第2回キャビネット会議に向けて第2回RCZC委員長会議開催

10月27日15時30分より、キャビネット事務局にて第2回RC会議が開催された。12名のRCが出席し、濵田 徹ガバナーより「公式訪問も終わり、小会議で話し合った事を念頭におき、今後活動をしていきたい。今日は、RC皆様の忌憚のないご意見をいただきたい。会員増強とLCIFへの拠出は、今後共お願いしたい」と挨拶し、石原英司第1副地区ガバナー、山本直正第2副地区ガバナーの挨拶後、第2回キャビネット会議(11月9日)に提出する下記の議案審議を行った。

第1号議案;第64回地区年次大会、代議員会の件

第2号議案:次期地区ガバナー、第1および第2副地区ガバナー選出の件

第3号議案:地区ガバナー、次期第1および第2副地区ガバナー選出規定の付則の件

第4号議案:キャビネット事務局移転費用予算申請の件

その他として、OSEALフォーラムガバナーナイト(目標参加数300名で後20名)、第2回キャビネット会議RC報告(発表は5分以内)、12月10日アガワル国際会長公式訪問(目標参加数60名)について説明があった。最後に世界、日本、当地区のメンバー数の分析の報告があり、閉会となった。

撮影:PR・情報副委員長 近野 照彦  取材:PR・情報委員 細谷 修

赤十字血液センターとの合同会議開催

10月18日(水)神奈川赤十字血液センターにおいて、神奈川県保健福祉局生活衛生部長梶木様をはじめ、横浜市、川崎市、相模原市各部長を来賓に招き、濱田 徹地区ガバナー、石原英司第1、山本第2副地区ガバナーも出席の下、120名のメンバー参加頂き血液センターとの合同会議が開催された1部2部構成の会議でまず初めに梶木神奈川県部長様から日頃のライオンズ活動のお礼、今後のお願い等挨拶をいただき、濱田ガバナーより献血奉仕の在り方、どのようにしたら献血量を増やせるのか、大学での献血奉仕の実績等の話をいただいた。

高山献血推進委員長より日頃のお礼と今後の献血ルームでの協力、各クラブでの主催献血奉仕の回数増加をお願いし、講演となった。北里大学病院 輸血・細胞移植学 大谷慎一医師から神奈川県全体の血液がどのように病院で使われているか、全国での輸血件数の説明、神奈川県では血液が必要、なぜ必要なのか等を分かりやすく講演いただいた。

血液センターからは小室推進課長より血液事業の現状及び今後のお願いの話があり、
1部を終了した。2部はDVD「つながる・つなげる・命の輪」を上映し、富士吉田中央LC志村 一献血委員長より富士吉田中央ライオンズクラブの献血についての話を伺った。年間29回の献血奉仕の行い方、企業体の協力、学校での献血奉仕、お礼品などを説明していただいた。

ライオンズの活動紹介と菊池献血センター推進課長からのお願いを踏まえた話があり、質疑応答を交え、総括に石原第1副地区ガバナーから講評をいただいた。今後も献血活動協力をお願いして、今回の合同会議は閉会となった。

取材:献血推進委員長 L高山 政宏 撮影:PR・情報副委員長 L附田 徳志

 

臨時キャビネット会議開催!

9月19日(火)14時より横浜関内ホール(小ホール)にて、臨時キャビネット会議(構成員)が開催された。

石原英司第1副地区ガバナーより開会宣言がなされ、国家・ライオンズヒム斉唱、役員紹介、濵田 徹地区ガバナーの挨拶、井出 孝前地区ガバナーの挨拶後、議事に入った。

【第1号議案 キャビネット事務局移転の件】について渡辺幸範キャビネット幹事より提案理由説明(老朽化に伴う解体並びに12月末日までに退去、明け渡し合意書締結)があり、山本直正第2副地区ガバナーが下記の如く詳細に経過説明をして、建設的な質問意見がなされた後、構成員55名出席者全員挙手賛成で承認された。

<移転先対象物件>
(所在地・建物名) 横浜市中区山吹町1-7パークノヴァ伊勢佐木長者町201
(最寄り駅) 市営地下鉄(ブルーライン)伊勢佐木長者町駅出口4B前、他線駅もあり
(面積) 165.49㎡(50.06坪)
(築年月) 1990年3月(新耐震基準適合)
(賃貸条件) 賃料369,000円(税込み) 共益費64,800円(税込)
契約期間 4年 更新料 1ヶ月 償却 1ヵ月
礼金 1ヶ月 敷金 4ヶ月
連帯保証人 濵田 徹 (2017〜2018年度地区ガバナー)

