2リジョン ガバナー公式訪問WEB小会議

9月7日(月)2リジョンはライオンズクラブ国際協会330‐B地区第56代吉本晴夫ガバナー公式訪問を盛大に開催すべく準備を進めていたが、新型コロナウイルス(COVID-19)感染防止と周囲の環境を考え中止し、吉本ガバナーを中心に各クラブ会長、代表者によるWEB小会議(30名参加)開催のみとなった。

会議の冒頭、吉本ガバナーより国際会長と国際理事の全員留任説明があり、続いて、国際会長テーマ『We Serve』〜思いやりと多様性で結束する〜、ガバナーテーマ『思いやりと気配りでWe Serve』〜一歩前へ進もう 絆の奉仕〜について説明していただいた。

議題に入り、各クラブで新入会員セミナーを実施していますか?の問いに、いくつかのクラブは「ゲスト参加の時に説明している」「入会2、3ヵ月の新入会員に質問の場を用意している」とのことだったが、大半は「形式的にはやっていないが、入会前に説明している」と答えるクラブが多かった。

司会者である吉本ガバナーは「ある例から3年未満の退会者が多いといわれている。思いやりの心を持って支えていくことが大切」とまとめた。

次の議題は地区会費を減免しますが、クラブ運営に反映されていますか?

あるクラブの会長は「会費の減額はクラブに帰って検討する(食事会計や会費を減らしていく)」と回答。また、「会費を下げれば新入会員が入りやすくなる」と言った前向きの意見も多く聞かれた。

続いて、吉本ガバナーのまとめの中でコロナ禍の異常な時に何か月も何もしないのではなく、ITを駆使し、スマートフォンやタブレット、パソコンなどを利用してどこでもできる例会も選択肢の一つではとの意見で締めくくった。

亀井真司第1副地区ガバナーより「今はコロナで本当に異常です。メンバーの中には高齢の方も多くいます。その方々を含め健康が一番大切です」との言葉をいただき、最後に中澤一浩第2副地区ガバナーより「今はコロナ禍で大変な時です。月2回の1回をWEB例会、1回を通常例会でやってみるのも出席率向上につながるでは」と参考意見をいただいて閉会となった。

今回の取材で吉本ガバナーをはじめ役員の皆さん各クラブ会長さんの前向きな姿をパソコンの画面から見せていただき、今後の奉仕活動にプラスさせていただきます。

取材:地区ニュース委員   L恒藤 公明

撮影:地区ニュース補佐 L近野 照彦

発信 地区ニュース委員会

10リジョン・ガバナー公式訪問WEB小会議

Pestilence(ペストティレンス)、疫病の事ではあるが、その昔、ペストがネズミを媒介して数多くの死傷者を出したように、細菌とウイルスの違いはあるが、COVID-19、俗称新型コロナウイルス感染症も人類の中で爆発的に流行している。人間を媒介とするこの感染症の怖い所は体力的に弱い者を大いにいじめ、大いに苦しめ、さらには死にまで追いやる疫病で、大概は老人が犠牲になってしまう。

矍鑠悠然(かくしゃくゆうぜん)。そんな時代が来ることを期待して、私と似たように基礎疾患を持つ禿頭赭顔(こうとうしゃがん)の渋柿親父は、人との接触を極度に嫌って、定例会にすら出席することに躊躇するメンバーにとって、今回のWEB会議は、大いに歓迎されたに違いない。

8月27日(木)、第56代330-B地区吉本晴夫ガバナーの10リジョン公式小会議がリモート形式で開かれた。

10Rの会員数284名(令和2年6月末現在)11リジョン、12リジョン合わせても853名、クラブ総数29クラブ、人口比率の違いはあるが、神奈川県の3,037名の会員数と比較すると、その約3割程度にしか過ぎず、いかに過疎に瀕したクラブを何とか維持しているのが現状で、各クラブは会員増強にやっきとなってメンバーを増やそうとしている現況に突きあたっていた。今回のWEB会議で少しでもその糸口が開かれることを期待していたクラブ執行部も少なからずいたことは確かで、その分、集中度が増していた。

