2016年度YCE春期来日生ウエルカムパーティー開催

〜近現代史のなかの横浜を学んで日本発展の礎を知る〜

2016051401

 薄暮の成田空港を出発したバスは、タイ来日生9名と委員6名を乗せてキャビネット事務局近くの横浜平和プラザホテル(ホテル名が良い=来日生は若き大使である)へと向かった。

 今回のB地区担当キャンプは、3泊4日の短期間であるが、「横浜港」を中心に日本の発展と文化を学ぶ「横浜散策2日間」と位置づけた。テーマパークへ行くのも分かるが、横浜の、特に横浜港と関内周辺は街自体がテーマパークでもある。B地区ガバナーが横浜から出ているという短絡的なことではない。

 キャンプ最終日の4月1日(金)、春期来日生ウエルカムパーティーは、やはりキャビネット事務局近くのYCCヨコハマ創造都市センター3階で開催した。ここは1929年に第一銀行横浜支店として建造された、古代ローマ建築様式の建物である。尾形慶三地区ガバナーの歓迎の言葉は「とにかく無事に過ごし笑顔を両親に持ち帰り、日本での素晴らしかったことを伝えて欲しい」という、まさしく親心そのものであった。尾形ガバナーからバナーとラペル・ピンをプレゼントされた来日生は、最後に民族舞踊等で返礼し、パーティーの終了と共にキャンプは静かに幕を閉じた。

 今回のキャンプの成功は、地区委員全員と事務局の手助けの賜であり、心より御礼申しあげます。特に、全ての予約から価格交渉に至るまで担当いただいた森川吉孝副委員長、通訳(英語)と当直にご尽力いただいた岩本和博副委員長と古尾谷真行委員には、深く感謝申しあげます。

【第1日目の行程】
注=年は最終完成年
●神奈川県立歴史博物館(昨今エースの塔とも言われる=1904年)
●横浜三塔(神奈川県庁本庁舎=キング=1928年)・(横浜税関=クイーン=1934年)・(横浜市開港記念会館=ジャック=1917年)
●山下公園(関東大震災で出た市内の瓦礫でできた公園=1930年)
●横浜港クルーズ(マリンシャトル乗船=加藤小百合L大変お世話になりました)
●大さん橋(メリケン波止場=1913年)
●横浜赤レンガ倉庫(明治政府が保税倉庫として建設=1914年)
●カップヌードルミュージアム(お土産用マイカップヌードル作成=今や世界食となる)
●夕食はお好み焼き(来日生の真剣な焼き方とおいしさに一同感激)
【第2日目の行程】
注=年は最終完成年
●横浜マリンタワー(昨日の横浜港を俯瞰=1961年)
●MEGAドン・キホーテ山下公園店(旧バンドホテル跡)
●中華街散策(500M四方に620の店舗が林立=10牌楼2廟2亭を訪れる)
●夕食は焼き鳥と釜飯(釜飯の食べ方が難しかったようです)

YCE・国際関係委員長 L守田昌千代

総務・財務・企画運営委員会報告

 総務・財務・企画運営委員会は、文字通り総務は田岡慎司キャビネット幹事・片岡事務局長と打ち合わせをしながら総務全体を把握して事にあたり、財務は尾形慶三地区ガバナー・星田信之キャビネット会計と予算の立案に参加し、企画は尾形ガバナーの意向を受けキャビネット会議・新年賀詞交歓会・地区年次大会代議員会・地区年次大会式典及び懇親会の場所の確保、式次第及び進行台本を作成し、円滑に進行できるようキャビネット副幹事団と協力して、委員会メンバーと力を合わせて進めてまいりました。

 この330-B地区にはミスター企画運営の方々がいらっしゃいますので、相談し、助言をいただきながら今日まで進めてまいりました。ご指導ご鞭撻いただき本当にありがとうございました。

 委員会の報告としましては、キャビネット主催の行事の前にキャビネット副幹事団と合同で委員会を開催し、役割分担と事前準備の打ち合わせを都度行ってきたことです。 今期残りも約3ヶ月となり、地区年次大会実行委員会と協力して代議員会・式典を滞りなく成功させ、最後の仕事でもあります第4回キャビネット会議の企画運営に取り組んでまいります。

委員長 L庄司 和正

会員維持・クラブ活性化委員会報告

 今期尾形慶三地区ガバナーが掲げたボードポリシーの中で大きな課題の一つである『リテンション』退会防止・会員維持が当委員会の目標であり、到達点です。

 クラブの活性化なくして会員維持はできないと考え、まずアクティビティについてアンケートをしてみると献血、盲導犬育成支援、環境保全を含む地域への奉仕等スタンダードなアクティビティを、多くのクラブが永く実践されていることがわかりました。「継続は力なり」といいます。一つのアクティビティを永く続ける事は大変なことですが、クラブの基礎体力を付けるには絶対不可欠なことだと思います。

 しかし、そのアクティビティは受ける側のニーズに合っているのでしょうか?地域社会が受けたい奉仕なのでしょうか?そのことをクラブ例会において話し合っていただきたい、それがクラブ活性化につながる第一歩だと考えました。アンケートの質問事項はガバナー公式訪問時の小会議内容と重複している部分があり、そのことでお叱りを受けたりもしました。委員会としてはクラブの活性化のために例会において討議をしていただく事が主眼でありましたのでご理解いただきたく思います。