以上の件について議事要約の確認を鈴木直樹キャビネット事務局長の読み上げ、14時40分に山本第2副ガバナーが閉会宣言した。

PR・情報委員長 L金子  顕

上地克明横須賀市長を表敬訪問

9月29日(金)濵田 徹地区ガバナー、石原英司第1副地区ガバナー(公務により後から)山本直正第2副地区ガバナー、渡辺幸範キャビネット幹事、亀井真司キャビネット会計は11時より横須賀市役所市長応接室にて上地克明横須賀市長を表敬訪問しました。濵田ガバナーは、上地克明市長にライオンズクラブ国際協会の沿革と目的、また会員が国際社会、地域社会に対して奉仕活動を通して貢献していることについて熱く語られました。

また、渡辺幹事より来春横須賀芸術劇場にて開催される第64回地区年次大会記念式典についてご臨席のお願いをし、上地市長も快諾されました。

取材:キャビネット 会計 L亀井 真司
撮影:PR・情報副委員長 L近野 照彦

2017~2018年度 LCIF神奈川セミナー開催

8月4日(金)神奈川県産業振興センターにおいて、濵田 徹地区ガバナー、石原英司第1・山本直正第2両副地区ガバナー出席の下、140名を超えるメンバーの出席を以ってLCIFセミナーが開催された。

冒頭、濵田ガバナーは「今期の大きな目標として、330-B地区メンバー全員の寄附、及び全クラブの寄附を達成したい」と挨拶した。また両副地区ガバナーからもLCIF献金No.1の地区となるようエールが送られた。

櫻井貴裕LCIF委員長の力強い挨拶と各コーディネーターへ今期の協力のお願いがあり、その後安達成功LCIF330MDコーディネーターによる講演となった。

安達コーディネーターの講演では、330-B地区の寄付金総額は国内全体の寄付金総額の5%以上を占めており、改めて感謝の言葉と今期もなお一層の協力をお願いされた。また今期より新しくなった寄附金の仕組みを説明し、各コーディネーターへの周知を図っていた。最後は各クラブは寄附するだけでなく、積極的な交付金活用の提案も希望した。

セミナーの総括として、濵田ガバナーから安達コーディネーターへ感謝の意が伝えられ、近年の自然災害の多発を受けて、LCIFへの更なる協力をお願いしセミナーは閉会された。

取材:PR・情報委員 L髙橋 克実
撮影:PR・情報委員 L斉藤  渉

第1回キャビネット会議開催 7月27日(木 ) 於:橫浜ロイヤルパークホテル 

2017-2018年度 1回キャビネット会議

【審議事項】

<第1号議案> 地区会計監査委員指名選任の件

2017~2018年度地区会計監査委員に、関口 賢次L(5R-2Z 川崎生田LC)、大津 順一L(7R-2Z 伊勢原ひかりLC)、髙添 正彦L(10R-1Z 甲府舞鶴LC)を指名したく、その承認を求めます。【賛成多数により承認可決

<第2号議案> キャビネット幹事・会計の職務執行の担保の件

前例に倣い、キャビネット幹事・会計が職務執行する場合、地区ガバナーの責任において免責としていただくことの承認を求めます。【賛成多数により承認可決

<第3号議案> 慶弔規定の件

慶弔規定に関し、下記の各事項の承認を求めます。

(1)クラブ会員が死亡したとき、地区ガバナー名で生花と弔電を送る。

(2)クラブ、ゾーン・リジョンの行事、記念式典(例会)などにキャビネット三役が招待を受け出席する際は、地区ガバナーのみ出席の場合1万円、三役の複数出席の場合は2万円を限度とする。【賛成多数により承認可決

<第4号議案> リジョン交付金、ゾーン交付金の件

リジョン・ゾーン交付金に関し、下記の各事項の承認を求めます。

(1)リジョン・ゾーン交付金は、すべてのリジョン・ゾーンに交付する。交付金の対象となるクラブ会員数は、7月1日現在(今期期首会員数)とする。

(2)リジョン交付金額は、クラブ会員数×20円×12ヶ月とする。但し、二人目以降の家族会員についてはその半額の10円×12ヶ月とする。

(3)ゾーン交付金額は、クラブ会員数×50円×12ヶ月とする。但し、二人目以降の家族会員についてはその半額の25円×12ヶ月とする。【賛成多数により承認可決

<第5号議案> 2017~2018年度 ガバナーズアワード審査・表彰規定の件

アワードの種類・基準によることの承認を求めます。【賛成多数により承認可決

<第6号議案> 2017~2018年度 一般会計・特別会計予算承認の件

予算の承認を求めます。【賛成多数により承認可決

<第7号議案> アクティビティ特別活動資金拠出の件

新入会員向けのハンドブック作成費、印刷代として45万円を充てることについて承認を求めます。

【一旦議案とおり提出され取り上げられたが、ガバナーから議案  取り下げの動議が提出され、採択されて議案取り下げとなった】