MyLCIへサインインしようとすると、画面が真っ白になってしまう場合の対処法

注目

ここ数日で、「MyLCI」正確には、「会員ポータル」へサインインしようとすると、ページのタイトルは「Member Portal」となるのに、画面は真っ白になってしまうという現象が多く発生しています。

この症状が出た場合、以下の方法で回避可能です。

キャッシュとクッキー(Cookie)をクリアする
キャッシュとクッキー(Cookie)は、Web閲覧が素早く快適に利用できるように、1度表示したことのあるページやデータを一時的にブラウザで保存するものです。

何らかの要因で、国際協会のシステムとローカルに保存されている情報に問題が起きているようです。以下の方法でクリアしてみてください。

各ブラウザでのキャッシュとクッキーの削除方法は各ページの説明を参照してください。

  1. Chrome (推奨ブラウザ)
  2. Safari(MacOS, iPad/iPhoneの既定ブラウザ)
  3. Internet Explorer (サポートが切れているので使わないでください)
  4. Edge

 

カテゴリー: NEWS

4リジョン ガバナー公式訪問・小会議

9月9日(水)、カルッツかわさきにて4リジョンガバナー公式訪問・小会議が執り行われた。今年は、コロナ禍の中、ソーシャルディスタンスを保ちつつ例年にないマスク着用。会長、幹事、会計が3部屋に分かれての質疑応答となった。

会議に先立ちクラブ3役全員に対して、吉本晴夫地区ガバナーより、今期も新型コロナの影響で例年のような活動ができない状態が続いている。今期は特にWEB活用元年と位置付け、各クラブWEB会議を積極的に活用してほしい旨要請があった。

会長編

クラブで新入会員セミナーを行っているかという質問については、形式的には行っていないが、例会の中でスポンサーを中心にメンバーで協力して分からないことを教えていくという意見がもっとも多く、それに対してライオンズ用語や制度や名称の変更等が上手く伝わらないなどの問題も浮上した。その中で新入会員用のガイドブックを活用しているクラブもあり、今後の新入会員への対応のヒントも飛び出した。

次に、地区会費3ヵ月減免をクラブ会費や活動に反映させているかという質疑では、上手く反映できていないという意見が続いたが、ガバナーからなぜ地区会費を減免したのか、会費減免に対する熱い動機が語られると、その気持ちに応えるように、このガバナーの話を持ち帰り、節約された会費の使い道を理事会で再考したいという声が会長たちから上がった。

限られた時間の中、質疑はこの2点のみに絞られたが形式にとらわれない今回の会議のスタイルは、まさに吉本ガバナーの言うピンチは変化のチャンスを体現する素晴らしいものとなった。

キャビネット副幹事 L佐藤 文哉(川崎多摩川LC)

幹事編

クラブ幹事会議では、亀井第1副地区ガバナーより「ライオンズクラブはもっとダイナミックな活動であるべきだが、COVID19の影響で困難を極めている。皆の力を合わせてこの難局を乗り越えたい」と力強い挨拶があり、また岡 美佐子キャビネット幹事からは「実際に顔を合わせて小会議を行うのは貴重な機会なので、有意義なものとしたい」と話があった。

小会議ではメンバー以外の事務局員がいるクラブでは、幹事が不慣れでも事務局員がフォローすることにより勉強しながら幹事の仕事を覚えることができ、また、事務局員がいないクラブではベテランメンバーが積極的に幹事をフォローしているとの意見があった。

WEB会議については「開催にいまだ敷居が高い」「理事会、例会の出席率が高いので必要性を感じない」などの意見もあった。

アクティビティについては例年通り開催を予定しているも、相手先のCOVID19に対する事情等で打合せ段階のままとなっている案件が多い状態だった。

約1時間強の会議は終始活発な意見交換が行われ、亀井第1副ガバナーの総括をもって終了した。

4R-1ZS L髙橋信司(川崎LC)

会計編

14時30分より、クラブ会計小会議は中澤一浩第2副地区ガバナー、大澤玲子キャビネット会計ご臨席のもと、谷井弘樹キャビネット運営委員会副委員長の司会で開会した。
小会議では中澤第2副ガバナーが「今期スタートに当たり330-B地区全盛時のメンバー数9200名より現在は3900名に減少しているのでそれに見合った組織にした。ご理解と同時にご協力の程よろしくお願いします」と挨拶された。

続いて議事に入り、事前に各クラブより提出いただいた質問事項について、大澤キャビネット会計より各クラブに対して項目ごとにヒアリングが行われた。

年会費、会費の徴収間隔、入会金の有無、事業費が会費の一部に設定されているか・いないか、会費の減額余地の有無、地区会費の3ヶ月減免の実施をクラブ会費に反映させているかどうか等が話し合われた。

