横浜ライオンズクラブ結成65周年記念式典盛大に開催

横浜ライオンズクラブは東京ライオンズクラブのスポンサーで1952年8月15日にチャーターナイトを挙行し、日本のライオンズクラブでは2番目のクラブとして産声を上げた。

10月20日(金)、横浜ロイヤルパークホテルにて結成65周年記念式典が盛会に開催され、岩手県大船渡市戸田公明市長、学校法人フェリス女学院鈴木佳秀学院長、公益財団法人アイメイト協会塩屋隆男理事長、ライオンズ関係からは中村泰久国際理事、山浦晟暉LC代表国連薬物担当大使・元国際理事、伏見 龍元国際理事、大石 誠LCIF東日本エリアコーディネーター、田中 明330複合地区ガバナー協議会議長、濵田 徹地区ガバナー始め、B地区元地区ガバナー・名誉顧問、第1・第2副地区ガバナー、複合地区委員長・副委員長・委員、東京ライオンズクラブ、神戸ライオンズクラブ、大阪ライオンズクラブ、京都ライオンズクラブ、甲府ライオンズクラブ、小田原ライオンズクラブ、川崎ライオンズクラブのメンバー、そして地区役員、あたかも330複合の年次大会を思わせる292名のライオンズクラブの要人がお祝いに駆けつけた。

登壇した木元 太第66代会長は、結成以来横浜ライオンズクラブを育ててくれた東京ライオンズクラブを始め関係各位の皆様、そしてクラブの先輩の方々に謝辞を述べ、創始クラブとして伝統を守り、結成以来連綿と奉仕活動を行っている事例として、ここ数年はフェリス女学院大学のご協力を得て、東日本大震災復興支援並びに青少年育成のための「大
船渡市赤崎中学校での合唱指導」等の奉仕活動を紹介した。素晴らしいライオンズクラブの組織の中で、横浜ライオンズクラブは70周年、80周年に向けメンバー一堂奉仕活動を邁進していくと力強く抱負を語った。  続いてスポンサークラブである東京LCに感謝状が贈呈され、風間敏英会長から祝辞があった。

来賓の祝辞が続き、内田吉則結成65周年実行委員長が記念事業を紹介し、各事業関係者が謝辞と活動内容について発表した。 ①東日本大震災復興支援事業(岩手県大船渡市) ②青少年育成支援事業(学校法人フェリス女学院) ③盲導犬育成支援事業(公益財団法人アイメイト協会) ④熊本地震復興支援事業 ⑤ライオンズクラブ国際協会本部 日本庭園改修事業  その後、幹事報告を経ておごそかで心が引き締まる第1部の記念セレモニーは終会した。

第2部の記念講演は“「あの時」〜東日本大震災から〜”と題して、戸田大船渡市長が講演。大震災当時何をするにも人手が足りない。食料、水が無い、トイレも無い、医薬品も不足、お風呂にも入れないと悲惨な状況に打ちひしがれた思いなど、大地震と大津波に遭遇した体験談と横浜ライオンズクラブ他地区ライオンズクラブの復興支援に謝辞を語る講演となった。

 

 

第3部の祝宴は、井出 孝前地区ガバナーの乾杯の発声で開宴。和やかな雰囲気の中で会食、アトラクションで登場したフェリス女学院大学音楽部生の華麗なミニコンサートは会場の聴衆を魅了し、19時に閉宴した。

取材:撮影 PR・情報副委員長 L 中井 弘明

 

 

 

 

 

 

 

 

 

濵田ガバナー 会議の成功とオール山梨のクラブ発展を願い 武田神社で祈願・参拝!

初秋を感じる9月13日(水)午前、濵田 徹地区ガバナー率いるキャビネット5役とオール山梨を代表し山田栄一10RC、田辺幸平10RC-1ZC、小林 誠10RC-2ZCが山梨でのガバナー公式訪問・合同例会を前に、会議の成功とオール山梨のクラブ発展、メンバーの御健勝を願い、武田神社・佐々木高仁宮司(竜王ライオンズクラブ)で祈願・参拝を行った。午後には、11Rのガバナー公式訪問・合同例会に臨み、和やかな懇親会を行い1日目を無事終了した。

取材:PR・情報副委員長 L齋藤 一三

統一奉仕デー 甲府中央LC・甲府富士LC合同

10月1日(日)毎年恒例の甲府市役所周辺清掃。最近は市民の意識が高まったせいだろうか落ちているゴミも少なくなった。今年は甲府中央ライオンズと合同で公園花壇の清掃を行った。来春花の咲くころが待ちどおしい。

