一クラブであり、そのクラブの発展の原動力はクラブ会員一人ひとりである」ということです。そのためにはクラブ会員が満足し誇りに思えるクラブでなければなりません。そして、地区ガバナーは国際協会とクラブをつなぐパイプ役となり、誇りに思えるクラブ活動と運営ができるよう指針を示していくことだと考えております。明るく楽しい例会、充実した意義ある奉仕活動は、退会者の減少・会員維持・増強、つまりクラブ発展につながります。

また、価値観の異なる会員一人ひとりが友愛の精神でお互いを尊重し、協調することが大事です。ライオンズクラブのモットーであります“We Serve”(われわれは奉仕する)の精神のもと結束しようではありませんか。 特に四献活動(献血・献眼・献腎・骨髄移植)は地域の方々の理解と深い結びつきが必要な事業ですので、正しい知識を広め、より多くの協力者を増やせるようにメンバー全員で力を合わせていきましょう。

そして地区キャビネットは、クラブ活動・運営等の指針を示すためにも各クラブ活動計画書を提出していただき会員増強・奉仕活動等の活動状況の把握をしたいと思います。

会員増強は永遠のテーマですが、特にFWTの活動は素晴らしいものがあります。すなわち女性メンバーの活躍です。しかしながら残念なことに330-B地区は女性メンバーの比率が非常に低く、全国的に比較しても35準地区の中で34番目に位置しています。クラブの永年存続のためには会員増強は不可欠です。今期も継続して女性メンバーの増員に力を注いでいきます。

さらに前期から始まったリーダーシップ研修会はこれからのライオンズクラブ発展のためには欠かせない研修です。若い優秀な人材を養成することは、我々ガバナーチームの使命であると認識しておりますので今期も継続していきたいと思っております。

ライオンズ紋章の2頭のライオンの横顔は過去と未来を見ています。これは伝統への誇りと未来への自信を表しています。私たちは先輩諸氏が築いてきた100年という伝統に敬意を払い、未来(次世代)につなげていかなければなりません。

 

主なアクション・プログラム

新グローバル・アクション・チーム(GAT)活動

今期から新たにグローバル奉仕チーム(GST)を加え、グローバル会員増強チーム(GMT)、グローバル指導力育成チーム(GLT)で「グローバル・アクション・チーム(GAT)」として始動します。

今期は、「家族および女性チーム(FWT)」と連携して効果的な活動を推進していきます。

会員増強・維持・エクステンション、指導力育成、家族及び女性会員の増強と指導力育成について、クラブ・ゾーン・リジョンの指導者を支援し、地区全体の意欲・喚起を促進します。

指導力育成の双方向型ラインの構築

リジョン・チェアパーソン(以下RCという)及びゾーン・チェアパーソン(以下ZCという)は、クラブとキャビネットを結びつける重要な役職です。

様々な情報や助言を「地区ガバナー→RC→ZC→クラブ会長」あるいは、その逆方向への流れを作ることにより、それぞれ主体的な指導力育成の双方向型ラインを構築します。

会長・ZC・RCと経由することにより、それぞれが知識や情報を得ることができると共に、コミュニケーションも活発になり、指導力育成にもつながります。

さらに地区キャビネットは、RC・ZCに対して、国際協会の指導力育成プログラムのセミナーやミーティングを開催し、これらを習得していただき、クラブ向上プロセス((CEP)などをクラブ会員へ伝えるミーティングを開催することで、当地区の人材育成を充実させていきます。

会員増強・維持とエクステンション

会員増強計画として各クラブ2名以上の会員の増強(純増)をしてください。

会員増強・エクステンション委員会はGMT・FWTと連携して、家族会員増強計画の促進、5人以上でクラブ支部が出来る支部制度も各クラブに浸透させ、女性を中心としたエクステンションの可能性のあるリジョン・ゾーンを探し、強力なバックアップをしてください。

四献(献血・献腎・献眼・骨髄移植)の分離

今期は、四献(献血・献腎・献眼・骨髄移植)の各委員会を分離し、それぞれを単独委員会として活動をしていただきます。

献血・献腎・献眼・骨髄移植は、未だに一般市民の理解が得られていない現状があります。

充実した啓蒙活動や推進活動をしていただくために以下の4つの委員会を設置します。

⒈ 献血推進委員会の設置

活動のPR方法を計画・立案し確実に実施してください。その上でまず委員全員が献血活動を体感してください。成分献血と400ml献血の推進の事業内容を企画・立案し活動してください。

⒉ 献腎・糖尿病教育推進委員会の設置

本委員会は、献腎活動及び糖尿病の教育を普及させる委員会です。腎バンク活動は神奈川県と山梨県では行政との連携について異なる部分がありますが、奉仕活動として取り組む想いには何等違いはありません。「登録者」の推進と、更に登録者が「提供者」になってもらえる方策を考え、PRに努めてください。

