【委員会報告】青年アカデミー・アラート委員会

私の委員長期には、残念なことに様々な災害が発生してしまいました。就任直後の数々の台風被害、そして、期の終盤には、新型コロナウイルスの蔓延です。

委員会としては、台風被害の支援を2回にわたり実行しております。また、委員会メンバーに台風上陸後の被害状況の確認を常に行っておりました。

1回目については、台風15号の被害による物資の搬送でした。333-C地区・佐倉ライオンズクラブ、鴨川ライオンズクラブより物資提供の要請があり、青年アカデミー・アラート委員会として、現地ライオンズメンバーと連絡を取り合い、必要な物資を確認しました。ブルーシート、紙オムツ、ガラ袋、乾電池が早急に必要とのことでした。330-B地区を代表して、委員長の私・石塚丈雅と梶谷美雄副委員長とともにホームセンター、ドラッグストアで必要物資の買い出しを行い、現地に届けてまいりました。

最初に搬送したのは鋸南町で、鴨川ライオンズクラブ所属の佐藤和則Lにブルーシート、紙オムツ、乾電池を届け、佐藤Lを経由して鋸南町役場に届けていただきました。次に佐倉に向かい、佐倉ライオンズクラブ所属・夏海優Lにブルーシートを届けました。また夏海Lを経由して、八街社協に届けていただきました。

2回目については、台風19号の被害により333-C地区の水野アラート委員長より支援物資の要請があり、皆様からいただいた物資を11月5日に梶谷副委員長とともに長柄町(ながらまち)社協に届けさせていただきました。

短期間の募集でしたが、予想をはるかに上回る数量を集めることができ、330-B地区の皆様の力をあらためて実感しました。ご支援をいただいたクラブメンバーには、感謝の意を申し上げます。ありがとうございました。

ただ短期間の募集であったため、アマゾン等の過剰包装が多く、千葉にゴミを持って行くわけにはいかないので、委員会のメンバーを前日に集め、再度物資の整理をしました。この点は、募集の方法の次回への反省点となります。

地区内でも大変な状況になっている時に難しいとは思いますが、今後はクラブ会長からZC、ZCからRC、RCからガバナーに被害の報告を迅速に行っていただきたいです。

また、コロナウイルスの影響で開催できませんでしたが、「災害時に身の回りの物で必要な物の代用品を作る」セミナーの開催についても委員会メンバーと話を進めておりました。素晴らしい内容のセミナーで、参加していただいた方にセミナーにて実践をしていただき、内容を覚えて持ち帰っていただくことを前提としたセミナーです。開催できなかったことが非常に残念でなりません。

最後になりますが、今期、委員会に参加してくれた委員の皆様、本当にありがとうございました。

青年アカデミー・アラート委員会 委員長 L石塚 丈雅

発信:地区ニュース委員会

写真はこちらをクリックしてください。

【委員会中間報告】 LCIF・緊急支援委員会

「LCIFキャンペーン100」が前期から始まり、330-B地区では、前期地区目標額を大幅に上回る92万ドルを超える献金をいただきました。また、今期はキャンペーンの2年目を迎えるにあたり、地区目標額67万ドルを目指し達成するため、委員会ではチーム一丸となって活動しています。

まず、地区内のメンバーにLCIFに関しての意識を高めてもらうために、LCIFセミナーを山梨と横浜で計2回開催しました。8月7日(水)に甲府商工会議所にて、続いて、8月26日(月)に神奈川産業振興センターの多目的ホールで実施しました。

横浜のセミナーには、桜井孝一LCIFキャンペーン100サブエリアリーダーと阿久津隆文LCIF 330複合地区コーディネーターにも駆けつけていただき、LCIFの使われ方をクラブメンバーに周知させる年次報告書等についてお話をいただきました。講演では、櫻井貴裕LCIF地区キャンペーンコーディネーターに講師をしていただき、LCIとLCIFとの関連性や現況、LCIFアワード、LCIF 50周年キャンペーンとなる「LCIFキャンペーン100」、モデルクラブ等わかりやすく説明していただきました。参加したメンバーからも、説明もわかりやすく、LCIFの意義も理解できたという感想がありました。

また、委員会では地区内の献金額を把握するため、委員会開催時にクラブ別の献金額表を作成しました。各委員から、その表をもとに、リジョンでどのようにLCIF献金意識を高揚していくか、議論を重ねました。