 さて、クラブが活性化すれば会員の退会は自ずと減少するでしょうが、現実は1月末日時点で171名の退会者が出ています。期末に向けて退会に歯止めをかけるにはどうすればいいか、クラブの内情に口をはさむつもりはありませんが、どうかリジョン内の委員に声をかけていただきたく考えます。委員会として退会防止の手助けができれば幸いです。しかし、クラブは会長・3役を中心としたメンバー全員のものです。メンバー各位が全力を挙げて会員維持に力を発揮していただきたいと思います。

委員長 L谷川 亘

会員・会則・指導力育成委員会報告

 今期は、委員会を会員・会則チームと指導力育成チームの2つのチームに分けて活動しています。これまでに6回の委員会を開催し、ガバナー諮問事項にも対応しております。

 ●各クラブで公認ガイディング・ライオンを2人以上存在させる。
⇒昨年11月に「公認ガイディング・ライオン研修会」を開催。参加者39名。
5月には、「公認ガイディング・ライオン スキルアップ講座」開催に協力予定。

 ●地区ホームページによる「会員・会則Q&A」を充実させる。
⇒会員・会則チームを中心に検討中。第6回で素案が完成し、5月完成予定。

 ●委員会のメンバーは「ライオンズ必携」の勉強に十分な時間をかけ、「ライオンズクラブ会則」のスペシャリストになる。
⇒委員会では「ライオンズ必携」を常備し、議論の中で確認するよう徹底している。

 4月に開催予定の青年アカデミー委員会との合同委員会では、会則に関する勉強会も実施予定。

委員長 L神戸 幸男

薬物乱用防止教育委員会報告

th_2016040901

 私たち委員会は、副委員長5名、委員13名構成でスタートしました。今期、尾形慶三地区ガバナーは活動方針として、認定講師の養成及び薬物乱用防止教育ができる講師の選抜要請がありました。委員会では、薬物乱用防止教育認定講師養成講座の講義の内容を検討し、内容のある講座にしました。

活動報告
薬物乱用防止教育認定講師養成講座
◦神奈川県 2015年10月7日 会場 横浜情報文化センター 参加 170名
◦山梨県 2015年10月29日 会場 ぴゅあ総合2F中研修室 参加 50名

薬物乱用防止教育講演

 昨年度は、講演が小中高校合わせ196回の素晴らしい実績でした。今年度は主に小学生を対象に、講演始め講義内容を児童に分かりやすく理解できる講座を企画しました。講演実施回数の目標は120回ぐらいにし、内容の濃い講演を目標にしました。

〈講演実施回数〉
2016年2月29日現在
小学校 115回 中学校 28回
高等学校  5回 その他  2回
合計 150回

 初めての講演講師も多少誕生しましたが、自クラブの講師が多くなりました。委員会への講師要請は12クラブ、他は自クラブの講師です。目標実施回数を多少クリアーしましたが、今期末まで残り約2ヶ月、各クラブに講演のご協力をお願いします。

●薬物乱用防止教育ゴールド認定講師(公益財団法人麻薬・覚せい剤乱用防止センター要請)…330-B地区で13名認定

●講演貸出グッズを充実させました。
▶薬物乱用防止教育講演会の横断幕(縦3,600 横900)
▶小中高校向けのDVD 多数(NO.確認)
講演申込書の貸出グッズ欄に記入し、キャビネット事務局に申し込みください。

薬物乱用防止教育認定講師レベルアップ講座開催
◦山梨会場 3月10日(木) 山梨県立図書館
◦神奈川会場 3月23日(水) 横浜市開港記念会館6号室

委員長 L臼井 康典

献血・骨髄移植・社会福祉推進委員会報告

2016041001

 当委員会では、今年度の前期にセミナー事業(献血、骨髄移植)を、後期に地区年次大会に向けた準備作業と社会福祉推進事業を実施する計画でスタートいたしました。

 まず2015年10月22日、山梨県(ベルクラシック甲府)において、「赤十字血液センター合同献血推進会議」を実施。約90名の参加をいただき、山梨県赤十字血液センターと400ml献血の必要性について、議論討議が活発に行われました。

 次に2015年10月26日、神奈川県(神奈川県赤十字血液センター)において、同会議を実施。約180名の参加をいただき、神奈川県赤十字センターと献血バス1台につき50名〜60名の献血者の事前確保のお願いについて議論討議が活発に行われました。

 これら2点については、委員会と血液センターで継続討議を行い、今後も変わらず双方で協力して、献血奉仕活動を実施していく内容で各クラブに発信を行いました。

 また2015年12月15日、神奈川県・関内ホールにおいて「骨髄移植セミナー」を実施。約110名の参加をいただき、特に骨髄提供者と骨髄移植者、また骨髄移植に関わった家族の体験談に参加者一同、命の尊さを改めて噛みしめた感動のセミナーでした。

 現在、4月23日の第62回地区年次大会式典に向けて、神奈川県赤十字血液センターと協力して献血奉仕活動を実施する準備(事前アンケートにより献血者を確保)と献血・骨髄移植アワード受賞クラブの最終選考中であります。

 最後に、5月に昨年度献血アワードを受賞した富士吉田中央LCとの共同企画で合同献血奉仕活動を富士山の麓で行い、今期を総決算して次期新体制の委員会に繋げたいと考えています。今期、当委員会のメンバーとして一緒に汗を流してくれたライオンに感謝をし、活動報告に代えさせていただきます。

委員長 L稲葉 政信