湘南茅ケ崎LC主催の臓器移植セミナー

平成29年3月12日13時より湘南茅ケ崎ライオンズクラブ主催の臓器移植セミナー(湘南茅ケ崎ライオンズクラブ30周年記念講演)が茅ヶ崎市共恵にあるStudio Berceau(スタジオベルソー)で行われた。

330B地区内のライオンズクラブ総勢90名が参加した。湘南茅ケ崎LC会長水知晴美Lの挨拶の後、セミナーが開始した。セミナーは一部と二部で分かれており、まず一部では、衆議院議員の河野太郎氏が2002年4月に自らがドナーとなり父である河野洋平氏への生体肝移植をした時の体験談を話された。河野氏は生体肝移植をはじめとする生体臓器移植はあくまでも最後の手段であるべきで、健康な人間から臓器を摘出する前に脳死の方からの臓器提供を優先させるべきとの考えのもと2010年の臓器移植法の改正に携わった時のエピソードを紹介された。休憩をはさみ第二部では、四献(献血・献眼・献腎・骨髄移植)・社会福祉委員会副委員長の岡美佐子Lの司会のもと、体験談等が紹介された。湘南茅ケ崎LCの古橋玖枝Lはご主人が亡くなり献眼をされるまでの流れについて説明し、最終的に70代の女性に角膜が提供されたことを発表した。

また、四献・社会福祉委員会副委員長石澤勝Lは次女が再生不良性貧血という病を患い、当時7歳の姉から2歳の妹へ骨髄移植が行われた時の家族の戦いを紹介し、会場に涙を誘った。また、神奈川県臓器移植コーディネーターの田海美子氏による我が国の臓器移植に関する現状と展望について統計やデータを用いた詳細な説明がなされた。

我が国は世界と比べると臓器移植の件数は極端に少ないと言わざるを得ない。2010年の臓器移植法の改正により、15歳未満の子供も含め家族の承諾により脳死下の臓器提供ができるようになったが、その数はまだまだ少ない。今後のさらなる法律の改正や医療現場での諸問題を解決する必要性を痛感するセミナーとなった。

PR・情報委員 藤沢中央LC L芳村  健

ドッジボール大会を主催  相模原シティライオンズクラブ

2月19日(日)、相模原市立総合体育館において第4回相模原シティライオンズクラブ杯WINTERCUPドッジボール大会が開催された。

この大会は3年前に同ライオンズクラブが中心になって市役所並びに関係団体に協力を求めて始まった大会である。チームは、神奈川をはじめ1都5県の小学生の36チームによるリーグ戦とトーナメント戦により入賞チームを決定するもので、朝から夕方まで熱戦が繰リ広げられた。

取材・撮影:PR・情報委員 L坂上 裕三

第22回 外国人市民による日本語スピーチコンテスト!!

地域の特色を活かしたアクティビティがライオンズクラブの存在意義を生む
「第22回 外国人市民による日本語スピーチコンテスト!!」

川崎ライオンズクラブが継続して協賛を行っている「外国人市民による日本語スピーチコンテスト」が2017年2月18日(土)に川崎市国際交流センターにて開催されました。現在川崎市には約3万5千人120カ国の外国人市民が暮らしております。そんな中、今回も7カ国18名の皆様がスピーカーとして参加を致しました。

国際文化都市川崎市の特色を生かし、地域に価値と交流をもたらす事業として川崎ライオンズクラブが協賛を行っているスピーチコンテストの目的は、日本語を通じての文化交流と相互理解です。ベトナムやスリランカ、ネパールや中国、韓国といった様々な国の皆様が、生活文化や習慣、歴史等が異なる中で、日本人や日本語との触れあい体験をもとに上手にスピーチをして頂きました。もちろん内容はそれぞれ異なりますが、日本を、そして日本人を理解しようとしている姿勢は皆様に共通しており大変嬉しく思いました。

そして私自身も本コンテストを通じて、日本人の見過ごしている、「外国人の見ている日本」を知る事ができ、改めて自国の文化や歴史に触れる事の大切さ、そして日本から外を見る事の大切さを学び知る事ができました。

他団体や地域市民、そして川崎市在住の外国人との交流が図れ、川崎らしく地域に根差した川崎ライオンズクラブの認知度の向上が図れるこの事業を今後も大切に守り続けて行きたいと思います。

記事:L石橋 隆志
写真:L宮田 暢人

オール川崎 献血活動

 2017年元旦2日から9日まで京急川崎大師駅前で献血活動が行われた。

駅前から続く参道には毎年多くの人が参拝に訪れ行列をなすその側道に大型ビジョンが設置され31日23:00より羽生結弦さんによる20歳の献血PVが放送されTVでも同時放送された。

大型ビジョンにはCMの最後にオール川崎ライオンズクラブ、この活動の支援をしています。といった内容で放送された。

オール川崎ライオンズクラブから14名が参加し、昨年の2日間で100名に対し今年は300名と3倍の結果をだした。

5R-1Z 川崎北ライオンズクラブ L前田

結成25周年記念式典 甲府舞鶴ライオンズクラブ

 

●於:アピオ甲府昭和

甲府舞鶴ライオンズクラブは1月15日(日)にアピオ甲府昭和に於いて結成25周年記念式典を開催いたしました。式典には樋口雄一甲府市長をはじめとして、井出 孝地区ガバナー、複合地区役員、地区役員、クラブ3役、ブラザークラブ、姉妹クラブである335-C地区舞鶴LCの皆様にご臨席を賜り、土橋博司CN委員長が感謝の気持ちを述べたあと、私が会長として「未来に向けて、クラブメンバー全員が一丸となって取り組む所存である」と決意表明をさせていただきました。

13の記念事業が発表され、同時に執り行われた入会式では、新入会員3名に井出ガバナーより襟章を直接付けていただくなど、和やかな場面も交えて厳粛に盛大に行うことができました。

祝宴ではブラスバンド演奏アトラクションがあり、最後にブラスバンドの生演奏で「また会う日まで」を出席者全員で手をつなぎ斉唱して終宴となりました。

10R-1Z 甲府舞鶴ライオンズクラブ 会長 L佐藤 隆

CN30周年記念式典 小田原松風ライオンズクラブ

●於:大磯プリンスホテル

2016年12月18日(日)大磯プリンスホテルにおいて小田原松風LCのCN30周年記念式典が行われた。

周年記念事業として、下記の5点
1. 小田原こどもの森わんぱくらんどへモミの木を植樹
2. 校庭用自動芝刈り機2台を寄贈
3. 市内11中学校の特別支援学級へ学習教材一式を寄贈
4. 上府中公園、小田原球場へ太陽電池時計を新調
5. 野球少年のための野球教室(平成29年2月11日開催予定)
が行われ、記念事業贈呈先である加藤憲一小田原市長に目録が贈呈され、小田原市からは感謝状が贈られた。

井出 孝地区ガバナーからも祝辞が述べられ、小田原松風LCが主催する330-B地区最大の規模に達した少年野球大会等、数々のアクティビティについて賛辞が送られた。近年テレビでも目にする機会が多い元メンバーの山村武彦氏より、「最近の大規模災害に学ぶ、個人、地域、企業の防災・危機管理」と題した記念講演が開催された。

その後、会場を移し行われた祝宴では、ブルーサファイヤーズによる琴アンサンブルが祝宴に華を添え、メインに用意されていた元殿さまキングス・宮路オサム氏による歌謡ショーが大いに会場を湧かせ、盛大な拍手の中、記念式典は幕を閉じた。

取材・撮影:PR・情報副委員長 L村松 直政