第55代ガバナー 山本直正 就任の挨拶

この度、第102回ミラノ国際大会において石原ガバナーよりエレクトピンを外していただき330-B地区のガバナーに就任する運びとなりましたことを謹んでご報告すると共にメンバーの皆様には心よりあらためて謝意を申し上げます。

さて、ライオンズクラプ国際協会 (LCI) は、今年度102周年目を迎えます。

ジョンヨル・チョイ国際会長は『多様性でウィ・サーブ(We Serve Through Diversity)』
をテーマとして提言しており、この意とするところは、様々な人々がその違いを乗り越え手を結び、調和を生み出すことができるよう奉仕を志そうとする情熱を述べています。

奉仕に国境や人種、身分などはありません。人の役に立っため困っている人がいれば一緒に取り組み解決し貢献できるよう私たちライオンズは、奉仕の活動に励みます。

私は、ガバナーテーマを『奉仕ファ一スト』とし、サブテーマは『対話と創造』を掲げました。これには二つの側面があります。

一つは組織運営論としてのものです。
社会の縮図の中では損か得か、好きか嫌いかという価値蜆のもとに行動しがちですが、私たちライオンズクラブは、奉仕をするために集う素晴らしい団体です。このことを忘れずにより良い奉仕に専念していくためメンバー同士がよく話し合うことで、新たなヒントが生まれ組織全体がより向上し、結びつきが強くなると信じています。
そしてこの輪をゾーンやリジョンに広げていけるよう努力していくつもりです。

またもうーつの側面は、私たちの社会に対する提言です。
今の世の中は、利己主義や排他主義的な考え方が蔓延しているように思えてなりません。奉仕をするということは他者に対する思いやりの現れです。
社会に奉仕を志す方々がより多くなれば幸せな社会が実現していくものと考えます。このテーマに基づき330-B地区のために鋭意努力していく所存でございますのでメンバーの皆様のご支援、ご協力を切にお願い申し上げます。

第55代地区ガバナー 山本直正