2リジョン ガバナー公式訪問合同例会・小会議

2Rの合同例会・小会議は、9月6日(木)に横浜市中区のロイヤルホールヨコハマで開催された。

先に行われた小会議には1Z~3Zの計16LCの3役が出席し、実行計画記入・報告書に基づきアクティビティ計画とクラブが抱えている問題について報告した。石原地区ガバナーは各クラブ会長の報告を受け、それぞれに質疑応答を行った。会員増強と維持のためにどのような取り組みをしているか、また新しいアクティビティの実施や現在ある計画等について中身の濃い意見交換をした。

押尾泰典2RSの司会で始まった合同例会には、2Rの3つのゾーンから230余名が参加。石原ガバナーは冒頭の挨拶で、「ラスベガスの国際大会で親しくなった西日本の4人のガバナーと友情を誓って別れた数日後に西日本の豪雨災害が発生した。8月3日には台風21号が関西を直撃し強風による災害が発生。そして、昨日は遅くなったので横浜のホテルに宿泊したが、今朝ホテルで北海道に震度7の地震が起きたことを知った。いまや災害は常に想定しておかなければいけないこと。ネットワークを構築して災害が発生したときに迅速に対応する。石原は災害発生時によくやってくれたと記憶に残るガバナーでありたい」と語った。今期の国際会長ならびに地区・活動方針についての説明では、石原ガバナーは、会員増強、アクティビティの創出、LCIFへの協力を説き、今回合同例会に付随する新しい試みとして新入会員オリエンテーションを実施し、新人の例会参加を促したこと。ひとつの会場に集まらなくても会議ができるように、今後テレビ会議を取り入れていくことをマーケティング・コミュニケーション委員会に諮り、対応をお願いしたことなどを話された。

恒例のクラブ3役、新入会員・スポンサー等への記念品贈呈、続いてLCIF1,000ドルクラブ献金は、式次第に記載もれの横浜南LCほか4クラブが献金。MJF1,000ドル個人献金は9名で、星田信之2RCが代表して石原ガバナーに目録を贈呈し、ガバナーから感謝の意が伝えられた。 幹事報告、委員会からのお知らせがあり、合同例会第1部が終了。

懇親会では、今朝方3時08分に発生した北海道胆振東部地震を受け、各テーブルを回って義援金募金が行われた。集まった義援金は総額184,000円となり、被害が大きい厚真町などの被災地支援に充てられる。

取材・撮影:地区ニュース委員  L川津 雅彦

発信:地区ニュース委員会

ガバナー公式訪問合同例会・小会議始まる

第54代330-B地区ガバナーに就任した石原英司ガバナーの地区内13のリジョンを巡る公式訪問が8月21日(火)の9リジョンを皮切りに始まった。小会議・合同例会の各リジョン取材の前に、今期のガバナー活動方針について紹介する。

合同例会で石原英司地区ガバナーは、「今期の活動方針を説明いたします。
ガバナーテーマ:『Take action』(行動しよう)
サブテーマ:新たなる奉仕への挑戦
としました。

●『Take action』
2016年度はライオンズクラブ100周年を迎え、世界中でお祝いをした1年でした。
昨年はセカンドセンチュリー、次なる100年を見据えた国際協会は様々な方針を示し、本年はその方針に則り行動する年となり、その意味で『Take action』(行動しよう)としました。

●新たなる奉仕への挑戦
オンリーワンのクラブ、オンリーワンの奉仕とは…。地域に特化したクラブ独自の特色を持った奉仕活動、特にクラブ内に活力を生み出し、クラブメンバーが自慢できるアクティビティを一つ立ち上げていただくことが最も重要な事と考えます。そのアクティビティを実践することでクラブに活力が生まれ、メンバー同士の意識が高まり、会員増強へと結びつきます。もちろんリテンションに繋がります」とテーマとサブテーマを丁寧に解説した。

次に、「ライオンズの基本は、メンバー皆様とクラブが中心です。奉仕はライオンズクラブと社会の大きな接点です。クラブ会員一人ひとりがそれを創り上げていきます。クラブ会員こそがライオンズの原点です。

皆様は、ライオンズクラブに入会するにあたり、地域で困っている人たちや行政の光が届かない人々のために奉仕活動をしようと会費を払い、貴重な浄財を提供し、入会された方々だと思います。その皆様は、新入会員であろうと、地区役員、さらにはガバナーであっても、上下の区別なく、一緒に奉仕する仲間なのです。もちろん、今日までご苦労された先輩ライオンの労を労い、人として尊敬の念を持って、共に活動していきたいと考えています。

9R公式訪問合同例会

1R公式訪問合同例会

ある国際会長の言葉があります。
『Not above you, Not beneath you, But with you』(ライオンズは私もあなたもみんな一緒)

私も同じ思いで地区運営を行います。そんな思いから、今期ガバナーピンは1種類です。ぜひご理解いただきたいと思います」と地区運営の方針を話すなかで、メンバーに対する思いを力説した。

