尾形 慶三地区ガバナー キャビネット開所式

th_DSC_0197

尾形丸出航!

  7月16日(木)正午、足下の悪い中、進交会館5階に大勢の同志がお祝いに駆けつけ大盛況で行われた開所式は、桜井孝一LCIFエリアコーディネーター(東日本)を始め元地区ガバナー等が激励と謝辞を述べ、山下秀男元地区ガバナーの号令で「フレー フレー オガタ、フレー フレー オガタ」と大合唱、参集したメンバー全員が一つになってエールを送り、和やかな雰囲気で始まった。登壇した尾形ガバナーは、大勢の方が駆けつけてくれた事に謝辞を述べ「皆様のお力をお借りしてB地区発展の為に努力します」と挨拶した。

th_DSC_0209th_DSC_0191 恒例の「だるまの目入れ式」を行う前に、前期1年間事務局で見守ってくれた安達ガバナー期の「だるま」に、安達成功前地区ガバナーが感謝の気持ちを込めてもう一方の目に墨入れをする祈願達成御礼の目入れを行った。これは礼儀を重んじ、心のこもった気配りをする尾形ガバナーが、安達前ガバナーの功績を称えたのだろう、B地区始まって以来の儀式となった。

th_DSC_0229 いよいよ尾形ガバナーは「だるま」の片目に墨入れし、330-B地区発展と尾形丸成功の大願成就を行い、「誠心・誠意」を旗印に舵を取り、誇りと情熱をもって横浜港を出航した。
取材:PR情報副委員長 L中井 弘明

th_DSC_0217