吉本ガバナー、寒川町長 木村俊雄様を表敬訪問

いまだ暑さが色濃く残る9月3日(木)に、吉本晴夫地区ガバナーと岡 美佐子キャビネット幹事が高座郡寒川町の町長・木村俊雄様を表敬訪問した。また、寒川ライオンズクラブのメンバーであり8リジョンの2ゾーンチェアパーソンでもある、藤澤輝夫Lが同席した。藤澤8R-2ZCは、木村町長とは十数年前、お互いが役場職員の時からの知り合いであることもあり、今回の訪問に同行してもらった。初めに名刺交換をし、一同着席後に会談が始まった。冒頭吉本ガバナーは、330-B地区の地区構成の説明をし、自身が地元8R出身であることから、2市1町の首長に挨拶に回っていると説明した。

やはり、話はコロナ問題からだった。木村町長から、「茅ヶ崎市で予定されていた浜降祭や町内で開催予定だった産業祭りなどのイベントが全て中止になっている中、有効な感染予防の方法を模索していかなければならない」と意見があった。これを受け、吉本ガバナーは、「ピンチの中で色々なことをしていかなければならない。ライオンズクラブの中でIT化を進めて行きたい。なんとか来年6月を目処にと考えている」と答えた。吉本ガバナーと木村町長は、「いずれにしても、リーダーシップがとても重要である」と意見が一致した。

次に、藤澤8R–2ZCから寒川LCの活動である町県道沿いの花植えおよび除草作業について話があると、町長は、「これは、町とのタイアップでもあり、私自身も可能な限り参加している」とし、藤澤8R–2ZCからも「献血の活動を含め、多くの町民が参加してくれて助かっている」とあった。

最後に、吉本ガバナーから木村町長へピンバッジとネクタイを進呈し、記念写真を撮って会談を終了した。

取材:地区ニュース委員   L小林平八郎

撮影:地区ニュース副委員長 L中井 弘明

発信 地区ニュース委員会

 

写真はこちらをクリックしてください。

吉本ガバナー一行、茅ヶ崎市長 佐藤 光様を表敬訪問

9月3日(木)13時、吉本晴夫地区ガバナーは茅ヶ崎市本庁舎を訪ね、茅ヶ崎市長 佐藤 光様に面会し、今期330–B地区のガバナーに就任したことを報告した。今回も密を避け、同行者は岡 美佐子キャビネット幹事と茅ヶ崎市議会議員の長谷川由美L(湘南茅ヶ崎ライオンズクラブ)のみの最小人数での訪問となった。

吉本ガバナーは「神奈川県・山梨県・伊豆大島の地域をまとめる330–B地区の会員は30年前には9,000名以上いたが、現在の会員数は3,900名ほどに減ってしまった。しかし、会員の熱意は変わらず、若手も入会している。行政がここまでは手が回らないというところをライオンズクラブでカバーしていきたいと考えているので、どのような協力ができるかいろいろとご意見を聞かせていただきたい」と挨拶し、ガバナーピンバッジとスマイル誌、役員ネクタイを進呈した。

佐藤市長は「コロナの影響で浜降祭等色々なイベントが止まっているが、何もできないのではなくて、できることを探しながらやっていきたい」と話し、「今は転機の時。テレワークで会議の形態も変わってきた。この状況になってみて、こんな会議はいらないというものも出てくる。厳しい状況だが、今年度を乗り切って職員のモチベーションを下げないように努力していきたい」とコロナ禍に臨む決意を語った。

市長の話を受けて、吉本ガバナーは、平時の時には受け入れられなかったこともピンチの今こそ実行するチャンス。今年をIT元年として、IT化を進める考えを示した。

最後に記念撮影をして、市長室を後にした。

取材・撮影:地区ニュース副委員長 L中井 弘明

発信 地区ニュース委員会

写真はこちらをクリックしてください。

第1回委員長・副委員長会議

9月4日(金)15時よりオンライン形式で第1回委員長・副委員長会議が開催された。
開催にあたり吉本晴夫地区ガバナーよりコロナ禍において委員会活動にオンラインでの開催を積極的に導入してほしいとの挨拶があった。吉本ガバナーの所属クラブでも例会、理事会をオンライン形式にて開催しており、“習うより慣れろ”をリーダー自ら実践しておられるようだ。ZOOMやWEBEXなどオンライン会議システムの違いはあれ、業務で使用しているライオンも多く、ログインに際し大きな戸惑いや混乱などはなかったようにみえた。