委員会でもLCIFへの認識を高めるために、第1回及び第2回の委員会では、櫻井コーディネーターを講師に勉強会を実施しました。また、委員会メンバーが例会訪問等を実施し、地区内に「LCIFキャンペーン100」を浸透させる活動を継続して実施しました。

LCIF・緊急支援委員会 委員長 L神戸幸男

発信:地区ニュース委員会

全日本FWTセミナー開催

2月17日(月)に新宿の山野ホールにて「全日本FWTセミナー」が行われました。各複合地区より国際理事・元国際理事を含む700名程のライオンズメンバーが出席され、女性の活躍・リーダーシップ・FWTで取り組んでいるアクティビティ等について講演がありました。

第1部の特別講演「今を生きる輝く女性たち~チームワーク・リーダーシップ・自己研鑽の視点から~」では、ノンフィクション作家の小松成美様による講演がありました。

第2部では各複合地区コーディネーターによるパネルディスカッション。ゲストコメンテーターとしてタレントの石田純一氏が登壇され、FWTの5年間の歩みと今後の女性活躍の必要性等、活発に意見討論が行われました。

第3部では、内閣府政策統括官(共生社会政策担当)付子どもの貧困対策等の担当参事官・牧野利香様より、子どもを取り巻く環境や貧困の状況について。そして、㈱グローウィング代表取締役・堀江貴嘉様よりがん治療中の子どもへのヘアードネーションの必要性、ライオンズクラブに対し、日頃のヘアドネーション協力に感謝の言葉をいただきました。

長澤千鶴子GATエリアリーダーより今後も「FWTは、“We serve”の思いを大切にして優れた奉仕活動をしていきながら、女性リーダーの育成をしていく」とのお言葉もいただきました。FWTの5年間の取り組みがあってこその今だということを実感し、改めて女性会員増強の必要性を感じたセミナーでした。

FWT地区コーディネーター
FWT委員会 委員長 L佐藤 芳織

発信:地区ニュース委員会

写真はこちらをクリックしてください。

「心とからだの健康セミナーin山梨」開催 社会福祉・健康増進委員会

2月27日(木)15時から山梨県立図書館にて、「心とからだの健康セミナー」が開催された。新型コロナウィルスが心配される中、マスク着用・アルコール消毒等万全の体制でセミナーは行われた。

小松和芳社会福祉・健康増進委員長の趣旨説明、役員紹介に続いて、山本直正地区ガバナーの挨拶があり、セミナー開始となる。第1部が中里内科クリニック院長の中里稔先生による「糖尿病について~正しく知って、正しく予防(治療)」について、第2部はくぬぎクリニック名誉院長である功刀 弘先生による「うつ病と認知症を予防して長生きしよう~生活習慣と良い眠りからの提言~」について。どちらの講演もユーモアを交えながら、一般の私たちにとてもわかりやすく説明されていた。

中里先生は講演の中で、体重を減らすおススメの方法を話された。それは「起床時と寝る前の1日2回体重を量ること!絶対に1日たりとも抜いてはならず、下2ケタまで出るデジタルの体重計で量り、スマホのアプリ等を使って必ず毎日記録すること。まともな生活をしている時は体重が減り、飲みすぎたり夕飯が遅かったり、間食をした人などは体重が変わらないか、増えてしまう人も中にはいる」。

また、功刀先生は「認知症の予防に有望なことの中に『社会交流と知的な活動(アメリカ国立衛生研究所による)』が上げられており、ライオンズクラブのような社会奉仕の活動は最高に良いこと!」と熱く語られた。

とても興味深い講演で、アッという間に終了の時間となり、総評を渡辺和廣元地区ガバナー・名誉顧問が述べ、斉藤良治GST委員長の閉会の言葉で終演となった。

取材:地区ニュース委員長 L河西  久

発信:地区ニュース委員会

写真はこちらをクリックしてください。

第3回RC・ZC・委員長会議報告

1月31日(金)第3回RC・ZC・委員長会議が、横浜市技能文化会館8階大研修室において開催された。山本直正地区ガバナーの挨拶の後、井出渉キャビネット幹事の進行により議事へと移った。

