第22回 外国人市民による日本語スピーチコンテスト!!

地域の特色を活かしたアクティビティがライオンズクラブの存在意義を生む
「第22回 外国人市民による日本語スピーチコンテスト!!」

川崎ライオンズクラブが継続して協賛を行っている「外国人市民による日本語スピーチコンテスト」が2017年2月18日(土)に川崎市国際交流センターにて開催されました。現在川崎市には約3万5千人120カ国の外国人市民が暮らしております。そんな中、今回も7カ国18名の皆様がスピーカーとして参加を致しました。

国際文化都市川崎市の特色を生かし、地域に価値と交流をもたらす事業として川崎ライオンズクラブが協賛を行っているスピーチコンテストの目的は、日本語を通じての文化交流と相互理解です。ベトナムやスリランカ、ネパールや中国、韓国といった様々な国の皆様が、生活文化や習慣、歴史等が異なる中で、日本人や日本語との触れあい体験をもとに上手にスピーチをして頂きました。もちろん内容はそれぞれ異なりますが、日本を、そして日本人を理解しようとしている姿勢は皆様に共通しており大変嬉しく思いました。

そして私自身も本コンテストを通じて、日本人の見過ごしている、「外国人の見ている日本」を知る事ができ、改めて自国の文化や歴史に触れる事の大切さ、そして日本から外を見る事の大切さを学び知る事ができました。

他団体や地域市民、そして川崎市在住の外国人との交流が図れ、川崎らしく地域に根差した川崎ライオンズクラブの認知度の向上が図れるこの事業を今後も大切に守り続けて行きたいと思います。

記事:L石橋 隆志
写真:L宮田 暢人

オール川崎 献血活動

 2017年元旦2日から9日まで京急川崎大師駅前で献血活動が行われた。

駅前から続く参道には毎年多くの人が参拝に訪れ行列をなすその側道に大型ビジョンが設置され31日23:00より羽生結弦さんによる20歳の献血PVが放送されTVでも同時放送された。

大型ビジョンにはCMの最後にオール川崎ライオンズクラブ、この活動の支援をしています。といった内容で放送された。

オール川崎ライオンズクラブから14名が参加し、昨年の2日間で100名に対し今年は300名と3倍の結果をだした。

5R-1Z 川崎北ライオンズクラブ L前田

結成25周年記念式典 甲府舞鶴ライオンズクラブ

 

●於:アピオ甲府昭和

甲府舞鶴ライオンズクラブは1月15日(日)にアピオ甲府昭和に於いて結成25周年記念式典を開催いたしました。式典には樋口雄一甲府市長をはじめとして、井出 孝地区ガバナー、複合地区役員、地区役員、クラブ3役、ブラザークラブ、姉妹クラブである335-C地区舞鶴LCの皆様にご臨席を賜り、土橋博司CN委員長が感謝の気持ちを述べたあと、私が会長として「未来に向けて、クラブメンバー全員が一丸となって取り組む所存である」と決意表明をさせていただきました。

13の記念事業が発表され、同時に執り行われた入会式では、新入会員3名に井出ガバナーより襟章を直接付けていただくなど、和やかな場面も交えて厳粛に盛大に行うことができました。

祝宴ではブラスバンド演奏アトラクションがあり、最後にブラスバンドの生演奏で「また会う日まで」を出席者全員で手をつなぎ斉唱して終宴となりました。

10R-1Z 甲府舞鶴ライオンズクラブ 会長 L佐藤 隆

CN30周年記念式典 小田原松風ライオンズクラブ

●於:大磯プリンスホテル

2016年12月18日(日)大磯プリンスホテルにおいて小田原松風LCのCN30周年記念式典が行われた。

周年記念事業として、下記の5点
1. 小田原こどもの森わんぱくらんどへモミの木を植樹
2. 校庭用自動芝刈り機2台を寄贈
3. 市内11中学校の特別支援学級へ学習教材一式を寄贈
4. 上府中公園、小田原球場へ太陽電池時計を新調
5. 野球少年のための野球教室(平成29年2月11日開催予定)
が行われ、記念事業贈呈先である加藤憲一小田原市長に目録が贈呈され、小田原市からは感謝状が贈られた。

井出 孝地区ガバナーからも祝辞が述べられ、小田原松風LCが主催する330-B地区最大の規模に達した少年野球大会等、数々のアクティビティについて賛辞が送られた。近年テレビでも目にする機会が多い元メンバーの山村武彦氏より、「最近の大規模災害に学ぶ、個人、地域、企業の防災・危機管理」と題した記念講演が開催された。