会議では白井聡マーケティングコミュニケーション副委員長より具体的、実践的なオンライン会議についての説明がなされた。オンラインのメリットは距離と時間の短縮である。そのメリットを生かせば、国内外の交流あるクラブ間でのオンライン合同例会の開催や遠く北海道や九州、沖縄などの地域にオンラインでアクティビティを開催することも可能である。クラブ内においては例会の出席率を上げる手段として有効かも知れない。

オンライン形式を有効活用することで地区内の多くのクラブで新たな発見と可能性を見出せるものと期待する。

取材:地区ニュース副委員長 L小林 誠

発信 地区ニュース委員会

写真はこちらをクリックしてください。

吉本晴夫地区ガバナー 藤沢市長 鈴木恒夫様を表敬訪問 

 824()15時、酷暑の中、吉本晴夫地区ガバナーは藤沢市本庁舎を訪れ、藤沢市長・鈴木恒夫様を表敬訪問した。

 本来であれば亀井真司第1副地区ガバナーと中澤一浩第2副地区ガバナーにもご同行いただくところ、今回は新型コロナウイルス感染防止のため、岡 美佐子キャビネット幹事と大澤玲子キャビネット会計、藤沢市議会議員で今期藤沢中央ライオンズクラブ会長を務める永井 譲Lの少人数3名が随行した。

 吉本ガバナーは今期のピンバッジ、7・8月号のスマイル誌、330B地区の役員ネクタイを進呈、第56330B地区のガバナーに就任したことを報告。B地区のエリア、会員数3,900名等、地区の現勢を説明し、富士山と江の島をモチーフにB地区のBをデザイン化したピンバッジの解説をした。

 次に奉仕活動に触れ、「ライオンズクラブは多くのイベントを中止し、当クラブでも毎年藤沢市内の日本大学キャンパスで神奈川県赤十字血液センターと協力して献血奉仕活動をしていたが、新型コロナウイルス感染防止のため中止している。ライオンズキャビネットでも諸会議、各委員会等はオンライン会議を行っている」と近況報告した。

 そして「当地区の第67回地区年次大会は来年4月に藤沢市民会館で開催を予定している。毎年記念事業を行っているので、不足する物品の提供なのか、献金がよいのか、市の要望を伺ってから何らかの形で支援していきたい。コロナの状況次第だが、大会式典を開催する際には来賓としてぜひご挨拶をしていただきたい」とお願いした。

 鈴木市長はピンバッジを手に取ってデザインを褒め、ちょうど同じ日の午後、「海ノ民話のまちプロジェクト実行委員会が主催する2020年度の『海ノ民話のまち』(全国7エリア)のひとつとして認定証の授与が行われ、江の島に伝わる『五頭龍と弁天様』がアニメ化されることが決定した」と話された。そして、「ぜひ年次大会のプロローグでアニメ作品を上映していただきたい」と要望された。最後に今後も藤沢市とライオンズクラブが連携していくことを確認し、和やかに懇談を終えた。

 取材・撮影:地区ニュース副委員長 L中井 弘明

【写真は下記アドレスをクリックしてください。】

第1回キャビネット会議

7月28日(火)横浜ロイヤルパークホテルにおいて14時より吉本晴夫第56代地区ガバナーのもと、今期キャビネット役員が初めて顔を揃える第1回キャビネット会議が開催された。

今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のためのソーシャルデイスタンスを守り、参加者を構成員に絞り、広い会場に座席の配置を十分に空けるなど工夫した。会議は亀井真司第1副地区ガバナーの開会宣言からスタート。吉本ガバナーの挨拶に、世界的に流行している新型コロナウイルスの影響で、シンガポール国際大会の中止もあり、ピンチの時は改革、そして組織を小さくするとし、地区役員120名減、複合役員60名減、地区会費の減免、さらに会議のあり方では、オンライン会議のためのWEBミーティングツールZOOMなどの導入を検討し、委員会などの連絡もLINEなど取り入れ、節約や新しい取り組みを積極的に行うことも合わせてご協力をお願いしたいと話した。

続いて、伏見龍元国際理事・名誉顧問より挨拶があり「様々な規制や不都合がある現状ではあるが、その中でも英断をもって新しい形を実行するという吉本ガバナーを激励し、330-B地区のさらなる発展のため、さらなる協力をお願いしたい」と話した。

