第1回キャビネット会議開催!!

th_cab101

 7月30日(木)14時、横浜ロイヤルパークホテル宴会棟3階に360余名のキャビネット役員が参集し、尾形慶三地区ガバナーの歴史がスタートした。

 会議は、井出 孝第1副地区ガバナーの開会宣言から次第は進み尾形ガバナーの挨拶となった。『コンセンサス』多くの同意をへて前進すること、大切にすることを告げたうえ、充実したアクティビティ (活動・行動)と友達・仲間を大切にしていただければ、リジョン・ゾーン・クラブには何もいう事はないと述べ、役員の存在意義を高めた。キャビネットを刷新すること、弊害を除き去って新しい基準作りを進めること、RCを復活したことでアクティビティに対しLCIF一般援助交付金を有意義に活用してほしいとの思いを伝え、「今、尾形、絶好調です」と締めくくり、勢いのある前向きな姿勢を示した。

th_cab102

 次に登壇した安達成功前地区ガバナーは、笑いを誘いながら地区ガバナーの重責を終えた安堵感を述べ、尾形ガバナーの門出を激励した。広島大規模土砂災害の支援額について、330-B地区は全体の10%を締め、地元広島を超える支援であったことを伝え、奉仕の心を理解している日本一の地区であるとともに、誇りを持ってもらいたいと力強く話した。

 また田岡慎司キャビネット幹事が第98回ハワイ・ホノルル国際大会、ライオンズの現勢、今期キャビネットの活動予定、ガバナー公式訪問等を説明した。つづき星野光弘前期キャビネット会計は前期の会計報告をした。

th_cab103

 10分間の休憩後、13時10分から行われた第2副地区ガバナー空席補充投票結果について尾立投票管理委員長は、温厚・誠実そして実行力のある9R-1Z横須賀中央LC濱田 徹Lが有効投票数73名全ての票を得て信任されたと報告した。ライオンズクラブ国際協会の承認をへて正式に第2副地区ガバナーに就任する。

議案審議は尾形ガバナーが議長席に着き、田岡キャビネット幹事が進行役で審議事項第1号〜10号議案を説明、原案通り承認可決された。

取材:PR情報委員 L笠井  進
撮影: 〃 委員長 L近野 照彦