献腎・糖尿病教育推進委員会報告

今までに330B地区で取り組んだことがなかった、糖尿病という大きく且つ難しい課題の委員会を濱田ガバナーから委託され、我々委員はいかに成果を出すかを話し合いました。とりあえず 我々委員自身が委員会で 1.糖尿病とはどのような病気なのか? といろいろ学ぶうちに 2.恐ろしいといわれている糖尿病の合併症はどんなものがあるのか?また合併症にならずに済むにはどうしたらいいのか? 3.日進月歩で進んでいる最新の治療法はどんなものがあるのか?とつぎつぎに課題が見えてきました。

日本において約1000万人、世界では約4億人いるといわれている糖尿病は決して他人事では済まされない身近な病気なので早急に専門の医師によるクラブのメンバーのためのセミナーを開催することにいたしました。そこで神奈川では2月22日に日本丸研修センターで糖尿病の専門医と腎泌尿器外科の専門医をお迎えして、また山梨では3月15日に「かいてらす」においてやはり糖尿病の専門医をお迎えしてそれぞれでセミナーを行いました。神奈川では92名、山梨では55名の方においでいただきました。両会場において受講された方は真剣に聞き入っており、講義終了後の質疑応答でも多くの方から質問・意見をいただくことができました。また受講者にアンケートの記入をお願いしましたところ双方で95名の方からご回答をいただき、94%の方からわかりやすいセミナーであったとの回答を得られました。またこのような糖尿病のセミナーがあれば参加したい、または参加してもいいと答えた方は97%の回答で、まだまだ今後もセミナー等の必要性を感じました。

またすでに糖尿病である、または血糖値が高いと言われている方は34%で必ずしも糖尿病の方だけが参加されたわけではないようでした。

また糖尿病の合併症のお話の中で、今までのように血液に直接関係あるものだけでなく、認知症・癌・歯周病等にも大いに関係していそうだとの話をお聞きして、ますます日々の管理が必要な病気であると認識いたしました。アンケートでも健康診断を毎年受けていない方は 23%程度おり、特に主婦の方や会社を退職された方が受けていないケースが多いようです。我々ができることは健診を受けていただき糖尿病をはじめとしたいろいろな病気を早期発見することがとても大事であると啓蒙することかと思います。また、糖尿病に大いに関連があります献腎につきましては日本ではまだまだすすんでおらず、これも脳死判定を含めたシステム自体を見直す必要があるかと思います。

ライオンズクラブ国際協会では昨年から、飢餓・環境問題・視力・小児がんとともに糖尿病を5つの奉仕分野の一つとして選定し、予防と患者支援に積極的に取り組む事業となりました。我々も糖尿病を単なる‘贅沢病’と片付けずに真剣に向き合う必要があるかと思います。

献腎・糖尿病教育推進委員会
委員長 L星田 信之

会員増強・エクステンション委員会報告

ライオンズクラブの永遠の課題である「会員増強」とクラブ最大のアクティビティーである「エクステンション」の委員会の委員長という重責を任された中、今期ガバナー方針である各クラブ純増2名を目標に、月1回程度の委員会を開催して活動してまいりました。

最初に昨年度より取り組んでおりましたクラブ支部作りについて、委員会で検討して各クラブへの働きかけを行いました。特にFWTコーディネーターの皆さんとは、子ども食堂の支援を通じての支部づくりの試みを模索しました。

その結果、一つのクラブで子ども支援の支部ができました。その他にも、劇団を通じての支部結成の話など少しずつ成果が出てきたように思います。いずれこの支部がうまく発展していけば、エクステンションにつながると思いますので、引き続き働きかけをしていきたいと思います。

次に取り組みましたことは、会員増強を行うためのツールである各クラブ共通の会員増強用のパンフレット作りです。ライオンズクラブの内容や入会に当たっての疑問点などをQ&Aによってわかり易く表記いたしました。そして、この2月に作成できたものを各クラブに配布し、各クラブ純増2名を目指して活動強化をお願いしました。

また、もう一つ大事なことは、各クラブメンバーの退会者の防止です。過去のデータから、退会者の70%が入会5年未満の会員となっております。

そこで今期、最後の事業として、2018年6月2日(土)横浜メルパルクにて今期入会の新入会員及び入会5年未満の方を対象に、ワークショップ形式で気軽にライオンズのことが学べて仲間ができる企画を考えております。

これは、他のクラブの仲間と話すきっかけができ、自クラブ以外でのライオンズクラブの考え方などが生で聞けることにより、新たなライオンズ活動の「やりがい」を見つけてもらうことを考えております。そして、退会防止につなげ、新たな会員増強にもつなげていきたいと思っております。

結びになりますが、今期活動を共にいろいろわがままを聞いていただきました、委員会メンバーの皆様に感謝申し上げるとともに、最後の事業を何とか成功に導いて、準地区内の会員増強を純増の結果としていきたいと思います。