国際関係アワード授与の後、山本直正前地区ガバナー・名誉顧問会議長より挨拶があり「今期の取り組みの縮小・縮むということは伸びる前に、いちど縮む、そしてコロナ禍のあと大きく伸びる政策を打ち出した吉本ガバナーの船出とともに応援したい」と話した。

岡 美佐子キャビネット幹事より国際関係のバーチャルオンライン会議の報告、シンガポール国際大会の中止、次回開催の2021年カナダモントリオール国際大会、今期キャビネットの活動予定、ガバナー公式訪問の日程の説明があり、続き、原輝男前キャビネット会計から前期の会計報告があった。

10分の休憩の後、今期の国際会長方針、地区運営活動方針の発表。さらにガバナー運営方針が発表され、テーマである『思いやりと気配りでWe Serve』(一歩前へ進もう 絆の奉仕)を中心に話があった。

引き続き議事に移り、第6号議案の金額と該当期間の訂正と追記があったが、第1号議案から第7号議案まで、賛成多数により承認可決された。

その他、地区会費免除について議案書に3ケ月分の期間の記載をしたほうがよいという意見、社団法人日本ライオンズの位置付けの説明を求める意見、ガバナー公式訪問について等、コロナ禍により特異な年ではあるので三密を避けるための様々な質問が活発になされた。最後に、中澤一浩第2副地区ガバナーの閉会宣言にて無事終了した。

取材:地区ニュース委員会 副委員長 L落合 朱身

撮影:    同     補佐 L近野 照彦

発信 地区ニュース委員会

写真はこちらをクリックしてください。

 

第1回RC・ZC・委員長会議報告

7月21日(火)13時より第1回RC・ZC・委員長会議が横浜の日本丸訓練センターで開催された。

吉本晴夫地区ガバナーより「RCはガバナーの代理であり、RC・ZCがしっかりと運営することで各クラブがまとまる。今期はキャビネットからのリジョン・ゾーンへの交付金を増やしている。何回もクラブ訪問をして3役と意見を交換していただき、クラブの悩みや良いことはぜひキャビネットにあげてもらいたい」と挨拶があった。

続いて、亀井真司第1副地区ガバナーから「地区のリーダーは、会員の健康を守ることが第一の優先事項のため今は思いを伝えることが難しいが、RC・ZC・委員長はご自分の立ち位置を理解し、これだけ厳しい状況下を担うガバナーであることをわかってもらいたい」と述べた。

中澤一浩第2副地区ガバナーは「いろいろな知恵を出し合い、新しいライオンズ活動を創設してほしい」と述べ議事に入った。

*第1回キャビネット会議への議案について議論・検討
①地区会計監査委員指名選任
②キャビネット幹事・会計の職務執行の保証
③慶弔規定
④リジョン・交付金を増額
リジョン交付金は会員数×340円/年とする(前年度+100円)
2人目以降の家族会員は170円/年とする(前年度+50円)
ゾーン交付金は会員数×700円/年とする(前年度+100円)
2人目以降の家族会員は350円/年(前年度+50円)
⑤2020〜2021年度ガバナーズアワード規定
前年と同じ、ただし今期は第1位のクラブのみとする
⑥会費の減免
上期会費は、3か月分請求とする(3か月分減免)
⑦2020〜2021年度一般会計・特別会計予算案

以上、全ての議案が承認可決され、第1回キャビネット会議へ上程とする。

*その他
①ガバナー公式訪問
・小会議は3役を3室に分けて開催
1.クラブ会長&ガバナー
2.クラブ幹事&キャビネット幹事 (第1副地区ガバナー同席)
3.クラブ会計&キャビネット会計 (第2副地区ガバナー同席)
コロナ禍で会場の関係も考え「3密」とならないよう今までとは違うガバナー公式訪問となる。
②統一奉仕デー
実施日:2020年10月4日(日) テーマ:「環境」
③OSEAL FORUM中止

「新しい生活様式」が求められる中でのこれまでにない1歩前へ、吉本ガバナーを支えるRC・ZC・委員会が本格始動する。

取材:地区ニュース委員長 L坂本 治子
撮影:地区ニュース補佐  L近野 照彦

写真はこちらをクリックしてください。