審議事項は(1)第3回キャビネット会議審議議案について。
<第1号議案>2019~2020年度上半期地区会計報告承認の件については、例年通り承認を求める議案が出される。
<第2号議案>第66回地区年次大会代議員会における議案の件について。(議案1)2018~2019年度地区会計年次決算報告承認の件、及び(議案2)2020~2021年度の地区年次大会を藤沢市で開催することの承認を求める、については例年通りであるが、変わったのは(議案3)「2020~2021年度拠出金」承認の件。拠出金の配分を見直し、総額で減額となるようにする(別表参照)。今期通常会費一人当たり¥16,500を次期¥16,100に、同じく2人目以降家族会員一人当たり¥7,350を¥7,250にさせていただき、通常会費は400円、2人目以降家族会員は100円の減額となる。このことについて構成員から活発な意見が出されたが、「減少傾向にあるメンバーを少しでも増やしたいというガバナーチームとしての共通の思いをご理解いただきたい」と説明された。

次に(2)報告事項について、井田キャビネット幹事から、1.地区年次大会代議員会委員会・分科会構成について、2.シンガポール国際大会関連、3.国際会費調整案について、4.チェアパーソン年次報告について、5.「2020 OSEALウォーカソン」に参加協力のお願い、について説明があった。

以上で議事は終了し、次にシンポジウムが行われた。

(1)LCIFキャンペーン100達成に向けて、について櫻井貴裕LCIFキャンペーン100地区コーディネーターから「全メンバーに100ドルお願いしたい」と熱く語られた。

(2)GATパネルディスカッション≪会員減少時代の会員増強を考える≫について、尾立孝司GLT地区コーディネーター、中澤一浩GMT地区コーディネーター、斉藤良治GST地区コーディネーター、佐藤芳織FWT地区コーディネーター、鈴木泰堂FWT地区副コーディネーターの5名に井田キャビネット幹事が進行役を務め、それぞれの立場から意見を語られ、またチェアパーソンからの貴重な意見もあった。

最後に山本ガバナーは、「奉仕を通して思いやり社会をつくるということを大義名分にしてきたが、そう考えれば会員増強を進めやすく、増やしやすい。また、こういう良いことをライオンズはやっていると分かりやすく図などで説明することも勧誘してゆく上で大事なこと」と結ばれた。終わりに、亀井真司第2副地区ガバナーの閉会の言葉があり、散会となった。

取材:地区ニュース委員長 L河西  久

発信:地区ニュース委員会

写真はこちらをクリックしてください。

公認ガイディングライオンプログラム(成功への過程) セミナー開催される

12月6日(金)横浜技能文化会館でGLT委員会主催による2019~2020年度公認ガイディングライオンセミナーが開催され、新規・3年毎の更新を含め多数のライオンが受講した。

尾立孝司GLT委員長の開会の挨拶で始まり、山本直正地区ガバナーからは「このセミナーは皆さんのレベルアップが1つとその知識を各クラブに持ち帰ってクラブの活性化を目指すことが狙い」と話された。

昨年に続き神戸幸男LCIF・緊急支援委員長が講師となりセミナーが開始された。1部は配布されたテキストをもとに『成功するガイディング・ライオン・スキル』の研修、2部はワークショップ形式に分かれてグループテーマ別の内容発表後、テストを実施してセミナーを終了した。

2002年に設置された「公認ガイディングライオンプログラム」は冊子及び330-B地区ホームページから閲覧することができる。公認ガイディングライオンの相対的目標とは、その役割・責任を理解し、新クラブの物事を成し遂げる力と必要な知識を、キャビネットを通して支援することだ。セミナーでは①新クラブの策定支援②会員増強の意義を伝える③近隣クラブとの交流を勧める④スポンサークラブと新クラブの関係強化を図る⑤支援対象への長期的情報提供⑥知識レベル向上に必要な情報提供などのノウハウを受講した。

公認ガイディングライオンは新クラブに限らず、支援が必要なクラブに力、自信を与え、必要な知識を提供することも重要。尾立委員長は「今日のセミナーで取得した資格を無駄にしないで、その内容をクラブに持ち帰って年に一回は伝えてほしい。また近隣クラブで講演をしてほしい」と開会で挨拶した。

ぜひ公認ガイディングライオンを活用する機会を作って、楽しい例会、アクティビティ、会員増強の達成を期待したい。

取材・撮影:地区ニュース副委員長 L丸山 正浩

発信:地区ニュース委員会

写真はこちらをクリックしてください。