最後に大澤キャビネット会計より、各クラブの会計監査の実施状況を確認したところ、4リジョンの12クラブ中、監査を実施している、していないが半々であった。

総括の中で、中澤第2副ガバナーより、従来の型にはまったクラブではなく、少人数でも特色のあるクラブはそれを活かし、このコロナ禍ではWEBを活用した活動を積極的に推し進めてほしいとの話があった。

15時50分、小会議・クラブ会計の部は無事終了した。

4R-1Z 川崎橘LC幹事 L附田 德志

発信 地区ニュース委員会

写真はこちらをクリックしてください。

1リジョン 公式訪問小会議・合同例会・歓迎夕食会

1リジョン「吉本晴夫ガバナー公式訪問合同例会・小会議」が、9月10日(木)横浜ベイホテル東急で開催された。

新型コロナウイルス禍にある今期のガバナー公式訪問において合同例会と懇親会が催されたのは1リジョンのみで、会場の横浜ベイホテル東急と連携し、3密を避けた万全の対策をとって実施。16時からの小会議は、会長・幹事・会計が大会場でついたてを挟んでそれぞれに同時開催された。

【小会議】

会長編
「会長編」では、1リジョン・チェアパーソンの今井清治ファシリテータにより、主に二点に絞られて進行していった。
Q.クラブで新入会員セミナーを実施していますか?
→19クラブのうち4クラブのみが実施。しかし、クラブ独自の実施事例もあった。
Q.地区会費の3カ月減免をクラブ会費に反映させていますか?
→各クラブともいろいろ予定しているようだ。吉本ガバナーは「減免は特例であり有効に活用していただきたい。また、スマイル誌には地区情報を掲載しているので、ぜひお目通しいただきたい。」として閉会した。

会計編
大澤玲子キャビネット会計から各クラブからの回答書の内容を確認。
主たる確認事項
1 ガバナーの英断ともいえる地区会費減免の使途について
ガバナーの強い数字能力を駆使し、一人当たり3カ月分の地区会費の減免数値を算出(山本直正前地区ガバナー期に実施できなかった年次大会の拠出金と運営費で賄った)。
→1リジョン19の全クラブがクラブ費に反映しないと回答
*運営費不足分(退会者あり)・アクティビティ・周年事業とする予定
2 クラブ会計報告:年1回・半年に1回・例会ごとに報告
3 事務局費:合同事務局で節約、事務局員はクラブメンバーが兼任する等
*WEB会議を取り入れていく方向で家賃削減
4 クラブ費に対する事業費の割合:様々な回答

第1部【合同例会】

小会議後は18時から同会場で「合同例会」が開催された。コロナ禍の影響を受けて、ガバナー公式訪問の中止が相次ぐ中で、担当委員会では模索しながらも開催にこぎつけた。

1リジョンは例年だと300名前後のメンバーが参集するが、会長・幹事・会計・新入会員等に限定され、約127名の参加者であった。当然3密を考慮して簡素化してプログラムが進行された。

吉本ガバナーは挨拶の中で、3本の柱
1 組織の見直しと活性化→委員会の人数削減・女性委員長の登用を積極的に!
2 予算のスリム化→クラブ運営が厳しい折クラブへ還元するお金を捻出!(意義ある活用を望む)
3 IT化の推進 →オンラインへの挑戦、クラブで積極的に導入をしてほしい!

また、「1リジョンは330–B地区のリーダー的存在で、これからの活躍に期待したい。コロナ禍で中止が相次ぐ中で、公式訪問でお会いできてうれしい…」と語った。

第2部【歓迎夕食会】

合同例会に引き続き同会場で「歓迎夕食会」が開催された。亀井真司第1副地区ガバナーの挨拶に続き、中澤一浩第2副地区ガバナーの乾杯で歓迎夕食会に入った。

開始にあたり、司会から3密の諸注意があり、静かなムードでの食事・歓談となったが、「席は“ソーシャルディスタンス”ライオンズは“心は濃厚接触”」の挨拶に支えられて、時間とともに和やかな雰囲気になった。

最後に「また会う日まで」を、通常は全員で手をつなぎ斉唱するが省略され、音楽のみで歌は心の中で歌った。ライオンズロアーも声を発せずアクションのみで行った。

参加者は久しぶりの再会に喜び、「やはり顔を合わせて懇親したいよね。」との声が聴こえてきた。

会場を後にするときに、一人ひとりに色とりどりの鉢植えのお花(アザレア)が配布され、参加者の顔に笑みが浮かんだ。

取材・撮影:地区ニュース委員会補佐 L近野 照彦

取材:地区ニュース委員 L笠原 光子

発信 地区ニュース委員会

写真はこちらをクリックしてください。

カテゴリー: NEWS

6リジョン ガバナー公式訪問WEB小会議

会長編

9月11日(金)6リジョンのWEB小会議が開催された。6リジョンは13クラブあるが、伊豆大島を除く12クラブの各会長が様々な場所より一つの画面に収まった。

吉本晴夫地区ガバナ-の挨拶から始まり、アクティビティの見直し、メンバ-数の減少に伴い役員数、委員会数を減らしたこと、あるいは女性メンバ-の活躍の場を増やすことについて等、熱く語っていただいた。