糖尿病教育推進は、国際協会のプログラムにもありますように、国内で約1,000万人程度の患者がいるといわれている糖尿病の教育を普及させ、各クラブ及びクラブ会員に啓蒙、啓発する方法を検討してください。

⒊ 献眼推進委員会の設置

本委員会は、活動の重要性と奉仕の感動を委員自身が認識するための努力を惜しむことなく「一人の方の角膜手術で二人の方に光を」をスローガンとして推し進めてください。

⒋ 骨髄移植推進委員会の設置

本委員会は、骨髄移植の正しい理解へ研究・検討し推進活動を実行してください。
委員会として、「登録者」の推進と、更に登録者が「提供者」になってもらえるかの方策を考え、PRに努めてください。

統一奉仕デー

今期より始まる新しい奉仕のフレームワーク(糖尿病・環境・視力・小児がん・飢餓・子どもと青少年)のいずれかに重点を置くか、または地域で従前より実施している奉仕に取り組んでください。

実施日:10月1日(日)

※諸般の事情により、やむを得ない場合は10月末までに実施してください。
クラブ会員だけでなく、地域の方々や他の奉仕団体と連携した奉仕活動を期待いたします。

アクティビティこそライオンズクラブの奉仕活動の特色とするところであり、我々のモットーとしている「We Serve (われわれは奉仕する)」である所以でもあります。ライオンズクラブは、地域において先導的役割を担う活動をめざし、クラブ会員がライオンズクラブ国際協会の一員であることに誇りを持ち、奉仕の心を持つ地域の人々を新たな会員として迎える良い機会にしてください。

国際会長方針、国際理事会通達についても、各クラブにご理解をいただきながら、330-B地区として推進を図ってまいります。

カテゴリー: NEWS

第4回キャビネット会議開催

 

 6月1日(木)、横浜ロイヤルパークホテルにおいて第4回キャビネット会議が開会された。  井出 孝地区ガバナーは「皆様のご支援、ご協力でキャビネット会議、祈願式、開所式、ガバナー公式訪問、第63回年次大会代議員会、大会式典そしてライオンズクラブ100周年を記念して、シカゴ日本庭園の修復事業等、すべて無事に終了できました」と慌ただしい1年を振り返えり謝辞を述べキャビネット会議は始まった。斉藤良治キャビネット幹事は、キャビネット事務局が賃借している進交会館ビルが来年1月に解体するので事務局移転の為「プロジェクトチーム」を立ち上げる事を報じたのち幹事報告に入り、シカゴ国際大会の日程、4月末現在330-B地区の会員数は4,499名等の現勢、4月末累計35準地区中第3位であるLCIF献金(額$461,460)、横浜神奈川東LCに神奈川浜クラブ、川崎富士見LCにレスキューの2支部が誕生した事を報告した。大津順一キャビネット会計による会計報告、感謝状、アワード贈呈式、FDI修了証授与式、各リジョンのRCとZC及び各委員長による活動報告がされた。次に次期キャビネットが井出ガバナーより紹介され、濱田 徹地区ガバナーエレクトが登壇し、エレクト就任の挨拶後渡辺幸範次期キャビネット幹事予定者と亀井真司次期キャビネット会計予定者を紹介した。  石原英司次期第1副地区ガバナー予定者の閉会の挨拶後、今期1年を労う慰労会が和やかに行われた。

取材:PR・情報副委員長 L中井 弘明   撮影: 〃 L近野 照彦

横須賀東ライオンズクラブ結成45周年記念式典開催

5月27日(土)17時30分からセントラルホテルで開催された。地元の諸団体より16名のご来賓とライオンズ関係約150名計160数名の出席者で行われた。大竹 良会長は「多くのメンバーにご出席をいただき感謝です。メンバー数が最多時の約半分になりましたが、地元の人やメンバーの協力により、継続事業を行っており、感謝しております。来る50年、60年を目指し今後共メンバーの増強を図り活動します」と述べた。ご来賓や伏見 龍元国際理事、井出 孝地区ガバナー、桜井孝一元330複合地区ガバナー協議会議長の祝辞に続き、下記のアクティビティが紹介された。

○社会福祉法人 横須賀市社会福祉協議会金一封

○社会福祉法人 誠心会  金一封

○横須賀児童スポーツ連盟 テント一式

○社会福祉法人 横浜いのちの電話 金一封

○LCIF献金         献金

18時45分から祝宴に入り、ラッキーカードには多くの賞品が用意され、手をつないで「また会う日まで」を斉唱しお開きとなった。式典の前の15時から、三笠埠頭より約1時間の横須賀港・軍港クルーズ(貸切)が行われた。5月27日は、日露戦争でバルチック艦隊を破った記念日でもあり、戦艦三笠は多くの見学者で賑わっていた。

取材:PR・情報委員 L細谷  修 撮影: 〃 副委員長 L中井 弘明