今回のWEB会議で、吉本ガバナーは『思いやりと気配りでWe Serve』~一歩前へ進もう 絆の奉仕~をガバナーテーマとし、「奉仕はライオンズクラブと地域の大きな接点であり、クラブ会員一人ひとりがそれを創り上げなければならない。社会環境の変化に適したクラブ運営には経験豊富な古老の会員と新しいクラブ会員の連携が不可欠であり、会員増強の意義と重要性を理解しなければならない」と述べた。吉本ガバナーはさらに女性会員増強の必要性を説き「女性会員をクラブに迎えることでクラブの活性化が成り立ち、将来的には330-B地区に女性ガバナーを誕生させるべく、今期のキャビネット幹事と会計は女性会員を登用した」と女性登用の道標を築いていることを強調された。

クラブ会員こそが「ライオンズ」そのものであり、そこに女性メンバーファーストを取り入れた吉本ガバナーの原点を伺い知れたような気がしたのは身勝手な憶測かも知れないが、そこに今期のガバナーの意気込みが感じられた。

吉本ガバナーは、組織の見直しにも触れられていた。地区キャビネットの組織のコンパクト化の指針として、現有委員会の委員数を減らし、地区委員会の委員長は複合委員会における副委員長を兼務させた旨も報告され、各リジョンからの委員選出の地域間格差の是正に努める旨の組織改革も報告された。

今回、別途、新型コロナ対策として、上期キャビネット会費3カ月分減免を打ち出したことも、各クラブへの特別な配慮と思われ、一時的とは言え、会員減で財政の厳しいクラブの窮状を救済した処置だと推察された。

リジョン統合、ゾーン併合にも議題はのぼり、この統合、併合は今回の10リジョンでは困難であろう旨の発言が相次いだ。ただ、ゾーン間の併合には一部興味を示していたクラブもあったが、吉本ガバナーからのクラブ間の優位性の有無が提示され、この案は持ち越しとされた。その他、会員の高齢化の問題も議論されたが、会員数減少が過多な現状、若い会員の招聘が難しい窮状を踏まえれば無理のない状況かも知れない。どのクラブも形骸化したクラブ運営の改革をしてはいるが著しい成果は見られず、現在に至っている現実は、何か糸口を見つける方策を伺いたいものであろう。

私のように贖罪意識からライオンズクラブに入会した人間にとって、唯一クラブの定例会で見知った顔や言動に触れることが楽しみな人間は、それに伴う社会奉仕活動を有意義なものと感じ、『思いやりと気配りでWe Serve』をメインテーマにした「和」(なごみ)に似たガバナーテーマは、クラブ運営の基本の緩和が伺われ、会員減少の歯止めになるのではないかと云う安易な期待と希望に満ちたテーマであるような錯覚さえ覚えた。

取材:地区ニュース委員 L深沢 哲

発信 地区ニュース委員会

 

5リジョン ガバナー公式訪問合同例会・小会議

9月30日(月)、川崎市中原区のホテル精養軒にて5Rのガバナー公式訪問が開催された。小会議では1Zの4クラブ、2Zの6クラブにわかれ、1時間強にわたりガバナー、キャビネット役員、クラブ3役がワークショップを行った。

冒頭山本直正地区ガバナーから、「本日は1.他クラブのアクティビティ訪問のすすめ、2.スペシャルティクラブをつくりましょう。劇的な変化は望まないが、少しずつ変化するライオンズクラブにしたい」との挨拶・提案があった。

その後、井田 渉キャビネット幹事が推進役となりワークショップは進んだ。

1については、他クラブのアクティビティへ積極的に出向いて自クラブにない何か新しいものを取り入れていこう。また、SNS・フェイスブックの利用を進める。キャビネットカレンダーにもアクティビティを追加していく。メンバー同士の情報交換、一般の方へのPRにつなげたい旨の提案があった。この提案には各クラブから異論はなかった。

2については、各ゾーンに職業・趣味・ライフステージ・文化等の共通点で結ばれたスペシャルティクラブを結成できないだろうか。たとえば、厚木マルベリーライオンズクラブからレスキュークラブが近隣にはある旨の提案があった。この提案には、理解はできるが自クラブの運営充実がまず大事である等の意見が強かった。

続いて、各クラブの現状発表があり、活発な意見交換が交わされた。

1Z・2Z合同例会では松原成文5RCのガバナー歓迎の言葉の後、山本ガバナーからジュンヨル・チョイ国際会長のメッセージがオーバーヘッドで映され、『あなたの奉仕にダイバーシティ(多様性)を』の概念が放映された。その後、山本ガバナーの『奉仕ファースト』~対話と創造~についてパワーポイントを使用して説明があった。その中で話された「良心を他人に与える。受けた人はまた誰かに良心を与える。その良心はいつか自分に帰って来る。」「奉仕は巡る」という考えは国際会長と一致しており、誰もが共感できるものであった。