10R-2Z 甲府富士ライオンズクラブ L小林 誠

「薬物乱用防止教育認定講師養成講座」開催された

10月16日(月)横浜情報文化センター6F情文ホールにおいて、「薬物乱用防止教育認定講師養成講座」が110名の出席で開催された。

まず、濵田 徹地区ガバナーが「4献と同じように力を入れていきたい活動」と挨拶され、続いて薬物乱用防止教育委員会委員長・谷川 亘Lの挨拶があった。その後、基礎・医学・専門講座が開講された。

基礎講座では「身近に潜む薬物乱用」のDVDを、医学講座では土浦環LCメンバーの医学博士・万本盛三Lの解説で、「薬物乱用による心身への影響について」のDVDを視聴した。

専門講座では、神奈川県警察本部薬物銃器対策課の志水佳比古薬物捜査伝承官による「薬物犯罪の現状と対策」についての話を伺った。まず、違法薬物にはどんなものがあるか、また、その乱用者の実態、薬物の有害性と危険性についての説明があり、薬物乱用の危険は、一度手を出してしまうと抜け出せない負の連鎖にはまり、家族をも不幸にしてしまうことにあると強調された。また、薬物乱用による犯罪をなくすには、検挙・教育・法律が防止につながるという話があった。

実践講座の題目「『薬物乱用防止教室』を始めよう」は、松田 宣L(相模原シティLC)が教室開催や講師としてのノウハウと課題についての話と認定講師となってからの体験談が語られた。その後質疑応答があり公財)麻薬・覚せい剤防止センターの企画部長 加藤康樹氏の講評をいただき、閉会した。

取材・撮影:PR・情報副委員長 中井 弘明

 

次世代リーダーシップセミナー開催

10月17日(火)13時よりキャビネット事務局3階にて、次世代リーダーシップセミナーを開催した。濱野雅司330複合地区GLTコーディネーターL.濱野 雅司(岩槻LC)を講師に招き、濵田 徹地区ガバナー、石原第1副地区ガバナー、山本第2副地区ガバナー、地区(特別)リーダーシップ研究会の新海和夫Lと嶋村 裕二Lが出席され、小笠原政憲地区GLTコーディネーターが司会進行を務めた。

最初に濵田ガバナーの挨拶があり、受講者は四つのグループに分かれてスタディー&レクチャーを受けた。

「リーダーシップとは、共通の目標達成に向け、人々に行動と努力を促すことである」とリーダーシップの基礎をプロジェクターを使って濱野講師が説明し、効果的なリーダーの5つの行動として、

①現状打破に挑む

②ビジョンを共有する

③行動できる環境をつくる

④自ら模範を示す

⑤心から励ます

を挙げた。そこで、まず全員参加で自分の指導力評価をして、グループ別に話し合い、結論を出すのではなく各々の行動・指針を出し合った。

続いて、小笠原地区GLTコーディネーターが「目標設定」について解説し、目標設定の優先順位付けと計画手順、活動計画等をワークシートで確認して行くことを具体的に話した。また、濱野講師より「会員の動機付け」についてアブラハム・マスローの欲求階層説やダグラス・マグレガーの「X理論とY理論」を学び、ロールプレイングで受講者の意識がより高まっていった。

最後に、濵田ガバナーが14名の受講者一人ひとりに修了証書を手渡し、総括を山本第2副ガバナーが、終わりの挨拶を石原第1副地区ガバナーが延べ、有意義なセミナーにできたことに労いの言葉を込めて17時に閉会した。

取材:PR・情報委員長 L金子 顕  撮影:PR・情報副委員長 L近野 照彦

 

第2回キャビネット会議に向けて第2回RCZC委員長会議開催

10月27日15時30分より、キャビネット事務局にて第2回RC会議が開催された。12名のRCが出席し、濵田 徹ガバナーより「公式訪問も終わり、小会議で話し合った事を念頭におき、今後活動をしていきたい。今日は、RC皆様の忌憚のないご意見をいただきたい。会員増強とLCIFへの拠出は、今後共お願いしたい」と挨拶し、石原英司第1副地区ガバナー、山本直正第2副地区ガバナーの挨拶後、第2回キャビネット会議(11月9日)に提出する下記の議案審議を行った。

第1号議案;第64回地区年次大会、代議員会の件

第2号議案:次期地区ガバナー、第1および第2副地区ガバナー選出の件

第3号議案:地区ガバナー、次期第1および第2副地区ガバナー選出規定の付則の件

第4号議案:キャビネット事務局移転費用予算申請の件

その他として、OSEALフォーラムガバナーナイト(目標参加数300名で後20名)、第2回キャビネット会議RC報告(発表は5分以内)、12月10日アガワル国際会長公式訪問(目標参加数60名)について説明があった。最後に世界、日本、当地区のメンバー数の分析の報告があり、閉会となった。

撮影:PR・情報副委員長 近野 照彦  取材:PR・情報委員 細谷 修