第10回厚木さつきライオンズクラブ杯 小学生ソフトボール大会開催 厚木さつきライオンズクラブ

第10回厚木さつきライオンズクラブ杯小学生ソフトボール大会が、8月15日(土)・16日(日)、厚木市及川球技場で行われました。

新型コロナウイルスの影響もあり、第10回の記念大会にもかかわらず、参加チームが10チームと少し寂しい大会となり、開会式および閉会式のセレモニーも簡略化され、日頃の努力を重ねてきた子どもたちの練習の成果を発揮できる舞台がコロナウイルスの影響で多くのファンに見てもらえずに、少し可哀そうに思えました。反面、ハツラツとプレーする子どもたちから、コロナの影響でどうしても暗くなりがちな気分を、明るくするパワーをいただきました。

熱戦を繰り広げた結果、優勝は清水ソフト、準優勝は温水ソフト、3位は恩名ソフト、4位に該当する敢闘賞は愛甲小ソフトクラブとなりました。

厚木さつきライオンズクラブでは、青少年の健全育成会を目的としたこの大会を継続アクティビティとして、これからも続けていく所存です。

7R–3Z 厚木さつきライオンズクラブ 環境保全・PR情報委員会委員長 L斎藤 良治

発信 地区ニュース委員会

写真はこちらをクリックしてください。

クラブ結成後初のアクティビティ 「環境保全プログラム・富士山清掃」を実施 甲州富士山ライオンズクラブ

今年2月に結成した甲州富士山ライオンズクラブでは、初アクティビティ「環境保全プログラム・富士山清掃」を8月30日(月)に実施しました。新会員が思案を巡らし企画いたしましたアクティビティを紹介させていただきます。

まずは、「ぜひ、初のアクティビティは富士山に因んだ活動を行いたい」という新会員の強い気持ちからスタートしました。コロナウイルスの影響を鑑みながら何をしたら良いのだろう?予算は?場所は?時間は?司会は?誰に?・・・すべてがクエスチョンから始まりましたが、少しずつ形が見え始めると、大学生を誘ってみてはどうか、家族も参加させよう、安全対策について等事業計画書を積み上げはじめ、目を見張るものがあり、とても感動いたしました。

準備から設営、運営までを新会員にて執り行われた初アクティビティでしたが、ゾーンを超えての奉仕活動になりました。小林喜代次12リジョン・チェアパーソンをはじめ、三井康夫12リジョン2ゾーン・チェアパーソン、12リジョン-2ゾーン内各クラブ会長・クラブメンバーの皆様には、ライオンズクラブの友情と絆に甘えさせていただき、ご理解とご了承のもと無事に事故もなく執り行うことができました。誠にありがとうございました。

また、この事業に際し遠方にもかかわらずご参会いただきました、スポンサーでもあります亀井真司第1副地区ガバナーをはじめ、横須賀ライオンズクラブ鈴木 忍前会長、公認ガイディングライオン小野寺 誠L3名に於かれましては、新会員に対しライオニズムの精神とライオンズクラブの素晴らしさを丁寧に説いていただきまして、誠にありがとうございました。

今後とも、330‐B地区の皆様からのご指導ご鞭撻を賜りながら社会奉仕に精進していく所存でございますので、一層のご高配を賜りたく私どもクラブ会員一同、重ねて心よりお願い申し上げます。

12R-3Z 甲州富士山ライオンズクラブ 会長 L小松 英一

発行 地区ニュース委員会

写真はこちらをクリックしてください。

献血運動推進全国大会で、厚労大臣感謝状を授与 横浜戸塚中央ライオンズクラブ

厚生労働省などが主催する「第56回献血運動推進全国大会」の厚生労働大臣感謝状授与者に、当クラブが奉仕団体として県内で唯一選ばれました。

新型コロナウイルスの影響で表彰式は中止となりましたが、8月4日(火)の定例会で自主的に感謝状授与の催しが開かれ、メンバーからも喜びの声が上がりました。

当クラブは1986年の設立当初から献血活動を行っており、今回の受賞は継続してきたことが評価されたとのことです。

現在25人の会員が戸塚駅東口等で年6回献血活動を実施していますが、この受賞を励みにこれからも継続事業として取り組んでまいります。

3R-4Z 横浜戸塚中央ライオンズクラブ 幹事   L十重田  航

発信 地区ニュース委員会

写真はこちらをクリックしてください。

横浜市にコロナ対策基金200万円を寄付 横浜みなとみらいライオンズクラブ

今期私たち「横浜みなとみらいライオンズクラブ」は結成30年を迎え、クラブ名に“みなと”を付けている全国に22ある「全国みなと同名ライオンズクラブ第50回年次大会」のホストクラブという重要な役目を果たす節目の年となりました。

2021年6月には記念式典、年次大会等の記念事業を開催する予定で準備を進めているところですが、新型コロナウイルス感染症の収束の兆しが見えない中、開催の可否、規模の縮小等も検討していかなければなりません。

