第1副地区ガバナー就任のご挨拶

ide2 第98回ハワイ国際大会がホノルルで行われ、日本人で2人目の山田實紘国際会長が誕生いたしました。その記念すべき時の閉会式において尾形慶三地区ガバナー誕生と同時にバッジを拝領し、ライオンズクラブ国際協会330-B地区の第1副地区ガバナーに就任いたしました。

支えていただいています皆様に心から感謝申し上げるとともに、その責任の重さに身の引き締まる思いであり、皆様のご期待に応えることができますよう全力で取り組んでゆこうと新たに決心した次第であります。

まもなく100周年を迎えるライオンズクラブ国際協会、ガバナーチーム内の中での尚一層の役割分担や、コンセンサスを得ながら、つないでゆくべきものは次期につないでゆくことの重要性を強く感じております。

未来の為に、我々は何をなすべきか!!

今期は尾形ガバナーの『誠心・誠意』〈取り戻そう 誇りと情熱〉のテーマの下、地区の状況を踏まえながら、尚一層の自分自身の研鑽に努めて参りたいと考えております。

「元気があれば何でもできる」といった人がいますが人を元気にさせてくれるエネルギーは「喜ばれる存在になること」から生まれてくると言われております。正に「感謝される存在になること」であります。

「ハッピーなエネルギー」を信じて進んでゆこうではありませんか。

私も心がけてゆきたいと考えております。常に感謝の気持ちを忘れずに歩んでまいりたいと考えております。

330-B地区発展のため、頑張ってまいります、今後とも皆様のご支援よろしくお願い申し上げ就任の御挨拶とさせていただきます。

第1副地区ガバナー L 井 出  孝 平塚LC