横浜ライオンズクラブ結成65周年記念式典盛大に開催

横浜ライオンズクラブは東京ライオンズクラブのスポンサーで1952年8月15日にチャーターナイトを挙行し、日本のライオンズクラブでは2番目のクラブとして産声を上げた。

10月20日(金)、横浜ロイヤルパークホテルにて結成65周年記念式典が盛会に開催され、岩手県大船渡市戸田公明市長、学校法人フェリス女学院鈴木佳秀学院長、公益財団法人アイメイト協会塩屋隆男理事長、ライオンズ関係からは中村泰久国際理事、山浦晟暉LC代表国連薬物担当大使・元国際理事、伏見 龍元国際理事、大石 誠LCIF東日本エリアコーディネーター、田中 明330複合地区ガバナー協議会議長、濵田 徹地区ガバナー始め、B地区元地区ガバナー・名誉顧問、第1・第2副地区ガバナー、複合地区委員長・副委員長・委員、東京ライオンズクラブ、神戸ライオンズクラブ、大阪ライオンズクラブ、京都ライオンズクラブ、甲府ライオンズクラブ、小田原ライオンズクラブ、川崎ライオンズクラブのメンバー、そして地区役員、あたかも330複合の年次大会を思わせる292名のライオンズクラブの要人がお祝いに駆けつけた。

登壇した木元 太第66代会長は、結成以来横浜ライオンズクラブを育ててくれた東京ライオンズクラブを始め関係各位の皆様、そしてクラブの先輩の方々に謝辞を述べ、創始クラブとして伝統を守り、結成以来連綿と奉仕活動を行っている事例として、ここ数年はフェリス女学院大学のご協力を得て、東日本大震災復興支援並びに青少年育成のための「大
船渡市赤崎中学校での合唱指導」等の奉仕活動を紹介した。素晴らしいライオンズクラブの組織の中で、横浜ライオンズクラブは70周年、80周年に向けメンバー一堂奉仕活動を邁進していくと力強く抱負を語った。  続いてスポンサークラブである東京LCに感謝状が贈呈され、風間敏英会長から祝辞があった。

来賓の祝辞が続き、内田吉則結成65周年実行委員長が記念事業を紹介し、各事業関係者が謝辞と活動内容について発表した。 ①東日本大震災復興支援事業(岩手県大船渡市) ②青少年育成支援事業(学校法人フェリス女学院) ③盲導犬育成支援事業(公益財団法人アイメイト協会) ④熊本地震復興支援事業 ⑤ライオンズクラブ国際協会本部 日本庭園改修事業  その後、幹事報告を経ておごそかで心が引き締まる第1部の記念セレモニーは終会した。

第2部の記念講演は“「あの時」〜東日本大震災から〜”と題して、戸田大船渡市長が講演。大震災当時何をするにも人手が足りない。食料、水が無い、トイレも無い、医薬品も不足、お風呂にも入れないと悲惨な状況に打ちひしがれた思いなど、大地震と大津波に遭遇した体験談と横浜ライオンズクラブ他地区ライオンズクラブの復興支援に謝辞を語る講演となった。

 

 

第3部の祝宴は、井出 孝前地区ガバナーの乾杯の発声で開宴。和やかな雰囲気の中で会食、アトラクションで登場したフェリス女学院大学音楽部生の華麗なミニコンサートは会場の聴衆を魅了し、19時に閉宴した。

取材:撮影 PR・情報副委員長 L 中井 弘明

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本厚木北口献血及び骨髄ドナー登録活動について

9月20日(水)本厚木北口で献血活動を行いました。献血は43名受付で31名12,000mlの献血をいただきました。ありがとうございました。また献血活動と同時に「神奈川骨髄移植を考える会」の方も4名参加され、骨髄ドナーの登録を呼びかけ、受付数10名で7名の登録をいただきました。

骨髄ドナーの登録には2〜3mLの血液が必要なことから、献血活動と同時に行うのが必須な条件と思います。血液は作ることができません。白血病など血液の病気はドナーから提供された造血細胞でしか治らない方もいらっしゃいます。 ライオンズクラブのアクティビティで献血活動は多くのクラブで行われていると思います。献血活動と同時に骨髄ドナー登録を考えてはいかがでしょうか。

今後も当クラブでは、献血活動と骨髄ドナー登録をセットで実施して行こうと思います。

7R-3Z 厚木もみじLC L皆川 幸男

PIAフェスタ2017で奉仕活動  橫浜金沢マリーンライオンズクラブ

10月13日・14日の2日間、金沢産業振興新センターにて、金沢産業団地 秋の祭典 PIAフェスタ2017が盛大に開催されました。 これは地域を盛り上げるため、知ってもらうために地元の企業や住民によって出店やイベントを行うものです。