そして、お待ちかねのガバナー歓迎パーティとなった。EMIダンスチーム、ぴろきさんのウクレレ漫談をはさみ、食事と歓談を楽しみ、最後には参加150名での「また会う日まで」合唱の後、ガバナー・キャビネット役員を拍手でお送りしてパーティはお開きとなった。

山本ガバナーにとってはB地区13リジョン最後の公式訪問であり、お膝元の訪問であったため安堵した一日でもあり、緊張した一日でもあったと思われる。

取材:地区ニュース委員 L澁谷  要
撮影:キャビネット副幹事 L小島 克己 (川崎中原LC)
L星野 光雄、L井上 俊夫 (ともに川崎白百合LC)

発信:地区ニュース委員会

写真はこちらをクリックしてください。

13リジョン ガバナー公式訪問合同例会・小会議

9月13日(金)ラポール千寿閣にて山本直正地区ガバナーを迎え、13リジョン公式訪問が開催された。13リジョンは前期ゾーン編成が行われ、3ゾーン11クラブから2ゾーン10クラブに再編された。

合同例会に先立ち直井 陽キャビネット副幹事の司会でゾーン別に小会議が開催された。

キャビネット役員紹介後、ファシリテーターを井田 渉キャビネット幹事が務め、ガバナーから『奉仕ファースト』〜対話と創造〜に込めた思いを伺った。

続いて「奉仕活動を基点としたクラブ活性化のために私たちができること」について各クラブ三役とディスカッションを行った。

「他クラブのアクティビティに参加しよう」

数年来の経済の低迷もあり、クラブ運営はメンバーの高齢化、退会による減少で逼迫されている。奉仕活動の縮小など、複数のクラブが同じ悩みを抱える一方、若い会員が多いクラブでは、活発な労力奉仕、アクティビティが行われている。

「スペシャルティクラブを作ろう」

ジュンイル・チョイ国際会長からの提案、新しいクラブ「スペシャルティクラブを作ろう」について、会員増強、退会防止、たくさんの活発な意見アイデアの交換が行われた。

会議の終わりに菱澤進光13RCが「クラブの活性化は難しい問題ですが、メンバーのコミュニケーションを図り、社会のために一人でも多くの新しいメンバーを増やそう」と総評された。

合同例会では、横倉良夫1ZCの開会ゴングで始まり、緊張気味の菱澤13RCの歓迎挨拶があった。役員紹介後、山本ガバナーからパワーポイントを使って『奉仕ファースト』についてテーマの説明、運営方針、国際会長からのメッセージが紹介された。

一連のセレモニーが進み、新入会員7名、LCIF献金者23名が紹介された。委員会の報告が終わり、第58回OSEALフォーラム広島大会のPR、事務局員さんへの労いの言葉があり、田中幸春2ZCの挨拶で閉会した。

会場を移動し、菱澤13RCの挨拶で引き続き懇親会が始まった。吉本春夫第1副地区ガバナー、亀井真司第2副地区ガバナーの挨拶に続き、阿部英明元地区ガバナーの乾杯で開宴。懇親会では、ガバナーを交えて各クラブが写真撮影、また相模原シティライオンズクラブ在籍の新相模原市長・本村賢太郎様との撮影で盛り上がった。

クラブPRでは、チャーターナイト、チャリティーコンサート等のイベント参加を呼びかけた。終焉に近づき、井田 渉キャビネット幹事、原 輝男キャビネット会計両名のウィサーブ・オーに次いで「また会う日まで」、北村勝一13RSの挨拶で閉宴となった。

光明歌集《発願》から

「授かりし境遇いさぎよく忍びはたす使命に光る身の上」(厳しく辛くとも与えられた試練と思い、素直に受け入れ、よく堪え、使命を果たすことで運命は光り輝く)