1年間、誠にありがとうございました。

会員増強・エクステンション委員会
委員長 L倉田雅史

献血推進委員会報告

今期、献血推進委員会では副委員長5名、委員13名の構成で、濱田徹地区ガバナーのボードポリシーに沿った活動を行ってきました。

  •  成分献血と400mI献血の推進
  •  日赤との合同セミナーの開催
  •  地区年次大会においてのPRコーナーの設置

と3つの方針を基に委員会で検討、判断、グローバルなアクティビティのスケールメリットを求めてまいりました。

成分献血、400ml献血の推進では400ml献血のお願いと血液不足の現状、啓蒙活動、アクティビティのお願いをまとめ、各クラブに依頼。

日赤との合同セミナーの開催は、2017年10月18日(水)神奈川県赤十字血液センター会議室で130名のメンバー、濱田ガバナー、石原英司第1地区ガバナー、山本直正第2副地区ガバナー、渡辺幸範キャビネット幹事、亀井真司キャビネット会計、神奈川県保健福祉局生活衛生部長 梶木冨美惠様、北里大学大谷慎一様参加のもと、内容の濃いセミナーを実施。

2017年11月22日(水)は、山梨県赤十字血液センター合同会議をベルクラシック甲府にて行い、97名のメンバー、濱田ガバナー、石原第1副地区ガバナー、山本第2副地区ガバナー、渡辺キャビネット幹事、亀井キャビネット会計、山梨県福祉保健部 井出 仁次長、山梨県衛生薬務課 大沢 浩課長に参加いただき、神奈川同様献血推進の在り方、献血状況などセンター側よりお話をいただき、現状の献血に対するライオンズの在り方を再認識いたしました。

採血量が非常に少ないと伺い、各クラブ献血奉仕を現在1回行っているクラブは2回に、2回行っているクラブは3回とアクティビティを1回多く行っていただけるようにお願いをしました。

また、アクティビティの回数、採血量が多いクラブを委員会にて把握集計し、セミナーの中で富士吉田中央LC 志村 一献血委員長に体験談をお話しいただきました。

セミナー後の質疑でメンバーより「若年層の献血離れも有りますが、献血できる年齢をもう少し引き上げる事ができるよう呼び掛けてほしい」との意見もいただきました。現在献血の出来る年齢は69歳まで(60~64歳までに献血経験のある方)となっておりますが、メンバーの高齢化に伴い、委員会としても推進していただきたい意見だと思います。

今期は各クラブにご理解をいただき、数多い献血奉仕、啓蒙を推進できたのではないかと実感しております。

地区年次大会には神奈川血液センターに協力を仰ぎ、骨髄移植推進委員会と合同でPR活動、骨髄ドナー登録、400ml献血を行います。

まだまだ血液が不足しておりますので各クラブでのアクティビティとして取り入れていただけると幸いです。今期はお願いばかりで恐縮ですが、濱田ガバナーの活動方針を進めて参りましたので、ご理解お願いいたします。

最後に今期委員会メンバーに感謝の意を表し、活動報告に代えさせていただきます。

We Serve

献血推進委員会 委員長 L高山政宏

地区GST活動報告

グローバル奉仕チーム(GST)今年度より国際協会に新しく設置されたチームです。330-B地区においてはコーディネーターL石田真一 メンバーL岡部和子・L鈴木泰堂・L高山政宏・L渡辺博士・L百合草康裕以上の6名で新設されました。

今期の活動としては複合地区よりのGSTアンケート・糖尿病他のアンケートの二件を行いました。各クラブの皆さまにはご協力をいただき有難うございました。

このアンケートにて各地区また全日本レベルでの情勢を調査し集計を行いこれからのGST活動に役立てていけたらと思います。

今期、地区GSTでは新しく設置されたGSTを各クラブの方々に知って頂けるよう今期中に分かり易い資料を作成し(簡単に理解いただけるようなもの)配布したいと考えております。GSTの構造はクラブレベル・地区レベル・複合地区レベル・エリアレベル・会則地域レベルとなっておりライオンズのネットワーク全体を活用できます。そしてGLT・GMT・GSTのすべてが団結して、クラブを支援します。私たちGSTはライオンズの奉仕分野である糖尿病・環境・飢餓対策・小児がん・視力のフレームワークの枠組みを支持し各クラブが奉仕地域にインパクトをもたらす奉仕や活動を行い発展できるようお手伝いをします。各クラブへのお願いです。GSTクラブ奉仕委員長の任命をお願いします。国際協会の新たな奉仕フレームワークと糖尿病予防及び管理について認識をお願いします。MyLCIを使ってアクティビティの報告を増やしてください。新しいフレームワークに沿った奉仕分野に重点を置いたクラブによる実地参加型奉仕事業の実施率を増やしてください。「MyLion」のモバイルアプリが間もなく日本でも使用できます是非体験してください。今期も残すところ少なくなってきましたが地区GSTまだまだ活動をして行きたいと思います。