横浜金沢マリーンライオンズクラブは毎年出店しており、野菜・果物、お酒・ジュース、大学芋・フライドポテト・ラーメンを売り、この収益を毎年行っているアクティビティ、本郷特別支援学校を招待し行う、海の公園潮干狩り大会にかかる運営費の資金にしています。 メンバー以外にも本郷特別支援学校の先生や保護者もお手伝いしてくださり、2日間で約50名もの人が参加しました。

2日目には、盲導犬育成のための募金活動を行いました。 日本盲導犬協会からトレーナーと盲導犬に来てもらい、会長とトレーナーとで募金活動を行う恒例行事です。

橫浜金沢マリーンライオンズクラブ 会長 田中 耕介

撮影:PR・情報委員会 L 中井 弘明

横須賀東ライオンズクラブ結成45周年記念式典開催

5月27日(土)17時30分からセントラルホテルで開催された。地元の諸団体より16名のご来賓とライオンズ関係約150名計160数名の出席者で行われた。大竹 良会長は「多くのメンバーにご出席をいただき感謝です。メンバー数が最多時の約半分になりましたが、地元の人やメンバーの協力により、継続事業を行っており、感謝しております。来る50年、60年を目指し今後共メンバーの増強を図り活動します」と述べた。ご来賓や伏見 龍元国際理事、井出 孝地区ガバナー、桜井孝一元330複合地区ガバナー協議会議長の祝辞に続き、下記のアクティビティが紹介された。

○社会福祉法人 横須賀市社会福祉協議会金一封

○社会福祉法人 誠心会  金一封

○横須賀児童スポーツ連盟 テント一式

○社会福祉法人 横浜いのちの電話 金一封

○LCIF献金         献金

18時45分から祝宴に入り、ラッキーカードには多くの賞品が用意され、手をつないで「また会う日まで」を斉唱しお開きとなった。式典の前の15時から、三笠埠頭より約1時間の横須賀港・軍港クルーズ(貸切)が行われた。5月27日は、日露戦争でバルチック艦隊を破った記念日でもあり、戦艦三笠は多くの見学者で賑わっていた。

取材:PR・情報委員 L細谷  修 撮影: 〃 副委員長 L中井 弘明

鎌倉ライオンズクラブ50周年記念式典開催

6月3日、16時30分より鎌倉プリンスホテルにて約185数名のご参加で開催された。生山会長は、「多数の参加を頂き感謝申し上げます。また、地区役員を13年活動した友情の賜物として、多くの女性メンバーのご列席を得まして感激に堪えません」と挨拶された。ご来賓を代表して、小磯鎌倉副市長が、「少年野球大会、盲導犬育成募金活動、海岸清掃等多くの奉仕活動を継続され、感謝しています」と挨拶された。伏見 龍元国際会長の挨拶に続き、井出 孝ガバナーは「クラブに存在意義が有るので50周年を迎えられ、これからも地域のリーディングクラブとしてのご活躍を期待します」と祝意を述べた。

50周年記念事業は、下記の通り。

  • 大船中学校ソーラー時計 贈呈
  • 第40回鎌倉ライオンズ旗争奪少年野球大会記念ボール贈呈  金一封
  • リレーフォーライフジャパン横浜 金一封
  • 鎌倉ガーディアンズ         金一封
  • 柞の森音楽祭           金一封

第一部式典後、10分間の休憩をはさみ第二部

チャリティ公演 鎌倉能舞台の出演者による狂言【棒縛】が行われた。その後、中森 貫太鎌倉能舞台理事様により謡の【高砂】が披露され、第三部の祝宴に移った。 ラッキーカードでは、一等賞3本が同じメンバーに当たり、2本をご辞退され、その2本の抽選が行われ大いに盛り上がり、お開きとなった。

取材:PR情報委員 細谷 修

撮影   中井 弘明

 

薬物乱用防止の取組 橫浜BayCityライオンズクラブ

 県内の少年野球大会では最大規模の210チームが出場する「横浜市小学生野球連盟大会」春季大会開会式が320日(サーティフォー保土ヶ谷球場)行われた。当クラブはこの大会を後援。父兄1,000人が見守る中、選手5000人は「ダメ・ゼッタイ」の「薬物乱用防止」ワッペンを帽子に貼り行進を行った。

横浜BayCityライオンズクラブ 会長 浅利 英昭