第63回地区年次大会 代議員会開催

2017年4月7日(金)に大磯プリンスホテルにおいて、第63回年次大会代議員会が開催され、2017~2018年度の330-B地区ガバナー、第一副地区、第二副地区ガバナーを選出する選挙が行われようとしていた。大会議長の井出孝地区ガバナーによる議事進行が行われた。まずは、資格審査委員長より今期330-B地区の会員数は4,537名であり、有資格代議員数455名、出席代議員数413名であるとの報告があり、定足数の過半数の出席があり有効に成立することの報告があった。次に井出孝ガバナーより、次期地区ガバナー候補者に濱田徹L、次期第一副地区ガバナー候補者に石原英司L、次期第二副地区ガバナー候補者に山本直正Lを紹介し、指名選挙委員会委員長の神戸幸男Lより選出規定と選出方法並びに投票方法の説明があった。

次に、各立候補者の所信表明は、次期第二副地区ガバナー立候補者の山本直正Lは「自身のライオンズクラブへの考え方」を所信表明として語った。次に第一副地区ガバナー立候補者の石原英司Lは「330-B地区発展のために誠心誠意頑張りたい。」などと力強く語った。又、次期地区ガバナー立候補者の濱田徹Lは「39年ぶりの横須賀出身のガバナー」としての思いを精一杯語った。その後選挙となり、出席代議員は投票を粛々と行った。

投票結果報告を神戸指名選挙管理委員長より発表され、次期地区ガバナー信任投票として、投票総数413票、有効投票数402票、無効投票数11票、信任投票数395票、不信任投票数7票で濱田徹Lは地区ガバナーエレクトとして信任された。次に次期第一副地区ガバナー信任投票としては、投票総数413票、有効投票数406票、無効投票数7票、信任投票数399票、不信任投票数7票で石原英司Lは次期第一副地区ガバナー予定者として信任された。最後に次期第二副地区ガバナー信任投票としては、投票総数413票、有効投票数405票、無効投票数8票、信任投票数384票、不信任投票数21票で山本直正Lは次期第二副地区ガバナー予定者として信任された。各々票数が読み上げられると、会場に大きな拍手がそれぞれに沸き起こった。

ここで改めて資格審査委員長より、この時点の出席代議員数335名であるとの報告があった。次に議事運営委員長のは、第63回地区年次大会議事規則を審議し満場一致で採択されたことを報告されたので、議案集をご参照いただきたい旨の説明がされた。これにより議案審議事項について審議された。詳しくはスマイル誌5・6月号をご覧ください。

PR・情報委員会 L渡辺 博士

 

 

 

YCEで来日したタイからの女子大生をホストする 逗子葉山ライオンズクラブ

 タイからYCEで来日した女子大生2人、通称カヌーンさんとピームさんが去る4月1日~20日までホストファミリーとして、逗子市小坪在住の木田佳子さんと戸井田幸子さんに引き受けてもらえたので、我がライオンズクラブは、海と山、緑に恵まれた三浦半島、逗子葉山、さらに横浜を案内して、日本の良さを知ってもらうことに努めた。

 まず、彼らを連れて5日に三崎のハマチ解体工場を見学。九州や四国の養殖地から生きたまま船で運ばれてきたハマチは、三崎港で陸揚げ、活締めにされ、最後は三枚におろされた状態になって出荷される。こうした一連の作業を間近で見学した彼女たちは、タイでもよく日本食レストランに行っているだけに、興味を惹かれ、ホストファミリーに戻った後、魚を三枚におろす作業を実地に体験したそうだ。

 10日には、午前に葉山町の山梨崇仁町長、午後には逗子市の平井竜一市長を表敬訪問し、懇談の後タイのライオンズクラブのバナーやメダルを手渡した。葉山町では、町議の笠原俊一Lの案内で、町議会場を見学した。

 続いて12日には、神奈川県議の近藤大輔Lの案内で、県議会及び県庁の要所を見学した。県議会場は、105名の議員を収容する広い議場の奥に傍聴席があるのや、議長席の前に質問者の立つ机が2つ置かれているのを興味深く眺めていた。特に昭和天皇が終戦後、神奈川県庁にお越しになった際に使われた貴賓室の豪華な格天井などを見上げ感銘を受けたようだった。

 招待主の330-B地区の年次大会が開催された15日には、参加者全員に紹介され、また引き続いての懇親パーティでは、井出孝ガバナーから親しく声をかけられ、感激しているのが傍で見ても分かった。

 こうした一連の滞在を終え、20日に成田空港から帰国したが、彼らの抱いた日本の印象は、清潔、人が親切で多い、歩くのが早いなどであった。彼女たちは黒っぽいダークグリーンの、タイのライオンズクラブマーク入り制服に身を包み、いつも礼儀正しく、またタイ式に胸の前で手の平を合わせて頭を下げ、「おはようございます」など覚えたての日本語を使うなど、随所に良家の子女であることが感じ取れ、我々も爽やかな印象を持つことができた。ホストファミリーは彼らの帰国後、寂しさを痛感しているとのことだ。

逗子葉山LC 会長 L菱沼国男

カテゴリー: NEWS

5月28日【第22回YES,愛DO!音楽祭】開演

日時:2017年5月28日(日)12時40分開演
会場:トッケイセキュリティ平塚総合体育館
出演団体:県立高浜高校吹奏楽部・シエロウインドシンフォニー
湘琉会・森本ジャズ体操教室・県立高浜高校手話コミュニケーション部
ソーレ平塚コーロピアチェーレ
進和学園とびっきりレインボーズ
入場無料ですので、是非皆様お越し下さい!!
7R-1Z 平塚なでしこライオンズクラブ
会長 池谷 正人

カテゴリー: NEWS

薬物乱用防止の取組 橫浜BayCityライオンズクラブ

 県内の少年野球大会では最大規模の210チームが出場する「横浜市小学生野球連盟大会」春季大会開会式が320日(サーティフォー保土ヶ谷球場)行われた。当クラブはこの大会を後援。父兄1,000人が見守る中、選手5000人は「ダメ・ゼッタイ」の「薬物乱用防止」ワッペンを帽子に貼り行進を行った。

横浜BayCityライオンズクラブ 会長 浅利 英昭