GSTコーディネーター L石田真一

地区GLT活動報告

地区GLTコーディネーターの活動内容

①地区GLTコーディネーターは、強力で、安定し、質の高いリーダーシップの育成や啓発に重点的に取り組む地区となるように推進し、クラブと複合地区コーディネーターとの連絡調整役を務め、地区やクラブのニーズに対応することが求められています。又国際協会の目標や要請に応じて指導力育成に務め、各種セミナーを開催して、その活動内容を地区グローバル・アクション・チーム、複合地区コーディネーター、国際協会へ報告しなければなりません。

・国際協会からの要請

②2020~2021年度までにライオンズの50万人以上のクラブ会員(クラブ会員の約1/3)に研修の機会を提供することです。よって330-B地区としては、在籍会員数の約1/3ですから『約1500人以上』となります。また指導力育成研修行事に参加したライオンズを前期より10%増やすことです。

③国際協会プログラムなどを利用し、研修の機会を提供することです。準地区へ要請されているセミナーは、以下の通りです。

・会員オリエンテーション

・クラブ役員セミナー

・ゾーン・チェアパーソンセミナー

・公認ガイディングライオンセミナー

・クラブ活性化計画(CQI)セミナー

・次世代リーダーシップセミナー

(準地区→複合地区→全日本と順次段階的に開催)

  • 330-B地区の現状と今後の対応

④当地区においては「次期クラブ三役セミナー」、複合地区と共同開催の「ゾーン

・チェアパーソンセミナー」が開催されていますが、国際協会から要請されたセミナー数やプログラムのセッション数も多く、開催時期が不定期になる、各年度で開催できなくなる、或いはセミナーの内容や対象者が重複する、更に人数集めが先行するなどのことが多くなると各クラブは大変混乱します。これを防ぐには、当地区の人材育成システムが必要ではないかと地区GLT、指導力育成・青年アカデミー委員会、(特別)リーダーシップ研究会と連携して検討しています。

地区の人材育成システムでは、セミナーに時間が掛かることは無論ですが、人材育成自体も相当の時間が必要ですので、システム構築においては経年で考えることを念頭に、セミナー開催のスケジュール化、対象者に応じた内容選択と人数制限、内容や対象者の重複抑止などを考慮することが必要です。

⑥開催時期や受講する対象者を明確にし、更に系統立てたセミナー開催となるような人材育成の考え方、教材内容、実施方法などのシステム構築を検討しており、クラブ、ゾーン、リジョンにおける人材育成の状況などを把握する共に、システム内容がクラブに分かりやすく且つ役に立つことが重要です。

地区GLTコーディネーター L小笠原 政憲

献腎・糖尿病教育推進セミナー開催 IN山梨

 

3月15日(木)甲府市の「かいてらす」において、ライオンズメンバー約50名が参加し開催されました。今回は、献腎・糖尿病教育推進委員会が主催し、2月の横浜市に引き続き山梨で2回目の開催となりました。セミナーは、最初に石原第一副地区ガバナーの挨拶で始まり、糖尿病が重大な課題の一つであり、医療費を圧迫している要因から今期の重点項目でありメンバーには知識を習得され活かしていただきたいとの旨を話されました。星田委員長よりこんセミナーの趣旨説明があり、県のアイバンク、臓器移植財団の挨拶のあと講師の中里内科クリニック院長中里稔先生による講演が行われました。糖尿病の専門家でもあり、プロジェクターを使用してのお話はわかりやすく、糖尿病の恐ろしさを感じました。

セミナー内容は糖尿病の現状から始め日本での患者数が2千万人を越えていること、欧米人より罹りやすいこと。インスリンが少ない2型糖尿病であり、なぜ増えているのかその要因として、自動車の普及が肥満に結びついているとのこと、さらに食事生活の脂肪増が2大要因だとのことです。糖尿病とはどんな病気か説明され、次に合併症について話され、糖尿病が無症状のうちに進んでおり、気づいた時には遅いとのことです。治療については、速めの病院受診と管理をしっかりすることで薬の服用も大事であり、適度の運動もする。あまり激しいウォーキングは、却って膝などを痛める事もありスクアット位との話でした。

参考ですが、先生が示したやせるための12箇条を、体型を気にしている私を含めメンバーの皆さんにお教えします。①毎日の食事日記をつける。②体重を毎日計る、記録をつける。③目的をはっきりと持つ④食品は、買うものをリストを決めて余計なものを買わない⑤空腹時にものを買わない⑥食物を目に付くところに置かない⑦食事を抜かない⑧食事以外に趣味をもつ⑨飲み込む前に20回以上噛む⑩運動を毎日する⑪鏡の前で自分の姿を見る⑫家族の協力体制です。気にしているみなさん頑張りましょう。

講演後の質疑応答では、参加されたメンバー、私も予備軍ですが、糖尿に罹っている人も多く、先生より丁寧な説明を受け、改めて糖尿病の恐ろしさを痛感したところです。この講座をスタートとしてライオンズのメンバーが献腎・糖尿病を正しく理解し、多くの啓蒙啓発自己改革ができたらと期待するものです。

最後にオール山梨世話人大森彦一Lより自己の感想を含めた講評をいただき終了しました。

取材:PR・情報委員会 L高村 正一郎