その後、会場を移し行われた祝宴では、ブルーサファイヤーズによる琴アンサンブルが祝宴に華を添え、メインに用意されていた元殿さまキングス・宮路オサム氏による歌謡ショーが大いに会場を湧かせ、盛大な拍手の中、記念式典は幕を閉じた。

取材・撮影:PR・情報副委員長 L村松 直政

ライオン婚活パーティー開催 富士吉田ライオンズクラブ

2016年12月17日(土)14時から、富士吉田ライオンズクラブが富士急ハイランドリゾートホテル「芙蓉の間」にて、ライオン婚活(婚活パーティー)を行った。男性31名・女性29名、20代半ばから50代半ばまで年齢層の幅広い婚活パーティーとなった。ゲストとして尾形慶三前地区ガバナー・濵田 徹第1副地区ガバナー・石原英司第2副地区ガバナーを迎え、山梨県出身のミュージシャン伸太郎さんの軽快な司会で開会した。

尾形前ガバナーは挨拶の中で「自分を思い切りアピールして運命の方を見つけていただきたい」と激励し、濵田第1副ガバナーは「ライオン婚活を全国的に広げていきたい」と来期への意気込みを述べた。

主催クラブの紹介が終わりライオンズメンバーは退席して婚活がスタート。まず最初に回転トークタイム(男女向かい合わせに短時間で移動し全員とトーク)から始まった。短時間の中で自分に似合いの相手がいるか皆真剣に会話をし、メモを取る。全てのトークが終わった段階で、第一印象で気に入った方に投票し、富士急ハイランド園内のベルサイユ宮殿をモチーフにした「リサとガスパールタウン」に移動。会場に入り次第スイーツブッフェとフリートークタイムが開始となりお相手探しに皆が奮闘した。夕暮れ時となり園内のイルミネーションが参加者の気分を高調させ、最終投票の時間になった。最後に園内を移動し、6K画像を球体のスクリーンに映し世界遺産富士山を周遊するアトラクション「富士飛行社」に乗車した。カップル発表は「リサとガスパールタウン鐘の広場」にて行い、伸太郎さんが1組ずつカップル誕生を発表するたびに歓声が上がり、2人で一緒に鐘を鳴らす仕草に初々しさを感じた。当クラブ初めての「ライオン婚活」での誕生カップルは計6組となり記念すべき奉仕活動となった。

最後に、富士急行(株)代表取締役社長堀内光一郎様はじめ富士急ハイランドのスタッフの皆様に絶大な協力をいただき、最高の奉仕活動ができた事を御礼申し上げます。

取材・撮影:PR・情報委員 L栗原 宏展

横浜朝飛レオクラブ認証状伝達式

2016年11月20日(日)横浜朝飛レオクラブ認証状伝達式が横浜ベイホテル東急において総勢72名で開催された。

横浜朝飛レオクラブは少年柔道場の名門・横浜朝飛道場の卒業生を中心に結成された。羽賀龍之介初代会長は朝飛道場の出身者で、リオデジャネイロ五輪柔道男子100㎏級の銅メダリストである。

山田實紘元国際会長からの祝電が披露され、式典は横浜朝飛レオクラブ羽賀会長のゴングで始まり、横浜東レオクラブ大平倍大Leoによる国歌独唱、認証状授与へと続いた。

井出孝地区ガバナーより認証状を受け取る羽賀会長は、井出ガバナーと並ぶとひときわ大きく頼もしさを感じる。Leo新メンバー6名にラペル・ピンが授与され「これを持って、ライオンズクラブのメンバーとなります。未来のためにどうあるべきか考え行動し、将来正会員としてメンバーの一員になってください」と井出ガバナーの祝辞があった。

横浜東ライオンズクラブメンバーで横浜朝飛レオクラブ代表顧問の竹内清剛Lに、井出ガバナーより感謝の言葉とラペル・ピンが授与された。

スポンサークラブである横浜東LCは復活の2014年9月認証状伝達式から、若手芸術家の集まりである横浜東レオクラブ・文武両道で貢献をめざす横浜朝飛レオクラブと2つのレオクラブを誕生させている。今回、司会・国歌独唱・乾杯の歌・ピアノ伴奏と横浜東レオクラブの協力も素晴らしかった。

ライオンズクラブの国際的課題である会員増強が叫ばれる中、青少年に指導力、経験、機会を与え個性豊かな人間に成長させるための奉仕活動を目的としたレオクラブの存在は大きい。

取材:PR・情報副委員長 L坂本 治子
撮影:PR・情報委員 L斉藤  渉