11リジョンガバナー公式訪問合同例会・小会議

11R小会議・合同例会は、913日(水)山梨県下八ツ岳山麓の南アルプス市ブライダルホール魚覚で行われた。 

会議はクラブの奉仕活動の情報を共有できる数少ない機会であり、現況の報告を受けながら知見を広めて地区発展に尽くしたいと思った。各クラブ会長の解説・テーマが具体的でやさしい。共通点は会員相互の信頼と尊厳、誇りを表現していて、胸に沁みる。

増強について、11Rでは、1Z、2Zが抱えるバックグランドが対照的なため切迫感に温度差がある。1Zのクラブは会員数30名~97名であるのに対し、2Zのクラブは限界・絶滅集落といえる14名〜21名で、人口減等の環境の激変に対応する工夫が必要である。会員勧奨のために、青・壮・老の各チームを構成し、同世代の友人、知人をクラブ主催の同好会に招待するなど手を尽くしているが、根気が必要。“怯まず”通年活動を実践していく。

仕活動の報告では、各クラブの活動が、献血、福祉、少年育成、環境と多岐にわたっていると同時に、15年~50年継続されていることに驚く。特に献血奉仕はクラブ結成以来40~50年、先輩のレガシーに敬意を表する。近年は薬物乱用防止教室にクラブ講師が活躍。フードバンク支援、高校生の就職活動支援として模擬面接官派遣など、適宜に奉仕活動を行うエネルギッシュなメンバーに脱帽した。 

退会防止としては、「友愛と奉仕」の精神と地域社会の称賛が誇りになる。メンバーの美点を認め合う相互理解、夫婦同伴例会、四季の節目に移動例会や懇親会を開催し、胸襟を開いて話し合うことで、共通の話題や中身の濃いコミュニケーションを図り、連帯意識を育てることが退会防止の一助となる。

取材:PR・情報 委員 L渡邊 久   撮影:PR・情報 副委員長 L齋藤 一三

2Rガバナー公式訪問合同例会及び小会議開催

9月5日(火)横浜・中華街にあるロイヤルホールヨコハマにおいて、濵田 徹地区ガバナーによる2R公式訪問合同例会・小会議が行われた。

小会議はキャビネットから濵田ガバナー、石原英司第1副地区ガバナー、山本直正第2副地区ガバナー、渡辺幸範キャビネット幹事、亀井真司キャビネット会計が出席し、2R-1Z〜3Zの17クラブが会の活動状況や運営について濵田ガバナーに報告した。

具体的な活動事例としては、小中学校にて「薬物乱用防止講習会」の実施(横浜南ライオンズクラブ)所在する西区行政に対して「虫の音を聞く会」提灯万灯寄贈、区民祭り協賛、少年ソフトボールや剣道の後援(横浜ふじライオンズクラブ)など。各クラブの取り組みについて、濵田ガバナーと有意義な意見交換が交わされた。

合同例会は、管 友晴1ZCの挨拶とゴングで開会し、田中ひろ子2RCが「横浜へようこそ。ガバナーのテーマ『友愛・協調』を冠とし、私たちは奉仕の進化とより掘り下げた深化にチャレンジしてまいります」と歓迎の挨拶でお迎えした。

登壇した濵田ガバナーは、ナレシュ・アガワル国際会長のビデオメッセージを流し、ナレシュ国際会長に代わって、今期の活動方針「We Serve」(われわれは奉仕する)について説明後、濵田ガバナーのテーマ『友愛・協調』〜奉仕に向けて 新たな船出〜について、価値観の異なる会員一人ひとりが友愛の精神でお互いを尊重し、協調し結束して奉仕していくことの大切さを説き、四献活動(献血・献眼・献腎・骨髄移植)事業の理解と浸透について力を合わせていきましょうと訴えた。

次に石原第1副ガバナー、山本第2副ガバナーの挨拶があり、続いて、濵田ガバナーと各クラブとの記念品相互贈呈、新入会員22名とスポンサーの紹介、新入会員用ラぺル・ピンの贈呈などが行われ、合同例会は閉会となった。

第2部の懇親会は、濵田ガバナーを囲み終始和やかな様子で親交を深めた。

取材・撮影:PR・情報副委員長 L中井 弘明

13Rガバナー公式訪問合同例会及び小会議開催

9月8日(金)14時から13R公式訪問合同例会・小会議が相模原市内のホテルラポール千寿閣で行われた。

小会議においては、濵田 徹地区ガバナー挨拶「友愛と協調」の説明があった。また、幹事報告、会計報告、委員会報告があった。

各クラブの会長、幹事、会計から濵田ガバナーの質問の発表があり、各クラブ1Z・2Z・3Zの回答書に対する質疑応答と活発な意見交換が行われた。最後に、濵田ガバナーから総括のお言葉があり、問題なく閉会となった。

30分の休憩後、17時20分から合同例会に入り、濵田ガバナーの挨拶、各クラブへの記念品贈呈及び各クラブから記念品贈呈があった。新入会員入会式、LCIF献金の贈呈、1,000ドル献金者記念品贈呈と続き、18時50分の閉会ゴングで閉会した。

懇親会は石原英司第1副地区ガバナー、山本直正第2副地区ガバナーの挨拶、そして会食、懇談。ライオンズ・ローアは渡辺幸範キャビネット幹事が、亀井真司キャビネット会計のリードで「また会う日まで」を合唱した。とてもなごやかな例会だった。

取材:PR・情報委員 L土田  宏

9Rガバナー公式訪問合同例会及び小会議開催

8月22日(火)の7Rを最初に開催された濵田 徹地区ガバナー公式訪問の最終回が、地元9Rで9月29日(金)にセントラルホテルにて行われた。メンバー数204名中、約160数名の出席となり、大いに盛り上がった。濵田ガバナーも地元でもあり、リラックスし漲る元気さを感じさせた。