その後、「新入会員へのオリエンテ-ションについて」をテ-マに、各会長へ現在の状況や意見を述べてもらった。

入会式より前にクラブ会長経験者などが、ライオンズの歴史や用語説明等4つのテ-マで4名の講師となり、2時間程しっかりオリエンテ-ションを行っているクラブや、あるクラブは、例会を利用して「新入会員セミナ-例会」を行っているとのこと。あるいは、特にかしこまった時間は作らず、食事等の席で説明しているクラブもあり、その対応は様々だった。

ある会長より、新入会員にライオンズ用語説明をする際、「ドネ-ションとは、幸せの御裾分け」と説明すると分かりやすいと言っていたのが印象的だった。

幹事編

亀井真司第1副地区ガバナ-より「オンライン会議も慣れてくると味があって悪くない。困難な時期だが、共にガバナ-を支えて行きましょう!」と力強い挨拶の後、岡 美佐子キャビネット幹事の進行にて幹事会議が始まった。

最初に、事務局員の有無とマンスリ-レポ-トの報告の方法についての質問があった。
6リジョンの参加12クラブ中、1クラブを除いて事務局員とクラブ3役が協力してマンスリ-に報告している。1クラブのみ事務局員がいないが工夫をして毎月報告しているとのこと。6リジョンは事務局員の雇用については、ほぼ問題ない様子。

国際協会WEBサイトのクラブ幹事の情報を確認しているか?の問いには、知っているが見ていないか、見たが熟読していないとの意見が大半で、岡幹事より「ぜひよく読んでほしい」と呼びかけがあった。

最後に各クラブにおけるWEB会議の導入について意見を求めると、必要と思い導入検討をしているとの意見が多数派で、メンバ-の高齢化と、そもそも広い会場で行っているため考えていないとの意見も少数ではあるがあった。

さらに、ある幹事から「メンバ-でオンライン飲み会をやってみたが、全員近所でエリアが狭いため、会った方が早いとなった」との経験談も飛び出し、一同苦笑いだった。

会計編

中澤一浩第2副地区ガバナ-の挨拶にて「私が甲府に居ながらにして、この様に多数の皆様にお話しできるのがオンライン会議の良いところ」とこの会議の有意義な部分を地理的な感覚で説明されたのが響いた。

そして、大澤玲子キャビネット会計から各クラブ会計へ地区会費の3ヶ月免除のクラブ内への周知と、その反映の仕方についての質問があった。

ほとんどのクラブはメンバ-への周知を行っているが、その分の使い道は検討中との意見だった。クラブ会費を減額して今期をスタ-トしているクラブもあるが、通常どおり予算を組んで様子を見ながら運営しているクラブが多かった。ただ参加者一同地区会費の免除には感謝しているとのこと。

続いて、予算の中間・期末決算および会計監査報告は行っているか?については「年1回のみの決算・会計監査」を行っているというのが2クラブ、その他10クラブは「中間は決算のみ・期末に決算と会計監査」を行っていた。

今回のWEB小会議の経験を、そもそも丹沢湖・芦ノ湖・伊豆大島とエリアが広い6リジョンの行事に活かしていきたいと強く感じた2時間半である。

取材・撮影:地区ニュ-ス委員 L秋山隆一郎

発信 地区ニュース委員会

写真はこちらをクリックしてください。

カテゴリー: NEWS

統一奉仕デーに先駆け、美化キャンペーンを実施 大磯ライオンズクラブ

9月20日(日)、大磯海岸周辺の美化キャンペーンを実施。

大磯ライオンズクラブは、10月4日(日)の統一奉仕デーに先駆け、毎年9月にアクテビティの一環として美化キャンペーンを開催しております。今年も9月20日(日)に、大磯海岸の清掃とそこに流れ込む、鴫立沢周辺の清掃を行いました。

当日は、クラブメンバーはもとより、大磯ボーイ・ガールスカウトの皆さんと保護者・商工会青年部の皆さんにもご協力をいただき、総勢80名で、コロナ感染拡大防止に努めながら、朝8時から2時間ほど清掃活動を行いました。

今後も当クラブでは多くの団体と親交を深めながら、地域の奉仕活動に取り組んでまいります。

7R-2Z大磯LC 会長 L柳田 直継

発信 地区ニュース委員会

写真はこちらをクリックしてください。