そして、
1.会員増強…各クラブ3名以上
2.女性会員を含む家族会員の増強、支部づくり 20支部
3.家族会員はクラブのアクティビティに積極的に参加願う
4.会員増強目標 600名を目指しています
と今期の目標を掲げた。

スペシャリティクラブの結成について
「同じ趣味や考え方などが一緒の人たちで作るクラブのこと(たとえば、ゴルフ、サッカー、野球などスポーツを通して集まった仲間など)。このスペシャリティクラブを1〜2クラブ結成することを目指します」
楽しい例会づくりについて
「『Your Club Your Way』(あなたのクラブは、あなたのクラブのやり方で) メンバー皆さんが楽しんでいただける例会運営にチャレンジしましょう!」と各クラブメンバーの皆様と会長にご協力をお願いした。

LCIFについて
「LCIFキャンペーン100(ワンハンドレッド)。各クラブ全員1年間(2月28日まで)100ドル献金目標でお願いします。MJF1,000ドル献金もよろしくお願いしたい。今期はLCIFキャンペーンのRCにはリジョン・コーディネーター、ZCにはゾーン・コーディネーターとしてご協力お願いします。クラブではクラブLCIFコーディネーターにもご活躍をお願いいたします。
会員増強や寄付のお願いの目的は、目の不自由な人たちのため、小児がんで苦しんでいる子どもたちのため、飢餓貧困で苦しんでいる人たちのため、生まれつき糖尿病で苦しんでいる子どもたちのため、子どもたちの未来の環境を守るため等の支援に人の力と資金が必要だからです」と協力要請した。

取材:地区二ユース副委員長 L中井 弘明

発信:地区ニュース委員会

9リジョン ガバナー公式訪問合同例会・小会議

残暑厳しい8月21日(火)鎌倉プリンスホテルにおいて、石原英司第54代地区ガバナー公式訪問合同例会・小会議が9Rからスタートした。合同例会に先立ち、小会議が13時30分より行われた。

出席者はキャビネットより石原ガバナーを筆頭に山本直正第1副地区ガバナー、吉本晴夫第2副地区ガバナー、平賀新也キャビネット幹事、村松滝夫キャビネット会計、加藤清和9R-RC、高木田鶴子9R-1ZC、根岸孝幸9R-2ZC及び1Z・2Zの計11クラブの会長、幹事、会計であった。

小会議は前半1Zの7クラブ、後半2Zの4クラブで、事前に各クラブから送付されたクラブ実行計画記入・報告書の回答を参考に、ガバナーとクラブ3役が15分を目安に質疑応答を行った。

初めに、石原ガバナーより今期の目標として、メンバーの3名増、女性、家族会員を増やす、メンバー全員の$100献金、支部増設を行うことの説明があった。

各クラブ共通の課題として、会員維持・増強が上手くいかない問題に直面しており、大勢のメンバーが参加してくれる楽しい例会作りを目指して努力するも、なかなかうまくいかない現実を抱えていることが再度確認された。

石原ガバナーより会員増強のために、新しい魅力あるアクティビティの掘り起こし、一つのアクティビティに特化するのも「Take action」の考え方であり、各クラブで努力してほしい旨のお願いがあり、活気ある意見交換がなされた小会議は無事に終了した。

続いて17時30分から合同例会が開催された。加藤RCを先頭にして石原ガバナー他キャビネット役員が満場の拍手の中、入場。合同例会は式次第に基づいて厳粛に進行し、石原ガバナーは国際会長方針と地区活動方針をガバナーテーマ「Take action」~新たな奉仕への挑戦~に則り、丁寧に、時には熱く語られた。その後、新入会員、LCIF$1000献金者へ記念品が石原ガバナーより感謝を込めて贈られ、定刻通りに閉会した。

懇親会は大勢の出席者の中、濵田徹前地区ガバナーの歓迎の挨拶で和やかに始まった。石原ガバナーは、1回目のガバナー公式訪問ということもあり、小会議・合同例会では少し緊張した表情をされていたが、加藤RCの乾杯の挨拶の頃には、いつもの優しい表情に戻られていた。楽しい時間もあっという間に過ぎ、「また会う日まで」を会場いっぱいに円陣を組みながら斉唱し、9Rガバナー公式訪問は終了した。

取材・撮影:地区ニュース 委員 渡邊郡司

発信 地区ニュース委員会

12リジョン ガバナー公式訪問合同例会・小会議


12リジョンのガバナー公式訪問が、8月25日(土)に山梨県富士吉田市のハイランドリゾートホテル&スパで行われた。合同例会に先立ち小会議が開かれ、石原英司地区ガバナーとクラブ三役との意見交換が活発に行われた。冒頭、新たに発足したグローバル・アクション・チームについて、加藤紹大GST副委員長が説明した。

会議では事前に提出されたクラブ実行計画の①アクティビティに関する中長期計画と②会員増強に関する中長期計画について各クラブの会長が説明し、これに対して石原ガバナーからの質問や助言などが行われた。

