車椅子利用者江の島見学会

10月6日(金)午前9時から、藤沢市江の島において藤沢湘南ライオンズクラブ主催の「車椅子利用者江の島見学会」が開催された。

車椅子を利用する高齢者等をけん引ロープや福祉車両を用いて江の島の頂上まで案内するもので、今年で10回目を迎えた。

今回の申込者は、藤沢市内の特別養護老人ホーム等の施設利用者と公募の一般参加者合わせて15名。スタッフは8R内各クラブメンバーの他、東洋大学のボランティアの学生などが参加した。

2時間ほどかけて順次車椅子を利用者ごと頂上に上げていき、11時半過ぎには全員を江の島頂上へ案内した。頂上ではそれぞれがサムエル・コッキング苑内を散策、展望灯台シーキャンドルを上り、各所で記念撮影をするなどして満喫した。また、江島神社の宮司によるお祓い式も行われ、参加者の健康と長寿を祈念した。

参加者の方で、以前このアクティビティに参加したことにより、閉じこもりがちだったのが開放的な考えに変化してきたように感じている、と述べていました。


式典挨拶の中で濵田徹地区ガバナーは「素晴らしいアクティビティで私も毎年参加している。今後も是非継続して欲しい」と称賛した。最後は藤沢湘南LCの小澤亮太会長がお礼の挨拶をし、式典を締めくくった。

取材・撮影:PR・情報委員
L田邊平一

カテゴリー: NEWS

統一奉仕デー 横浜あおばライオンズクラブ

横浜あおばライオンズクラブでは、10月1日(日)13時から15時まで、ボーイスカウト横浜第130団の子どもたちと関係者にも協力をいただき、東急田園都市線たまプラーザ駅改札前と駅北口の3ヶ所にて、九州北部豪雨災害支援の募金活動を行いました。子どもたちの熱心な呼びかけもあり、多くの方々が募金をしてくださいました。

3R-3Z 横浜あおばライオンズクラブ 会長 L後藤 斉由

統一奉仕デー 山北ライオンズクラブ

10月1日(日)午前8時より、中川温泉や丹沢湖周辺の観光資源化に取り組む「みつまたの里づくり実行委員会」と共同で、当クラブが2011年より植樹してきた「みつまた(和紙の原料)」周辺の草刈整備作業を4か所に分かれて実施しました。

6R-2Z 山北ライオンズクラブ 幹事 L佐藤光男

統一奉仕デー 逗子葉山ライオンズクラブ

我クラブでは去る10月1日、葉山長柄バス停から葉山トンネルまでの幹線道路、約1㎞の清掃を行うべく秋の空高く風も涼しい午前9時に清掃を開始した。作業を始めてみると吸い殻などのゴミはあまりなく、目立つのは歩道や縁石、排水溝近くにはびこっている雑草だ。

それらを取りはじめてみると、手にしたゴミ袋はあっという間にいっぱいになり、結局ゴミ袋を2つ3つ手に抱えながら先へ先へと雑草を取り除いていくこととなった。
歩道のアスファルトの隙間に生えている雑草は簡単には抜けない、側溝横の雑草も溜まった土が固まってしまい、引き抜くには力いっぱい引っ張らなければならなかった。腰を屈めた窮屈な姿勢で力仕事をするので、30分もすると額から汗が流れ、背中は汗でびっしょり、おまけに腰まで痛くなる。それでも皆黙々と歩道の草を取っては袋に入れ、草に付着していた土を叩き落し、箒で掃きながら進んでいく。

幹線道路でありながら歩道の幅は広くなったり狭くなったりしている。

普段気にする事もなかったが、歩道横の林から伸びた雑草や木の枝は雨が降るとその重みで垂れ下がり、歩くのに邪魔になるだけでなく、狭い歩道で雨の中、人とすれ違うとなれば、横は頻繁に車が行き交う幹線道路、車道にはみ出せば事故につながりかねないと、垂れ下がった枝を鎌で切り払う作業も加わった。

2時間が経過したころには全身汗びっしょりで身体もクタクタになってきたが、通りすがりの人に「ありがとう」とか「ご苦労様です」とか声を掛けられ、元気を出して頑張り続けた。目的地辺りまで作業を進めていくと、雑草が生い茂っている場所が目に入った。もう勘弁してくれと、思わずため息をつくと、ひとりのメンバーが四つん這いになって草を抜き始めた。他の人たちも手を休めることなく働いている。すると一人が、「もうダメだと思ったところから頑張るのが本当の頑張りなんだ」と呟くのが聞こえた。そう言われれば、やめるわけにはいかないと、元気を振り絞ってさらに頑張り続け、なんとか目的の場所まできれいにし終えることができた。

考えてみると、様々なアクティビティを通じて社会に奉仕するのがLCだが、こうしたアクティビティを汗水たらして行っていると、メンバーの魅力に惹きつけられ、自己の研鑽にも繋がっていくことが実感された。
これからも奉仕の精神のもと、我クラブの活動に従事していきたいと思う。

逗子葉山LC 会長 L半澤  剛

統一奉仕デー 8R-2Z合同

今期の統一奉仕デーは、茅ヶ崎海岸サザンビーチにおいて海岸清掃を行いました。当日は良い天候にも恵まれ、朝8時から8R-2Zの4クラブ(茅ヶ崎グリーンライオンズクラブ・寒川ライオンズクラブ・湘南茅ヶ崎ライオンズクラブ・茅ヶ崎オーシャンライオンズクラブ)のメンバーの参加により、《美しい浜辺を残したい》との願いを込めて海岸清掃を行い、心地よい汗を流し、地球環境に根ざした活動をいたしました。

8R-2ZC L福原 美代子

11リジョンガバナー公式訪問合同例会・小会議

11R小会議・合同例会は、913日(水)山梨県下八ツ岳山麓の南アルプス市ブライダルホール魚覚で行われた。 

会議はクラブの奉仕活動の情報を共有できる数少ない機会であり、現況の報告を受けながら知見を広めて地区発展に尽くしたいと思った。各クラブ会長の解説・テーマが具体的でやさしい。共通点は会員相互の信頼と尊厳、誇りを表現していて、胸に沁みる。

増強について、11Rでは、1Z、2Zが抱えるバックグランドが対照的なため切迫感に温度差がある。1Zのクラブは会員数30名~97名であるのに対し、2Zのクラブは限界・絶滅集落といえる14名〜21名で、人口減等の環境の激変に対応する工夫が必要である。会員勧奨のために、青・壮・老の各チームを構成し、同世代の友人、知人をクラブ主催の同好会に招待するなど手を尽くしているが、根気が必要。“怯まず”通年活動を実践していく。

仕活動の報告では、各クラブの活動が、献血、福祉、少年育成、環境と多岐にわたっていると同時に、15年~50年継続されていることに驚く。特に献血奉仕はクラブ結成以来40~50年、先輩のレガシーに敬意を表する。近年は薬物乱用防止教室にクラブ講師が活躍。フードバンク支援、高校生の就職活動支援として模擬面接官派遣など、適宜に奉仕活動を行うエネルギッシュなメンバーに脱帽した。 

退会防止としては、「友愛と奉仕」の精神と地域社会の称賛が誇りになる。メンバーの美点を認め合う相互理解、夫婦同伴例会、四季の節目に移動例会や懇親会を開催し、胸襟を開いて話し合うことで、共通の話題や中身の濃いコミュニケーションを図り、連帯意識を育てることが退会防止の一助となる。

取材:PR・情報 委員 L渡邊 久   撮影:PR・情報 副委員長 L齋藤 一三