330複合地区第64回年次大会 大会式典

5月19日(土)、330複合地区第64回年次大会式典の開会宣言が14時30分に細川孝雄A地区ガバナー・大会副会長より力強く行われた。

井上嘉一330-C地区元ガバナー・大会委員長より「3地区のメンバーが集まり、101年目の第1歩を踏み出した年の集大成の大会であり、『We Serve』のもと、ライオニズムの高揚をはかり、次期につなげる大切な大会であるので成功裏に運ぶよう協力をお願いしたい」との挨拶があった。

次に、田中 明C地区ガバナー・大会会長より「年次大会に来賓や多くのメンバーの方がさいたま市までおいでいただき厚く感謝申しあげる」と挨拶があった。「この1年3人のガバナーが心を一つに友愛と協調を想い互いに研鑽と努力を発揮してきた。これからのライオンズクラブは協調と連動を生み出し、無限の可能性、感動から感動、相互理解と感謝寛容の心を養ってもらいたい」と挨拶を結んだ。年次報告は田中大会会長の説明で、1年間の活動報告をスライドで上映した。

来賓の祝辞を上田清司埼玉県知事より頂戴し、「各都県より埼玉県においでくださいました。『ニーズがあるところに、ライオンズがいる』の言葉を体現するご活躍に深く敬意を表します。埼玉県は人々に夢や希望を与える地域として期待されている。そのためにはスポーツのビッグイベントの開催であり、2020オリンピック・パラリンピックは絶好の機会である。この大会の成功並びに地域の発展にライオンズクラブの支援をお願いしたい」と挨拶された。

続いて、清水勇人さいたま市長より祝辞を頂戴し、「さいたま市の発展は市内の各ライオンズクラブの皆様の奉仕の精神と実践を通じ、地域社会を献身的に支えてくださっているおかげ」と感謝の意が述べられた。中村泰久国際理事からは「地域社会が求めている奉仕活動、支援を必要としている方々にメンバーの力を集結し、奉仕活動を活性化させることがライオンズの誇りである。皆様には深甚なる敬意と感謝の念を申し上げる」と挨拶があった。山浦晟暉元国際理事は、3人のガバナーへの慰労の言葉と、アイスランド生まれの勤勉な人、女性初の国際会長グッドラン氏について話され、大変活躍されるだろうと挨拶をした。

大会記念講演は、スペシャルオリンピックス日本(SON)三井嬉子会長が行った。家族そろって無事に生きてこられた恩返しに、世の中のために何かしたいと思った時にSONを知り参加を決めた。SONは知的障害者(アスリート)のスポーツ大会であり、日本大会、また4年に1度は世界大会も開催される。アスリートはほとんどスポーツをしたことがなく、ボランティアのコーチに指導を受け競技に出場できるまでになる。大会の表彰台では順位だけでなく最後までやり抜いた事に対しメダルやリボンが全員にかけられる。スポーツを通じ、社会にはルールがある事をおぼえさせたり、またスポーツが彼ら自身の成長に繋がると信じられている。この運動に、ライオンズクラブが賛成してくれたことに対する感謝と今後の絶大なる支援をお願いし、講演を終えた。

取材:PR・情報副委員長 L齋藤 一三

 A・B・C地区ガバナーエレクト入場

B地区石原英司ガバナーエレクト入場

式典もクライマックス、大歓声とスタンディングオベーションの中、各地区ガバナーエレクトは白のタキシード姿で入場。今井文彦330-A地区ガバナーエレクトを先頭に東京巣鴨ライオンズクラブとそのゾーンのメンバー、次に石原英司330-B地区ガバナーエレクトと上野原ライオンズクラブと12Rの石原軍団、そして飯野健三330-C地区ガバナーエレクトと蓮田ライオンズクラブのメンバーとそのゾーンのメンバーが入場行進した。