3時間に及ぶ長い会議だったが、総括で石原ガバナーは「今日の会議で各クラブの実情がよく解かったと思う。参考にできる事は今後の活動に生かしてほしい。また、新しい活力を生む奉仕活動を一つ始めてほしい。既に取組んでいるところは、さらに活発に進めてほしい」と
話した。また、LCIFの寄付金にも触れ、「今回だけでなく積み立てできるので2月末までに一人100ドルの献金を全クラブにお願いしたい。また、MJFの1,000ドルについてもご協力いただきたい。今期一年間で1クラブ5,000ドル以上になると、15%がクラブシェアリングとして返金され、事業費として使用できる」と補足された。

合同例会では、グドラン・ビョート・イングバドター国際会長の方針が映像で紹介された。石原ガバナーは、挨拶で地区運営の基本方針を力強く説明した。

その後、歓迎懇親会が開催され、会場内は終始和やかなムードに包まれていた。

取材・撮影:地区ニュース副委員長 L渡辺 和之

発信 地区ニュース委員会

11リジョンガバナー公式訪問合同例会・小会議

11R小会議・合同例会は、913日(水)山梨県下八ツ岳山麓の南アルプス市ブライダルホール魚覚で行われた。 

会議はクラブの奉仕活動の情報を共有できる数少ない機会であり、現況の報告を受けながら知見を広めて地区発展に尽くしたいと思った。各クラブ会長の解説・テーマが具体的でやさしい。共通点は会員相互の信頼と尊厳、誇りを表現していて、胸に沁みる。

増強について、11Rでは、1Z、2Zが抱えるバックグランドが対照的なため切迫感に温度差がある。1Zのクラブは会員数30名~97名であるのに対し、2Zのクラブは限界・絶滅集落といえる14名〜21名で、人口減等の環境の激変に対応する工夫が必要である。会員勧奨のために、青・壮・老の各チームを構成し、同世代の友人、知人をクラブ主催の同好会に招待するなど手を尽くしているが、根気が必要。“怯まず”通年活動を実践していく。

仕活動の報告では、各クラブの活動が、献血、福祉、少年育成、環境と多岐にわたっていると同時に、15年~50年継続されていることに驚く。特に献血奉仕はクラブ結成以来40~50年、先輩のレガシーに敬意を表する。近年は薬物乱用防止教室にクラブ講師が活躍。フードバンク支援、高校生の就職活動支援として模擬面接官派遣など、適宜に奉仕活動を行うエネルギッシュなメンバーに脱帽した。 

退会防止としては、「友愛と奉仕」の精神と地域社会の称賛が誇りになる。メンバーの美点を認め合う相互理解、夫婦同伴例会、四季の節目に移動例会や懇親会を開催し、胸襟を開いて話し合うことで、共通の話題や中身の濃いコミュニケーションを図り、連帯意識を育てることが退会防止の一助となる。

取材:PR・情報 委員 L渡邊 久   撮影:PR・情報 副委員長 L齋藤 一三

2Rガバナー公式訪問合同例会及び小会議開催

9月5日(火)横浜・中華街にあるロイヤルホールヨコハマにおいて、濵田 徹地区ガバナーによる2R公式訪問合同例会・小会議が行われた。

小会議はキャビネットから濵田ガバナー、石原英司第1副地区ガバナー、山本直正第2副地区ガバナー、渡辺幸範キャビネット幹事、亀井真司キャビネット会計が出席し、2R-1Z〜3Zの17クラブが会の活動状況や運営について濵田ガバナーに報告した。

具体的な活動事例としては、小中学校にて「薬物乱用防止講習会」の実施(横浜南ライオンズクラブ)所在する西区行政に対して「虫の音を聞く会」提灯万灯寄贈、区民祭り協賛、少年ソフトボールや剣道の後援(横浜ふじライオンズクラブ)など。各クラブの取り組みについて、濵田ガバナーと有意義な意見交換が交わされた。

合同例会は、管 友晴1ZCの挨拶とゴングで開会し、田中ひろ子2RCが「横浜へようこそ。ガバナーのテーマ『友愛・協調』を冠とし、私たちは奉仕の進化とより掘り下げた深化にチャレンジしてまいります」と歓迎の挨拶でお迎えした。

登壇した濵田ガバナーは、ナレシュ・アガワル国際会長のビデオメッセージを流し、ナレシュ国際会長に代わって、今期の活動方針「We Serve」(われわれは奉仕する)について説明後、濵田ガバナーのテーマ『友愛・協調』〜奉仕に向けて 新たな船出〜について、価値観の異なる会員一人ひとりが友愛の精神でお互いを尊重し、協調し結束して奉仕していくことの大切さを説き、四献活動(献血・献眼・献腎・骨髄移植)事業の理解と浸透について力を合わせていきましょうと訴えた。

次に石原第1副ガバナー、山本第2副ガバナーの挨拶があり、続いて、濵田ガバナーと各クラブとの記念品相互贈呈、新入会員22名とスポンサーの紹介、新入会員用ラぺル・ピンの贈呈などが行われ、合同例会は閉会となった。

第2部の懇親会は、濵田ガバナーを囲み終始和やかな様子で親交を深めた。

取材・撮影:PR・情報副委員長 L中井 弘明