この30年間、途上国への奨学金の提供、自治体で廃車となった消防自動車や救急車の寄贈など、その時々自分たちにできる様々なアクティビティを行ってまいりましたが、いま一番必要とされている分野への支援が最も大切であるとの考えのもと、横浜市が取り組んでいる新型コロナウイルス感染症対策の様々な施策に活用していただくために、記念事業として、資金の一部である200万円を寄贈させていただくことといたしました。

8月20日(木)横浜市役所において、林 文子市長同席のもと、当クラブの初代会長でもある竹内一夫大会委員長より目録を贈呈し、感謝状の授与が行われました。

また、林市長からは市内における新型コロナウイルスの感染状況や対策について説明があり、市民の命を守るために、当クラブからの寄付金を医療体制の充実に活用したいとの謝辞をいただきました。

この記念事業を契機として、これからも実りある奉仕活動に邁進してまいりたいと思います。

1R-4Z 横浜みなとみらいライオンズクラブ 会長 L松本 研

発信 地区ニュース委員会

写真はこちらをクリックしてください。

献血・骨髄ドナー登録、豪雨災害募金活動を実施 横須賀みかさライオンズクラブ

7月18日(土)横須賀中央駅前。まだ、梅雨も明けず雨の日が続いており、この日も時折強く雨が降る天候でしたが、コロナ禍で献血者も少なくなっているということでしたので、コロナ感染拡大防止に努めながら献血奉仕並びに骨髄ドナー登録会を予定通り開催しました。

当クラブでは、毎回献血者に粗品をお渡しするとともに、LINE@にお友だち追加していただくようにしております。お友だち追加していただいた方に次回の献血が近づいたらご案内して来場を促しております。また、Facebookでもご案内して、少しでも来場者を増やそうと工夫しています。そのおかげもあり、あの悪天候の中でも予想以上にご来場いただきました。

また、当クラブではほとんどのメンバーが骨髄ドナー登録説明員資格を保持しており、献血の際は骨髄移植を考える会の方々の協力をいただきながら骨髄ドナー登録説明会を開催し、毎回数名~十数名の登録をいただいております。

今回は、九州をはじめとする各地で豪雨災害が発生したことを受け、急遽募金活動を併せて行うことを決め、通行されている方々に呼びかけを行い、多くの方にご協力をいただきました。

コロナの終息が見えない状況ではありますが、感染拡大防止に努めながら、継続事業としてこれからも献血・骨髄ドナー登録会を開催してまいりたいと思います。

9R-1Z 横須賀みかさライオンズクラブ 幹事 L望月 恵子

発信 地区ニュース委員会

写真はこちらをクリックしてください。

熊本県豪雨災害義捐金募金活動報告 相模原シティライオンズクラブ

相模原シティライオンズクラブでは、7月12日(日)10時~16時、京王線橋本駅コンコース内にて「熊本県豪雨災害義捐金募金活動」を行った。

今回の熊本県を中心とした豪雨災害が発生した際、以前熊本県地震の時に募金活動をして、阿蘇市長を表敬訪問し、直接義捐金をお渡しした経緯を思い起こし、下村一夫会長は悔恨の情を浮かべていた。

さらに世間では第2波かもしれないと言われる新型ウイルスが蔓延している状況である。すぐに募金活動を行って良いか否か。今期3役、オブザーバーに前期3役、そして今期よりアラート担当に位置付けられた私L浦山により何度か会議を重ね、募金活動を行うことを決定した。

当日は日差しの照り付ける中、橋本駅のコンコースとぺデストリアンデッキに分かれ、2ヶ所に於いて活動を行った。感染予防については、前もって注意事項をLINEにて配信してあったが、夏を思わせる暑さが最大の敵だった。全員汗まみれになりながら、マスク越しに募金を呼び掛けていた。

「募金箱は机に置いておく、メンバー同士で長話をしない、大きな声は出さない・・・」など様々な制約の中での活動になったが、通行する方々にはご理解をいただき、合計で136,186円の義捐金が集まった。

募金活動をした時にはまだ「令和2年7月豪雨災害」と名付けられていなかったため、下村会長が阿蘇市長と連絡をとり、災害担当者から県知事名義の口座を確認させていただき、すぐに振込みを完了させた。大きな志で募金に協力いただいた方々には心から感謝の気持ちを申し上げたい。

今期より奉仕委員会が「奉仕アラート委員会」と改名され、すぐのアラート事業だったことに驚きを隠せないが、四献委員会と分かれ、盲導犬募金とアラートの二本立てで活動していく今期の素晴らしいスタートになったと思う。

13R-1Z 相模原シティライオンズクラブ

奉仕アラート委員会 委員長 L浦山 松茂

撮影:地区ニュース委員 L髙橋 大樹

発信 地区ニュース委員会

写真はこちらをクリックしてください。