登壇したA・B・Cの各ガバナーエレクトが紹介され、それぞれのエレクトが現地区ガバナーに遠慮をしながら、次期の志気とガバナーエレクトに信任いただいた謝辞を語った。

石原B地区ガバナーエレクトは、まずエレクトに信任していただいたB地区のメンバーに感謝の意を表し、勇壮に心の中に抱き持っている高志と決意を淡々と語った。

次期第1副地区ガバナー、第2副地区ガバナー予定者

次にA・B・Cの各地区ガバナーから次期第1副地区ガバナーが紹介された。A地区は伊賀保夫L(東京ピースライオンズクラブ)、B地区は山本直正L(川崎リバティライオンズクラブ)、C地区は島田佳宣L(秩父中央ライオンズクラブ)。次に次期第2副地区ガバナーが紹介され、A地区は進藤義夫L(東京世田谷ライオンズクラブ)、B地区は吉本晴夫L(藤沢中央ライオンズクラブ)、C地区は森川明治郎L(坂戸ライオンズクラブ)が紹介され各地区の重責を担う。

続いて田中 明大会会長(330複合地区ガバナー協議会議長)から次期の330複合地区議長は今井文彦330-A地区ガバナーエレクトに決定した事を発表、登壇した今井A地区ガバナーエレクトは330複合地区の発展に寄与しますと力強く語った。

大会記念アワード&懇親会

次に大会の記念アワードが発表され、優秀賞に、A地区ではアワード対象期間中に41名の純増(家族会員含む)、地区の会員増強に大きく貢献した東京ピースライオンズクラブが受賞、B地区から相模原シティライオンズクラブ、C地区から川越ライオンズクラブがそれぞれ受賞した。

アイディア賞はA地区のアワード対象期間中、中野区内の小・中学校19校を対象に19回薬物乱用防止教室を行うなど薬物乱用防止活動に大きく貢献した東京中野ライオンズクラブが受賞した。B地区からは富士吉田ライオンズクラブ、C地区からは行田ライオンズクラブがそれぞれ受賞した。

第3部の懇親会は17時より宴会場ロイヤルプリンセスに場を移して開宴。

A・B・C地区のメンバーが一堂に会する年に1回の大会懇親会は和やかな雰囲気の中で歓談、親睦を深めた。

大会テーマ「心・一つに」、〜新しい未来の創造と協調〜を大会スローガンに開催された330複合地区の第64回年次大会はその目的を果たして終会した。

取材・撮影:PR・情報副委員長 L中井 弘明
撮影:PR・情報副委員長 L近野 照彦

330複合地区第64回年次大会 代議員会

濵田大会副議長は議事運営委員長と(F)経理分科会委員長

ライオンズクラブ国際協会330複合地区第64回年次大会は、5月19日(土)浦和ロイヤルパインズホテルで開催された。大会テーマ「心・一つに」、大会スローガン「新しい未来の創造と協調」のもと3地区から657人の参加があった。第1部の代議員会は10時30分定刻に始まった。

 

代議員会は、細川孝雄A地区ガバナー・大会副議長の開会宣言、田中 明C地区ガバナー・大会議長の挨拶、委員長紹介と続き、田中議長が議長席に着き、資格審査報告が行われた。資格審査報告は細川副議長から発表があり、登録者891人、出席有資格者641人で本会議が成立すると報告があった。 続いて総会審議事項に入り、濵田 徹B地区ガバナー・大会副議長から議案説明が行われた。議案は1件、「第58回OSEALフォーラム【2019年11月日本・広島】支援協力について」があった。支部会員の協力金について質問があったが、原案通り拍手多数で可決した。

その後、(A)〜(F)6つの分科会に会場移動した。

 

代議員総会は13時45分から再開された。再開に先立ち有資格者代議員数の報告があり、15人追加され657人と発表があった。

各分科会審議結果報告及び決議に入った。最初に(F)分科会(経理)で、議案1〜議案3の案件が承認されたことを、濵田(F)分科会委員長から発表があった。これに対してオリンピック・パラリンピックの拠出金についてと、審議方法について質問があったが、代議員総会の議事録の発送に合わせて、一般社団法人日本ライオンズ会計報告書も資料として入れることで、承認された。他の分科会シンポジウムでも活発な意見交換が行われたことが各委員長より報告された。

閉会宣言は、濵田副議長より「皆様のご協力により無事審議が終わりました」とお礼の言葉があり、14時20分に代議員会は終了した。

取材:PR情報副委員長 L熊澤  悟

330複合地区第63回年次大会橫浜で開催

5月14日(日)10時30分、横浜ロイヤルパークホテルにおいて第1部代議員会が濱野雅司代議員会幹事の開会宣言で始まった。井出 孝代議員会議長は「今期は3人のガバナーのトロイカ体制で未来のために協調協力の路線で進めてきました。花の330複合地区の決定が全日本に注目をされています。スムーズに議事が進行することを望みます」と挨拶をした。