今日という日に感謝の気持ちを持ち続け、毎日の積み重ねの先に成長した己が逞しく輝いている様、精一杯頑張りましょう。

地区ニュース副委員長 L丸山 正浩

発信:地区ニュース委員会

写真はこちらをクリックしてください。

9リジョン ガバナー公式訪問合同例会・小会議

9月6日(金)横須賀セントラルホテルにおいて9リジョンのガバナー公式訪問合同例会・小会議が開催された。

小会議は山本直正地区ガバナーをはじめとするキャビネット役員、クラブ3役が出席し、1Z・2Zにわかれ14時と15時の2回執り行われた。

小会議で出た各クラブの問題点と意見や実施報告は以下の通り
【問題点】
・クラブメンバーの高齢化のため、例会の出席率が少ない。
・メンバー数が少ないので、キャビネット役員が出しづらい。
・若い人は仕事が忙しいので出席できない。
【意見・取り組み】
・メンバー数は少ないが他クラブと合同でいろいろなことができる。
・オリンピックに向け英語マップを作成。
・若いメンバーに「失敗しても大丈夫」と声かけをする。

前向きな意見も多く、よい意見交換ができた。

18時30分、山本ガバナー、吉本晴夫第1副地区ガバナー、亀井真司第2副地区ガバナー、濵田 徹元地区ガバナー・名誉顧問会議長、キャビネット役員たちが万雷の拍手の中入場し、開会の言葉とゴングで合同例会が始まった。

山本ガバナーはジュンヨル・チョイ国際会長の方針映像を流し説明した後で、今期ガバナーテーマの『奉仕ファースト』~対話と創造~について、社会は自分・友人・世人の三者で成り立ち、ライオンズクラブは三者を繋ぐ活動をしている。活動の場を広げ対話を増やすことで、結果、良心の連鎖が起きて邪心が追いやられる。多様性を受け入れ、他クラブの奉仕アクティビティに参加することはいずれ自分の力になるとプロジェクターを駆使して熱く語った。

LCIF献金者から山本ガバナーに目録贈呈、MJF献金者へバッジ贈呈、新入会員の紹介があり、山本ガバナーよりバッジを付けてもらった新会員13名。素晴らしい新ライオンの誕生に期待!

歓迎懇親会は半澤 剛9R-2ZCの開宴挨拶で始まり、地区役員紹介は織田俊美Lが行った。山本ガバナーの挨拶の後、乾杯は濵田元ガバナー。その後は、各メンバーで交流を図り、盛況のうち閉宴となった。

取材:地区ニュース委員 L山田 清子

撮影:地区ニュース副委員長 L近野 照彦

発信:地区ニュース委員会

写真はこちらをクリックしてください。

4リジョン ガバナー公式訪問合同例会・小会議

前日の猛暑日から一転、涼しい秋雨の日、9月18日㈬「山本直正地区ガバナー4リジョン公式訪問」が、川崎市の川崎日航ホテルにおいて開催された。

それに先立ち1Z、2Zの小会議が各1時間半ずつ行われた。ゾーン別の小会議では、キャビネットから山本直正地区ガバナーら役員が出席し、司会を勝俣圭司キャビネット副幹事が務め、4R幹事の「開会のことば」で開催された。

続いて、ファシリテーターを 井田渉キャビネット幹事が務め、ディスカッションテーマを「クラブ活性化のために私たちができること」として意見交換が活発に行われた。

そして、山本直正地区ガバナーからは、「スペシャリティクラブ」の結成と、「活性化しているクラブ」の要件として下記の8つを上げられ、この事を各自クラブに持ち帰って議論していただきたいとご提案いただいた。

・二人目以降家族会員を除く正会員が20名以上在籍している。
・地域で誇れる継続アクティビティがある。
・新しいアクティビティに挑戦計画がある。
・クラブのアクティビティやメンバーを地域で広報宣伝している。
・地域団体、NPOなど、共に奉仕をする協力組織を持つ。
・例会にゲストを招くことができる。
・準地区や複合地区を支えるメンバーを輩出している。
・積極的に活動するメンバーが10名以上いる。
・メンバーひとり当たりのLCIF献金額が100ドルを超えている。

総勢161名のメンバーが参加した、合同例会では各顧問のご挨拶の後、山本直正地区ガバナーによる「国際会長方針並びに330-B地区活動方針」の報告が行われた。国際会長の『We serve』をテーマにしたメッセージが上映され、続いてパワーポイントによる地区ガバナーの方針である『奉仕ファースト』~対話と創造~ を説明いただいた。善意の循環による奉仕の輪を広げることが重要で、それには対話と創造が必要であると訴えられた。

その後の懇親会では、終始和やかなムードで参加者同士が交流を深めて、最後に「また会う日まで」を斉唱して閉会した。

取材・撮影:地区ニュース委員会 L駒﨑 松男

発信:地区ニュース委員会

写真はこちらをクリックしてください。