合同例会の前に9R11クラブのクラブ3役との小会議が開催された。11クラブの大まかな様子は下記の通り。

○メンバー数減少に歯止めが掛からず、各クラブとも色々な方法で会員増強に努力をしている。

○長い継続アクティビティは、メンバー数が減少したからと言って止める訳にいかず、費用の捻出で苦労している例が多々あった。

○メンバー間の親睦を深める一助として、家族も含めた同好会(ゴルフ、歩く会、旅行会、カラオケ等)の活動が活発化し始めた。

○2次会は、例会だけではなく委員会、理事会、アクティビティの反省会など、メンバー同士の交流の機会を増やすクラブが増えた。
合同例会では、大竹 良9RCの歓迎の挨拶に続き、濵田ガバナーが挨拶と所信を述べた。

最初にナレッシュ・アガワル国際会長のDVDを放映した後に「四献活動をもっと世間一般に認知させたい。また330-B地区は、女性会員が35準地区中34番目に少なく、会員増強を各クラブ最低2名は行って欲しい。公式訪問が終わったので、これからは皆さんのご意見を参考にして活動していきたい」と締めた。

新入会員15名に濵田ガバナーよりバッチがつけられ、LCIF献金は、9R全体で3クラブ、226名より計4万5千ドル強となった。

懇親会ではラッキーカードが行われ、最後に手を取り合って大きな輪になって「また会う日まで」を歌い、お開きとなった。

撮影:PR・情報副委員長 L近野 照彦
取材:PR・情報委員 L細谷 修

1Rガバナー公式訪問合同例会及び小会議開催

9月28日(木)ローズホテル横浜において12時45分より濵田 徹地区ガバナーのもと、小会議が前半3Z・4Z、後半1Z・2Zで行われた。

事前に各クラブより回答された公式訪問小会議質問事項について各クラブ会長・幹事・会計の方々より説明がなされた後、濵田ガバナーを含め質疑応答という形態で会議が進められた。

濵田ガバナーの統括は、3Z・4Zでは、3Zメンバー20名以下4Zメンバーは20名以上の構成であり、会員拡大の重要性並びにアクティビティを集中して行っているクラブが多く都市型クラブになっていると述べた。

1Z・2Zでは、この地域は伝統のあるクラブから4年目のクラブと多種多様であるが、一桁のメンバーのクラブがあるので運営上、是非10名以上希望すると述べられ活発な意見交換が行われ小会議が終了した。

続いて17時30分より石尾ひとみ1RCの先導で、濵田ガバナー他キャビネットの方々が1Rメンバーの歓迎の拍手の中入場し、合同例会が開始された。冒頭ナレシュ・アガワル国際会長のテーマ「We Serve」の方針をプロジェクターで披露され、濵田ガバナーより、海に囲まれた横須賀出身であることから330-B地区を一艘の船に見立て、〜奉仕に向けて新たな船出〜のもと、本年のバッジは船を正面から見たデザインにしたと説明がなされた。そしてガバナーテーマの「友愛・協調」による本年度の活動方針が熱く語られた。その後式次第に沿い今井清治3ZC閉会の挨拶ゴングで合同例会が終了した。

お腹も減った19時10分より歓迎夕食会が笠井政記1ZC開演の挨拶、石原英司第1副地区ガバナー挨拶、山本直正第2副地区ガバナーの乾杯でようやく開催された。夕食会はジャズ演奏を聴きながら、濵田ガバナー並びに他のクラブとの交流が至る所で始まった。多いに盛り上がり各メンバーの素晴らしい懇親の機会になり無事終了した。

取材:PR・情 報 委 員  L清宮 延光
撮影:PR・情報副委員長 L近野 照彦

6Rガバナー公式訪問合同例会及び小会議開催

9月22日(金)箱根湯本富士屋ホテルにおいて、6Rガバナー公式訪問合同例会が開催された。

合同例会開会前に、濵田 徹地区ガバナーをはじめ多くのキャビネット役員の方々と6R内13クラブのクラブ3役が出席して小会議が行われた。

今年度の小会議は濵田ガバナーをはじめキャビネット役員の方々がクラブ3役を拍手で温かく迎え入れてくださり、濵田ガバナーのお人柄を感じられる一幕があった。この小会議の冒頭濵田ガバナーは「ガバナーに就任して3か月が経過し、残りの9か月もこの330-B地区の為に尽力したい。その為にも今日は忌憚のない意見を頂戴したい」と挨拶された。小会議の中ではガバナーと各クラブ3役との活発な質疑応答がなされ、濵田ガバナーからは各クラブに対し丁寧に質問をされ、声かけをされていた。

引き続き6R内各クラブメンバー出席のもと合同例会が開かれ、濵田ガバナーの「330-B地区の為に微力ながら頑張りたい!」と熱い思いが各クラブの全メンバーへと届けられた。また、今期は12名の新入会員を迎えることができ、濵田ガバナーからバッジを付けてもらい、メンバーとしての第一歩を踏み出した。今後の活躍を大いに期待したいところである。更に330-B地区の会員状況にも触れ、女性会員を増やすのが大きな目標だとメンバーの奮起を促していた。

その後の懇親会の席は長時間の会議後にもかかわらず、富士屋ホテルの大きな会場が一杯になるほどの会員で盛り上がり、濵田ガバナーと各クラブメンバーとの交流を図り、懇親を深めることができた。最後にメンバー全員で「また会う日まで」を歌い、盛況のうちに懇親会も閉宴となった。

取材:PR・情 報 委 員  L 高橋 克実
撮影:PR・情報副委員長 L熊澤  悟