濱野資格審査委員長による資格審査報告では、登録代議員920名、本日出席の代議員643名は全員有資格者であると発表された。村木秀之議事運営委員長より大会議事規則の説明がされ、補足で会則変更の議案が3分の2の決議が必要であることも加えられた。

議案審議に入り、ガバナー協議会議長提案として、「総会議案 議案1. 複合地区会則改正案について」「分科会議案(F)分科会(会則・会員委員会、経理)議案1. 2017~2018年度複合地区費及び大会費の件。議案2. 2017~2018年度学生会員の複合地区会費は徴収しない。議案3. (A)330複合地区関係 ①2015~2016年度330複合地区会計報告 ②2016~2017年度330複合地区上半期会計報告」が提出された。総会議案は投票での裁決を、分科会議案は(F)分科会にて審議及び決議付託しその後の代議員総会で採択する。総会議案の提案理由を、大南修平(F)会則・会員、経理分科会委員長は「昨年、ライオン誌日本語版事務所と日本ライオンズ連絡事務所を統合して、今までと同様に会員の利用負担をもって一般社団法人日本ライオンズが設置されました。しかし当地区では昨年、複合地区会則改正案の提案に至らなかったため、全複合地区大会の共通議案として今回の改正案として提案します」と説明。質疑応答の後、投票を経てそれぞれの分科会会場へと移動し、昼食をはさみ議案審議・分科会シンポジウムが行われた。

13時45分、代議員総会が再開された。代議員数は、10名追加され合計653名と発表された。複合地区会則改正案の投票結果は、賛成514票で可決された。分科会に付託した議案も可決され代議員総会で裁決承認された。その後各分科会報告があった。

第2部大会式典では、桜井孝一大会委員長が「ライオンズクラブ100周年の節目の時に、奉仕を通して未来へスタートするふさわしい大会になりました。3地区が友愛でひとつになり8複合の中でリーディング複合地区と呼ばれるにふさわしいミッションを果たして行って欲しい」と挨拶した。続いて、井出大会会長の年次報告の中で、100周年のプレゼンテーションとして「A地区の薬物乱用防止大パレード」「B地区の国際本部の日本庭園改修事業」などの活動報告があった。村木大会副会長の代議員会での決議報告があり来賓挨拶と続いた。

記念講演は、河合純一氏(パラリンピック男子競泳金メダリスト)と、大日方邦子氏(冬季パラリンピックアルペンスキー金メダリスト)によるクロス・トークが行われた。日本で両氏ともパラリンピックで一番多くのメダルを貰っていて、当協会の会長と副会長を務めていると進行役の堀切 功氏(一般社団法人 日本パラリンピアンズ協会理事長)が紹介。河合氏は15歳で失明。大日方氏は3歳の時に交通事故で右足切断、左足にも障害が残る。2020年、東京で開催されるのは、1964年に続き2回目。パラリンピックが2回開催されるのは東京が史上初となる。パラリンピックの4つの価値(勇気・強い意志・インスピレーション・公平)の意義を語り、感動の時間を私達に与えてくれた。

いよいよガバナーエレクト登場となり各地区ガバナーより細川孝雄A地区ガバナーエレクト・濵田徹B地区ガバナーエレクト・田中明C地区ガバナーエレクトおよび各地区次期第1・2副地区ガバナーも紹介された。

大会記念アワードは、優秀賞はA地区・東京早稲田LC、B地区・藤沢LC、C地区・嵐山ときがわLCが、アイディア賞はA地区・東京新都心LC、B地区・甲府舞鶴LC、C地区・大宮グリーンLCが受賞した。

来期の330複合地区ガバナー協議会議長に、田中C地区ガバナーエレクトが任命され、ここ横浜の地で、全ての行事が円滑に行われ実りある大会となった。

PR・情報副委員長

L坂本 治子

撮影:〃 L近野 照彦  〃 委員 L斉藤 渉

G発-270-2号第63回330複合地区年次大会『代議員登録及び一般登録』のお願い

G発-M271-1号第63回330複合地区年次大会『代議員登録及び一般登録』のお願い

G発-M270号 第63回330複合地区年次大会 代議員登録のお願い